HOME
RSSフィード
2016.08.25

花々


御岳山にレンゲショウマを撮りに行ってきました。
プロ写真家・まえのかつみ氏主催の撮影会。
前の日に雨が降り、天候を危ぶまれたけど、
当日は、お天気に恵まれ、幸運でした。

約1時間は、まえの氏撮影の、レンゲショウマの写真を見せながらのセミナー。
「レンゲショウマの撮り方のポイント」
 1”背景を考える”
2”花を撮ろうとしない”
「今日の、ここの、今」を撮る。
マクロレンズ・広角・250mm以上の望遠での撮影された作品を見せながらの解説。




◎三脚撮影
まえの氏の写真で、イメージトレーニングして、
撮影に臨んだけど、私は滅多に使わない三脚を使用して、
約1時間は、三脚になれるのに四苦八苦。

レンゲショウマ1変更済

 (1) 「森の中に」 1
森のなかに咲いている状況を表現するように・・・と
まえの氏は何度も言われていました。









レンゲショウマ2-1変更済レンゲショウマ2-2変更済 

(2-1)               「森の中に」 2                                                                          (2-2) 「森の中に」 3










レンゲショウマ3変更済 

(3) 「姉妹」










 レンゲショウマ4変更済

(4) 「賑やかに!!」










レンゲショウマ5-1変更済レンゲショウマ5-2変更済 

(5-1)                 「清楚に・・・」                                                (5-2)    「恥ずかしげに・・・」  









◎手持ち撮影
三脚使用に撃沈して、ラスト30分は手持ち撮影に切り替えました。


レンゲショウマ6変更済 

(6) 「森の妖精」
森の中に咲いているレンゲショウマ 1









レンゲショウマ7変更済 

(7) 「森の妖精」
森の中に咲いているレンゲショウマ 2









レンゲショウマ8変更済 

(8)  「森の妖精」
森の中に咲いているレンゲショウマ 3









◎午後5時頃、帰ろうと思っていたら、木々の間から、日が差して・・・
思わず駆け寄りました。


レンゲショウマ9変更済 

(9) 日差しを受けたレンゲショウマは、
光り輝いていて、それは、それは綺麗でした。










レンゲショウマ10変更済 

(10) 300mmレンズではこれ以上、近寄れなかった。
周り、ちょっとカットしてあります。










レンゲショウマ11変更済 

(12) 逆光を浴びて・・・。











レンゲショウマ12変更済  

(13) 光輝く・・・







電車を3回乗り換え・バス・ケーブルカー・リスト・・合計6回乗り換え。
行きは、約3時間半。帰りは、約2時間半。
往復6時間。
セミナー・1時間。撮影時間約2時間半。
レンゲショマは斜面に咲いているし、帰りの階段は前日の雨にぐちゃぐちゃ。
靴は泥んこ。
                     満足な写真は撮れず、 いやもう、大変な撮影会参加でした。     2016年8月21日撮影

最後までお付き合い頂き、有難うございました(^-^)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
スポンサーサイト
2016.08.18

埼玉県


七夕祭りも、日が沈み、辺りは暗くなって行きました。
第2弾は、夜の明りが灯った光景を
お楽しみください♪

夜もスローシャッターで、動感の表現に
挑戦してみました。




入間川七夕まつり2(1)変更済

 (1) 「彦星と織姫」
会えて良かったね!!
突然風がさぁ~と吹いて、七夕飾りがなびいて・・・









入間川七夕まつり2(2)変更済 
(2) 「頑張ろう!熊本」
今年の七夕飾りは、熊本応援歌が多かった。











入間川七夕まつり2(3)変更済 
(3) 「生ハゲ?」











入間川七夕まつり2(4)変更済 
(4) 「浴衣地の飾り」
絵柄は、”入間川の砂浜” ”新富士見橋から花火見学” ”金魚” ‘ひまわり”







◎ スローシャッターで、風鈴のゆれに、挑戦してみました。
なかなか撮れなくて、何枚も撮影。

入間川七夕まつり2(5)変更済 
(5) 風鈴の短冊がゆらゆら・・と 1




入間川七夕まつり2(6)変更済 
(6) 風鈴の短冊がゆらゆら・・・と 2




入間川七夕まつり2(7)変更済 
(7) 風鈴の短冊がゆらゆら・・・と 3












入間川七夕まつり2(8)変更済 
(8) 「七夕かざりが風になびいて!!」












入間川七夕まつり2(9)変更済

        (9) 「帰途・・・さぁ~、帰りましょう!」
                 「がまだせ熊本県」
       「がまだす」は、熊本地方の方言で「精を出す」「頑張る」の意との事で、
              ”頑張れ熊本”・・・でしょうか?
          
             沢山の短冊と、竹飾り 豪華ですね。






入間川七夕まつり2(10)変更済

       (10) 「今日の後ろ姿」・・・現代の”彦星と織姫”
                 浴衣で、素敵ですね!!











入間川七夕まつり2(11)変更済 

(11) 「おまけ」
1/15に設定していたまま、慌てて撮ってしまいました。
ブレブレ・・・でも、2人の浴衣姿の女性の雰囲気が気に入っているので、
載せちゃいました(^^;





七夕まつり、楽しんで頂けましたか?
今回で、終了です。
最後までお付き合い頂きまして、有難うございました (^-^)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2016.08.14

埼玉県


関東三大七夕祭りに数えられる夏の風物詩「狭山市入間川七夕まつり」が、
月遅れの
8月6日(土曜日)と7日(日曜日)に行われました。
7日に少し涼しくなってから、訪れました。

江戸時代から続く歴史あるイベントで、
さといもの葉に溜まった水で願い事を短冊に書くと願い事が叶うと言われていました  
狭山市駅西口・市民広場から七夕通り商店街を中心に
約1.5キロメートルの沿道には、
商店、事業所、市民の皆さんが出品した約百三十本の七夕飾りで埋めつくされます。  

今回の七夕の撮影のテーマは
動きの表現に的を絞ってみました。
表現出来ているでしょうか?




入間川七夕1(1)変更済

 (1) 「竹飾りが風になびいて・・・」










入間川七夕1(2)変更済 
(2)竹飾りに更に近づいて・・・。
幸運にも一陣の風がさぁ~と
吹き抜けて行きました。










入間川七夕1(3)変更済 
(3) 「仲良し小好し」











入間川七夕1(4)変更済 
(4) 「ゆれて、ゆれて・・・」
ヨーヨー










「菅原囃子連」

入間川七夕1(5)変更済 
(5) 「リズムの良い、お囃子に惹かれて♪」









入間川七夕1(6)変更済 
(6) 「楽しい~~♪♪」











入間川七夕1(7)変更済 
(7) 「お獅子さん、登場!!」








入間川七夕1(8)変更済 
(8) 「獅子の舞」
動きの表現に挑戦!!
難しかったです。









七夕通り沿いの天神天満神社境内にある「お化け屋敷」
若い子たちが次から次へ入っては、
「キャァ~~!!」という声が聞こえて来ました。

入間川七夕1(9)変更済 
(9) 「お化け??が勢揃い」
ねずみ男
ゲゲゲの鬼太郎
砂かけ婆







入間川七夕1(10)変更済 
(10) 「キャァ~、怖い顔が覗いています」
誰かなぁ~~??











入間川七夕1(11)変更済 
(11) 「今日のラストの後ろ姿」
最近はお祭りで女性の浴衣姿が良く見られますね。
それに釣られて、男性の浴衣姿・・・も



第一章は、「昼間の七夕祭り」でした。
次回は「夜の七夕祭り」になります。
やっと夏らしい写真になりました。
日本の夏には全国的に、
楽しいお祭が開催されて、
しばし暑さを忘れさせてくれますね。
あ、本当は凄い熱気を感じるのですが・・・。
お祭りは楽しいですね♪
スナップ写真の宝庫ですし・・・。

いつも、いつもご訪問有難うございます(^-^)



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2016.08.09

芝桜


毎日暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか?
私はブログがすっかり夏休み状態でした。

空が晴れているのに、雨が降った時に出会ったことありませんか?
「晴れているのに、雨が降る時は、きつねの嫁入り」だと、昔から言い伝えがありますよね。
また「日本おとぎ話」の中にも「きつねの嫁入り」もありますね。
私は、そのようなきつねの嫁入り行列に出会いました。
さぁ~、タイムスリップして、きつねの世界に行ってみましょう!!
きっとこのブログを訪れているみなさんの所では、
晴れているのに、雨が降っているかもしれません~よっ♪

群馬県高崎市箕郷(みさと)町の「みさと芝桜公園」での
「きつねの嫁入り行列」撮影会がありました。
クラブツーリズムに参加。

枚数が多いので、よろしくお願いいたします。





狐の嫁入り1変更済

(1) 「きつねの輿入れ行列」











狐の嫁入り2変更済

(2) 「さぁ~、さぁ~嫁入り行列が始まるよ~ん!!」
行列を先導する、親分きつねさん。

みのわの里のきつねの嫁入りは、昭和30年代まで続いていた婚礼の行列と、
箕輪城址に残るキツネ伝承を組み合わた地域イベント 。
芝桜公園へ出前行列です。






狐の嫁入り3変更済

(3) 「いざ出陣」
嫁入り行列の先頭
皆さん、少し緊張していますね・・・。

午前11時と午後2時に2回の行列がありました。







狐の嫁入り4変更済

(4) 「嫁入り行列」1
きつねの顔を模した化粧姿の約30人が、太鼓の音に合わせて、
満開の芝桜とカメラの放列の中をゆっくり歩を進め始めました。









狐の嫁入り5変更済

(5) 「嫁入り行列」2
新郎新婦さんに続きます~~。










狐の嫁入り6変更済

(6) 「足並み揃えて・・・」
白い足袋がとても印象的でした。










狐の嫁入り7変更済

(7) 「文金高島田の綺麗な花嫁さん」












狐の嫁入り8変更済

(8) 「行列は休憩して出発です。さぁ~さぁ~、どこで太鼓が鳴るかしら?」











狐の嫁入り9変更済 

(9) 「嫁入り行列を斜め前から」
赤い番傘が丁度良い位置に入りました。
カメラマンがカメラをしっかり構えていますね。
この時集まった、カメラマンはとても多くて、
約500人位はいたかと?








狐の嫁入り10変更済 

(10) 「ど~~ん♪」と、太鼓が鳴ると、行列は一斉に【コーン】ときつねのポーズ。











狐の嫁入り11変更済 

(11) 「花嫁さんの笑顔」
午後のパートは、綿帽子の花嫁さんでした。










狐の嫁入り12変更済 

(12) 「ミスきつね」さん
狐拳(きつねけん)









狐の嫁入り13-1変更済狐の嫁入り13-2変更済 
     
      (13-1) 「ミスきつねさんの後ろ姿」                  (13-2) 「子ぎつねさんの後ろ姿」
            素敵なアイデアですね。                                                                                

 



   
                                                  



狐の嫁入り14-1変更済狐の嫁入り14-2変更済

     (14-1)  「めでたいなぁ~!!」・・・きつね踊り           (14-2) 「めんこいきつねさん」










狐の嫁入り15変更済

(15) 「新郎新婦」











狐の嫁入り16変更済

(16) 「記念撮影」





以上を持ちまして、「きつねの嫁入り行列」は、終了です。
撮影日が2016年4月24日。
約340枚撮りました。なかなか整理出来ずに、後回しになってしまって・・・。
覚悟を決めてアップしました。

実は、7月2日に「行田の古代蓮」を撮りに行ったきり、
30日以上撮影に行けず、季節が過ぎてしまったので苦し紛れです。
7月31日に川越祭りを予定していたけど、法事が入ってしまって・・・。
8月7日にやっと「入間川の七夕祭り」の撮影に行けました。
次回アップの予定です。

いつもご訪問頂き、有難うございます(^-^)
コメ欄開けております。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2016.08.01

パーキングエリア


羽生パーキングエリアは、埼玉県羽生市弥勒にある東北自動車道のパーキングエリアです。
「足利フラワーパーク」「東武トレじゃガーデン」を撮影した帰りに、休憩のため寄りました。
車を降りて、歩いて行くと、まさに江戸時代に、タイムスリップ。

2013年12月19日に池波正太郎の代表作「鬼平犯科帳」の世界観と
江戸の町並みを再現した「鬼平江戸処」として、オープンしました。





羽生PA1変更済

(1) 現代の日光街道・奥州街道としての東北自動車道を東京方面に向かう人々に
   最初に江戸の世界観に触れるのに相応しい場所として・・・。





「鬼平犯科帳」
江戸時代、火付け,盗賊、賭博を取り締まる火附盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)の長官の
長谷川平蔵(鬼の平蔵・鬼平)の活躍を描いています。
鬼平は実在の人物で、人情の深さが溢れる人柄。

「鬼平犯科帳」は以前テレビドラマとしても放映されていました。


 ◎ 「江戸の町並み」

羽生PA2変更済

(2) 「近江屋」









羽生PA4変更済

(3) 火事発生の為に水が備えてありますね。









羽生PA3変更済

(4) 「江戸の街をそぞろ歩き」









羽生PA5変更済

(5)建物中に入っている店舗
店名は「鬼平犯科帳」に登場するものを使用。
五鉄(提供:玉ひで)
本所さなだや(監修:神田まつや)
忠八(提供:鯉平)
弁多津(監修:たいめいけん)
万七津[4](監修:なべ家)
船橋屋
屋台連立ち食い処
文楽焼本舗

生憎、食事は出来なかった。


羽生PA6変更済

(6) 「江戸の街をそぞろ歩き」







 ◎ ショッピングコーナー(屋台連みやげ処)
中に入ってみましょう。

羽生PA7変更済

(7) 「鬼平犯科帳ゆかりのお菓子のお土産物」
沢山並べてありました。









羽生PA8変更済

(8) 「千両小判クッキー」
金ピカに輝いていました。









羽生PA9変更済

(9) 「美味しそう!!」
種類が豊富。
食べてみたいものだらけ・・・。







羽生PA10変更済

(10) 「ヒョットコ・オカメetc」
江戸時代、お祭りでこれらのお麺を被って、踊ったのでしょうか?
きっと楽しかったでしょうね♪




急に親戚のおばさんが亡くなって、忙しくしていました。
30日「通夜祭」31日「告別式」に参列しました。
色々とお世話になったおばさん故に、最後のお別れの時は、
涙が溢れてきて・・・。悲しかったです。
でも、私が以前、撮った写真を遺影に使って頂き、
良い供養になったと思いました。

時間的にも精神的にもブログ更新がしばし間があいてしまいました。
ご訪問有難うございました(^-^)
そのような訳で、今回はコメ欄閉じさせて頂きますね。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村