HOME
RSSフィード
2017.04.26

埼玉県



「里の春」パート2です。
団体での行動で、撮影会ではないので、
ゆっくり写真は撮れなかったのですが・・・。


里の春2(1)変更済

(1) 「フクロウがお出迎え」

 「いらっしゃい~~!!」「行ってらっしゃい!!」











里の春2(2)変更済

(2) 「金仙寺の枝垂れ桜」

曇天で、時には雨がポツリ・ポツリだったので、
色は冴えないで、苦労しました。








 里の春2(3)変更済

(3) 「桜・桜」












 里の春2(4)変更済

(4) 「お茶畑のある光景」

お茶の生産地でもあります。










 里の春2(5)変更済

(5) 「里の春1」

これぞ「里の春」を感じました。











里の春2(6)変更済 
(6) 「里の春2」

街中の春とは違う、初々しい春の雰囲気がありました。











里の春2(7)変更済 
(7) 「花かんざし」












里の春2(8)変更済 
(8) 「トトロの森」

宮崎駿監督の長編アニメ映画「となりのトトロ」の舞台になった所。











里の春2(9)変更済

(9) 「グランドを彩る桜並木」

雨模様だったので、グランドには学生の姿は見えず、
ただ、桜がひっそりと咲いていました。










 里の春2(10)変更済 

(10) 「今日の後ろ姿」
「ママと一緒」




羽田での飛行機撮影講習の「講評会」が昨夜(25日)あり、品川まで行ってきました。
其々の写真を、講師が丁寧に見てくださり、指導してくれました。
とても刺激を頂きました。
でも、失敗したものは、また羽田まで撮りに行かねば・・・。

ニコン講座期間中は、ブログをお休みしていましたが、
沢山の方々のご訪問とコメントを有難うございました(^-^)
順次ご訪問させて頂きますね。



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
スポンサーサイト
2017.04.23

埼玉県


前回のメンバー達とは、都内散策をしました。
今回は、他のメンバー達と”里の春”を楽しんで来ました。
曇天で、雨も時には、ぱらつき、桜の色は冴えなかったです。
パート1です。


里の春1(1)変更済

(1) 「金仙寺の桜」










里の春1(2)変更済

(2) 「春爛漫」










里の春1(3)変更済

(3) 「山の神神社」











里の春1(4)変更済

(4) 「今日の後ろ姿」

あ、たぬきに化かされました。
       でもできるだけ表情が可愛くなるように、撮ってみました。          (2017年4月8日撮影)




いつも沢山の方々には、ご訪問頂き、有難うございます(^-^)
先週「初めての飛行機撮影」のニコン講座に参加。
22日(土)は撮影実習で、羽田で、飛行機撮影をしてきました。
羽田までは往復4時間以上掛かり、大変でしたが・・・。
次は、講評会に600枚撮ったウチの3枚を持を参せねばならず、
削除の山を築いています。
そのような訳で、バタバタして落ち付きません。
で、皆様のブログにご訪問出来ないでいます。
また落ち付きましたら、ブログを更新して、ご訪問させて頂きます。
では、よろしくお願い致しますm(_ _)m



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2017.04.18

庭園


「神田川の桜」を愛でながら、散策して、
東京都文京区目白台にある「肥後細川庭園」に着きました。
”新江戸川公園”が、今年3月18日に「肥後細川庭園」へと名称を変更したばかりでした。



細川庭園1変更済

(1) 「肥後細川庭園」正門・・・門札が真新しい

肥後熊本細川侯下御殿の面影を残す、池泉回遊式庭園 。
幕末には熊本54万石の細川侯の下屋敷に、明治15年には細川家の本邸となりました。
その後は東京都が買収し昭和36年に「新江戸川公園」として開園し、昭和50年に文京区に移管されました。 







 細川庭園2変更済

(2) 松聲閣(しょうせいかく)

旧熊本藩細川家下屋敷のあったこの地で、
細川家の学問所として使用されていたようです。

松聲閣の各部屋は、集会室(「菊」「朝顔」の和室と「花菖蒲」「芍薬」の洋室)が、
事前の申込(抽選)利用となりますが、
それ以外の部屋(2階展望所、休憩室「椿」)は自由に観覧出来ます。



◎ 庭園散策


細川庭園6変更済

(3) 「傘を差して・・・」













細川庭園7変更済

(4) 「雪見灯籠のある光景」













細川庭園8変更済

(5) 「静寂」
雨がポツリ・ポツリ・・・と












細川庭園9変更済

(6) 「大池の表情」









◎ 「永青文庫」へ・・・
 庭園から行けます。

細川庭園3変更済

(7) 「「永青文庫」への階段」

永青文庫は、今は遠き武蔵野の面影を止める目白台の一画に、
江戸時代から戦後にかけて所在した広大な細川家の屋敷跡の一隅にあります。










 細川庭園4変更済

(8) 「日本・東洋の古美術を中心とした美術館」

旧熊本藩主細川家伝来の美術品、歴史資料や、
16代当主細川護立の蒐集品などを収蔵し、展示、研究を行っている。
運営主体は公益財団法人永青文庫。
理事長は18代当主の細川護煕(もりひろ)(元内閣総理大臣)。

”永青文庫の春季展「熊本城 加藤清正と細川家」”

時間が無かったので、館内は見ず・・・。


 細川庭園5変更済

(9) 「映る」

ちょっとオドロオドロしい



 






 細川庭園10変更済

(10) 今日の後ろ姿「ボランティアガイド」さん

松聲閣の受付に居合わせたので、
     後ろ姿を撮らせて頂きました。     







学生の頃は、近くの大学へ通っていたけど、こちらは全然知らなかった。
今回初めて、訪れたけど、とても素敵な所でした。
四季折々に変わる様子を見てみたいと思います。
                                                              4月1日撮影 (コンデジ・フジX20)
今日もご訪問頂き、有難うございました(^-^)

 

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2017.04.11


4月1日、地元のメンバー達と、「神田川散策」に行って来ました。
寒の戻りで、結構寒かったです。
「梅は咲いたか?桜はまだかいな?」
前回は「梅」をアップしましたが、今回は「桜」です。



神田川そぞろ歩き1変更済

(1) 「面影橋より・・・」
     ここは定番ですね・・・。

4月1日、曇天で、桜はまだ満開ではなかったです。










神田川そぞろ歩き2変更済

(2) 「神田川」といえば”かぐや姫”の歌が有名ですね。

♪♪ 貴男はもう忘れたかしら 赤い手拭い マフラーにして♪♪
♪♪ 二人で行った 横丁の風呂屋 ♪♪
♪♪ 一緒に出ようねって 言ったのに ♪♪
♪♪ いつも私が待たされた ♪♪








 神田川そぞろ歩き3変更済

(3) 「映る」













神田川そぞろ歩き4変更済

(4) 「ビルと桜」













 神田川そぞろ歩き5変更済

(5) 「散り桜」













 神田川そぞろ歩き6変更済

(6) 「色鮮やか」

ある、お店の入り口に、飾られてありました。











 神田川そぞろ歩き7変更済

(7) 「可愛い門番」














 神田川そぞろ歩き8変更済

(8) 「今日の後ろ姿」






[使用カメラ・コンデジ・フジX20」
写真撮影会ではなく、散策が目的なので、
私はいつも1番後ろになってしまって、
駆けていました。

明日(12日)は所用があるので、皆様のブログへは13日以降になるかもしれません。
よろしくお願い致します。
今日もご訪問頂き、有難うございました(^-^)



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2017.04.06


「梅サクラ」としては、先ずサクラの前に”梅”を載せねば・・・
3月23日にお彼岸のお墓参りの帰りに、
ちょっと寄り道をして、コンデジ「カシオ」の練習。
埼玉県日高市の「高麗神社」は1300年の歴史を持ち、
朝鮮半島北部に栄えた高句麗国からの
渡来人高麗王若光(こまのこきしじゃっこう)を祭っています。



高麗神社1変更済

(1) 「高麗家住宅」

高麗神社の境内にあり、神職を務めた高麗家の住居として、慶長年間に建造された。
入母屋造、茅葺屋根で、山を背に、東を正面として建てられている。
江戸時代初期を代表する民家として、
1976年(昭和51年)6月22日に国指定の重要文化財に指定された







 高麗神社2変更済

(2) 鳩山一郎氏が高麗神社参拝後、総理大臣になった事から
「出世明神」と祟められる様になりました。

主な参拝者 作家尾崎紅葉  国民新聞社社長徳富蘇峰 作家幸田露伴
 作家壺井栄 作家太宰治 作家坂口安吾 作家檀一雄 作家佐藤春夫etc
 






 高麗神社3変更済

(3) ほとんど訪れる人もいない境内に
ひっそりと咲いていました。











 高麗神社4変更済

(4) 「日差しを受けて、誇らしげに・・」」













 高麗神社5変更済

(5) 「清らかに・・・」

マクロの撮影を試みたけど、慣れないカメラは難しかった。












 高麗神社6変更済

(6) 「可憐」

露出補正の練習。マイナス補正。












 高麗神社7変更済

(7) 「青い空に向かって!」













 高麗神社8変更済

(8) 「寄り添って!」













 高麗神社9変更済

(9) 「シャドー」













 高麗神社10変更済

(10) 「今日の後ろ姿」




コンデジ「カシオ」での撮影2回め。
なれないカメラで撮ったので、不満足な写真になりました(>=<) 

3月3日の午後5時半頃、にわか雨に、突然落雷があり、
ひかり電話の使用不能。
インターネットも通じず、翌日4日の午後3時頃まで、ブログに入ることができなかったです(^^;
後で聞いたのですが、踏切の信号もつかず、電車はどうやって走っていたのでしょうね?
突然の自然の脅威を感じました。

今日もご訪問頂き、有難うございました(^-^)
次回は桜をアップです。

 

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村