HOME   »  所沢航空記念公園
RSSフィード
2013.03.01

所沢航空記念公園


所沢航空記念公園内の日本庭園・茶室『彩翔亭』の東には、約100本のろう梅園があります。

蝋梅には「満月」と[ソシン]という2種類の花があり、多くは満月ですが

花弁全体が黄色いのがソシン(素心)だそうです。

蝋梅の木の側に近づくと、甘い香りがして、心もウットリと癒やされる様でした。

所沢航空記念公園3(蝋梅1)

 (1) 「さぁ~、ろう梅園へ・・・」


所沢航空記念公園3(蝋梅2)

 (2)  「蝋梅を愛でて・・・!」


所沢航空記念公園3(蝋梅3)

 (3) 「ろう梅園散策」


所沢航空記念公園3(蝋梅4)

 (4)


所沢航空記念公園3(蝋梅5)所沢航空記念公園3(蝋梅5-1)

(5)


所沢航空記念公園3(蝋梅6)所沢航空記念公園3(蝋梅6-1)

(6)


所沢航空記念公園3(蝋梅7)

(7)「とっっても綺麗♪」


日本庭園に向かって歩いていたら、手前に、黄色い花々が見えたので、近づいてみると「ろう梅園」でした。

「ろう梅園」があることは、事前に知っていなかったので、思わず、狼狽!?

手持ちのレンズで、せめても太陽光を考慮して撮りました。

今回で、所沢航空記念公園シリーズは終了です。

最後までお付き合い下さいまして、有り難うございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
スポンサーサイト
2013.02.26

所沢航空記念公園


所沢航空記念公園は「日本航空発祥の地」であり、

所沢航空発祥記念館、テニスコート、硬式野球場、運動場、野外ステージ、ドッグラン、

茶室(彩翔亭)、日本庭園、芝生広場、池(鴨がいます)、駐車場(4か所、528台)があります。

園内を散策してみました。 

所沢航空記念公園1

 (1)「ジョギング」
    1,950mのジョギングコースがある。
    ランニングする人、歩く人が様々に楽しんでいました。

所沢航空記念公園2

 (2) 「蔦(ツタ)」


所沢航空記念公園4

(3) 「日本庭園1」



所沢航空記念公園5

(4) 「日本庭園2」



所沢航空記念公園7

(5) 「山茶花1」



所沢航空記念公園7-1

(6) 「山茶花2」

    一輪の山茶花に、スポットライトが当たっている感じに撮れました。

所沢航空記念公園8

(7) 「お供を連れて」(池にて)


昨日(25日)は、映画の祭典・アメリカ・ハリウッドのアカデミー賞授賞式がありました。

私は、午前中9時~2時 約5時間テレビを見ました
午後は9時~12時半 3時間半テレビの前でした。 合計8時間半。疲れました・・・。

午前中は、同時通訳なので、良く理解出来ず、
夜の字幕を読んで、やっと可笑しいところを知って改めて笑う・・・と言った感じです。

レッドカーペットでの、女優さん達の素敵なドレスを堪能し、
受賞式では、受賞者達のスピーチに感動。

映画のようなドラマッチックな、人に感動を与えられるような、写真が撮れたら?と思います。

今日も、まだ、まだ昨日の余韻が残っているけど、2回目をアップしました。

次回は「蝋梅」をアップします。最後までお付き合い下さいね。

ご訪問有り難うございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2013.02.22

所沢航空記念公園


埼玉県所沢市に、所沢航空記念公園(県営)あります。ここは「日本航空発祥の地」です。

1911年(明治44年)4月1日、日本初の航空機専用飛行場が所沢に完成し、
陸軍所沢飛行場として終戦まで試作航空機や飛行船、航空兵の操縦訓練に使用された。

戦後(1945年)はアメリカ軍に接収され、米軍所沢通信基地となったが、その後の地元市民による返還運動によって,

1971年に通信施設を残し約6割の土地が返還された。

この基地跡地の一部(約50ha)が県営の公園として整備され、1978年(昭和53年)3月30日の開園に至っています(wikiより)

園内には、所沢航空発祥記念館のほかに各種運動施設、野外ステージなどが整備され、

また催し物なども開催され、県西部地区のスポーツ・文化の交流の拠点となっています。(HPより)


航空公園1

 (1)                                     「 C-46A輸送機(天馬」

   開園当初の1980年(昭和55年)、公園のシンボルとして展示するため、航空自衛隊入間基地所属だった機体を分解して運搬の上、現在の場所に設置された。外観のみ見学可能で、内部は公開されていない。
   
   傍らに「航空発祥の地」の石碑があります。(wikiより)

航空公園2-1

 (2) 「 C-46A輸送機(天馬」


航空公園2

(3) 「 C-46A輸送機(天馬」


航空公園3

(4) 「飛行機雲」


航空公園4

 (5)「飛行機のオブジェ」


航空公園5航空公園5-2

 (5)(6) 「木村・徳田両中尉記念塔/追悼の慰霊碑」

    1913年(大正2年)3月28日、日本で最初の航空機死亡事故が発生、
    その犠牲者となり殉職した木村鈴四郎・徳田金一両中尉を悼み建立された。

    死亡事故に記念塔とは今日の感覚では少し違和感もある表現となったものの、
    当時のこの事故のショックと反響は国民的な非常に大きなものだったようである。

    1980年3月になって航空発祥の地でもあり、元々両中尉が生前飛び立った地である公園内の現在地に、
    生垣や花壇、アーチなどと共に設置され、今日に至っている。(wikiより)

航空公園6

 (7)「空を見上げると・・・」


ゆったりと園内を散策し、色々な発見をし、歴史にも触れた、数時間でした。

春は桜も咲き、色々な草花も咲くので、また訪れたい所が見つかりました。

全部で3部作になるので、後、2回続きます。

最後まで、お付き合いをよろしくお願い致します。

ご訪問有り難うございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村