HOME   »  埼玉県
RSSフィード
2016.08.18

埼玉県


七夕祭りも、日が沈み、辺りは暗くなって行きました。
第2弾は、夜の明りが灯った光景を
お楽しみください♪

夜もスローシャッターで、動感の表現に
挑戦してみました。




入間川七夕まつり2(1)変更済

 (1) 「彦星と織姫」
会えて良かったね!!
突然風がさぁ~と吹いて、七夕飾りがなびいて・・・









入間川七夕まつり2(2)変更済 
(2) 「頑張ろう!熊本」
今年の七夕飾りは、熊本応援歌が多かった。











入間川七夕まつり2(3)変更済 
(3) 「生ハゲ?」











入間川七夕まつり2(4)変更済 
(4) 「浴衣地の飾り」
絵柄は、”入間川の砂浜” ”新富士見橋から花火見学” ”金魚” ‘ひまわり”







◎ スローシャッターで、風鈴のゆれに、挑戦してみました。
なかなか撮れなくて、何枚も撮影。

入間川七夕まつり2(5)変更済 
(5) 風鈴の短冊がゆらゆら・・と 1




入間川七夕まつり2(6)変更済 
(6) 風鈴の短冊がゆらゆら・・・と 2




入間川七夕まつり2(7)変更済 
(7) 風鈴の短冊がゆらゆら・・・と 3












入間川七夕まつり2(8)変更済 
(8) 「七夕かざりが風になびいて!!」












入間川七夕まつり2(9)変更済

        (9) 「帰途・・・さぁ~、帰りましょう!」
                 「がまだせ熊本県」
       「がまだす」は、熊本地方の方言で「精を出す」「頑張る」の意との事で、
              ”頑張れ熊本”・・・でしょうか?
          
             沢山の短冊と、竹飾り 豪華ですね。






入間川七夕まつり2(10)変更済

       (10) 「今日の後ろ姿」・・・現代の”彦星と織姫”
                 浴衣で、素敵ですね!!











入間川七夕まつり2(11)変更済 

(11) 「おまけ」
1/15に設定していたまま、慌てて撮ってしまいました。
ブレブレ・・・でも、2人の浴衣姿の女性の雰囲気が気に入っているので、
載せちゃいました(^^;





七夕まつり、楽しんで頂けましたか?
今回で、終了です。
最後までお付き合い頂きまして、有難うございました (^-^)




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
スポンサーサイト
2016.08.14

埼玉県


関東三大七夕祭りに数えられる夏の風物詩「狭山市入間川七夕まつり」が、
月遅れの
8月6日(土曜日)と7日(日曜日)に行われました。
7日に少し涼しくなってから、訪れました。

江戸時代から続く歴史あるイベントで、
さといもの葉に溜まった水で願い事を短冊に書くと願い事が叶うと言われていました  
狭山市駅西口・市民広場から七夕通り商店街を中心に
約1.5キロメートルの沿道には、
商店、事業所、市民の皆さんが出品した約百三十本の七夕飾りで埋めつくされます。  

今回の七夕の撮影のテーマは
動きの表現に的を絞ってみました。
表現出来ているでしょうか?




入間川七夕1(1)変更済

 (1) 「竹飾りが風になびいて・・・」










入間川七夕1(2)変更済 
(2)竹飾りに更に近づいて・・・。
幸運にも一陣の風がさぁ~と
吹き抜けて行きました。










入間川七夕1(3)変更済 
(3) 「仲良し小好し」











入間川七夕1(4)変更済 
(4) 「ゆれて、ゆれて・・・」
ヨーヨー










「菅原囃子連」

入間川七夕1(5)変更済 
(5) 「リズムの良い、お囃子に惹かれて♪」









入間川七夕1(6)変更済 
(6) 「楽しい~~♪♪」











入間川七夕1(7)変更済 
(7) 「お獅子さん、登場!!」








入間川七夕1(8)変更済 
(8) 「獅子の舞」
動きの表現に挑戦!!
難しかったです。









七夕通り沿いの天神天満神社境内にある「お化け屋敷」
若い子たちが次から次へ入っては、
「キャァ~~!!」という声が聞こえて来ました。

入間川七夕1(9)変更済 
(9) 「お化け??が勢揃い」
ねずみ男
ゲゲゲの鬼太郎
砂かけ婆







入間川七夕1(10)変更済 
(10) 「キャァ~、怖い顔が覗いています」
誰かなぁ~~??











入間川七夕1(11)変更済 
(11) 「今日のラストの後ろ姿」
最近はお祭りで女性の浴衣姿が良く見られますね。
それに釣られて、男性の浴衣姿・・・も



第一章は、「昼間の七夕祭り」でした。
次回は「夜の七夕祭り」になります。
やっと夏らしい写真になりました。
日本の夏には全国的に、
楽しいお祭が開催されて、
しばし暑さを忘れさせてくれますね。
あ、本当は凄い熱気を感じるのですが・・・。
お祭りは楽しいですね♪
スナップ写真の宝庫ですし・・・。

いつも、いつもご訪問有難うございます(^-^)



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2015.03.08

埼玉県


昨日(3月7日)、「生まれ変わった、教会を見てみませんか?」 というお誘いを受けて、
「武蔵豊岡教会」へ、行ってきました。埼玉県、入間市にあります。

また、従兄弟が「教会125周年の歴史を振り返って」と題して、お話をすると言うことで・・・。

室内には、この教会の建築家・1905(明治38年)にアメリカから来日された、W・M・ヴォーリスの諸々の写真の展示もありました。
氏は、日本各地に邸宅・教会・学校施設etc西洋建築の建築家でもあり、
近江兄弟社「メンソレータム」を日本に普及された、実業家でもあります。
http://modern-building.jp/William_Merrell_Vories.html

氏が設計した、軽井沢の教会で、挙式を挙げたという、知人もおります。

カメラ持参しなかったので、スマホ撮影です。ご理解ください。


豊岡教会1変更済

  (1)  国道16号線の河原町交差点のすぐ近くに建つ武蔵豊岡協会は、
     W.M.ヴォーリズ設計による埼玉県内で唯一の建築です。
     国道の拡幅工事に伴い、一昨年から耐震補強と増改築工事が行われていました。
      昨年9月28日には、献堂式が行われ、新たな教会堂として生まれ変わったのです。

     昨年で、この教会は、設立、125周年を迎えたとの事です。



豊岡教会2変更済

(2)                                    「礼拝堂」1

     この礼拝堂で、結婚式を挙げた、その従兄弟。
     そして、その父(叔父」の葬儀も、行われました。
     礼拝堂の中は、その当時の面影を残していたので、嬉しかったです♪




豊岡教会3変更済

(3)                                    「礼拝堂」2

     昔の面影を残していた、礼拝堂ですが、近代的に「床暖房」が備えてありました。
     「教会」は寒いという観念が、吹き飛びました。暖かったです。
     そして、礼拝堂の中は、声が響いて、聴きやすいようになっていました。
     



豊岡教会4変更済

(4)          「建設当時のデザインで、復元された礼拝堂の電灯」







豊岡教会5変更済

  (5)                        「10年くらいまえに造られたステンドグラス」







ss-toyooka-c-201.jpg

(6)                  「大正12年竣工直後の写真」・・・ネットからお借りしました。




なかなか訪れることもない、教会ですが、ちょっと厳粛な気持ちになって、偶には良いですね。

従兄弟のオルガン演奏に寄る、「賛美歌」を聴いて、教会を後にしました。

ご訪問,ありがとうございました。    コメ欄、閉じせて頂きました。

追、1枚目、ご覧できなかった方には、申し訳ありませんでした。m(_ _)m
私の手違いでした。早速、直しました。今度は見えますので、よろしくお願い致します。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2013.11.14

埼玉県


埼玉県秩父市大滝・中津川渓谷の紅葉,第二弾です。

中津川渓谷は、秩父地方の紅葉の名所です。

雲一つ無い快晴の秋晴れに、思い切って訪れました。

偏光フィルターを使用してみて、その威力に改めて、思い知らされました。

以下の写真は、偏光フィルターを使用しての写真です。

中津川渓谷という名前の名所は、この埼玉県・奥秩父の他に「神奈川県」「福島県」にあるとの事です。


中津川渓谷2(1)変更済

(1)  山が燃えている様ですね。



中津川渓谷2(2)変更済

(2)                                「女郎もみじ1」
    この渓谷の目玉との事。私は訪れて見て、始めて知りました。沢山のカメラマンが訪れていました。
    

中津川渓谷2(3)変更済

(3)                    「女郎もみじ2」
    でも、この時刻は、「女郎もみじ」は日陰になっていて、残念でした。
    撮影が難しかったです。

中津川渓谷2(4)変更済

(4)   彩の国ふれあいの森                     「ふれあい橋」



中津川渓谷2(5)変更済

(5)   「ふれあい橋」より、中津川の流れを見る



中津川渓谷2(6)変更済

(6)              「中津川渓谷」   
     前回アップした写真と同じ場所での撮影ですが、後ろの山々を入れました。 
     ゴーストが入ってしまいましたが。


まだ、「三峯神社」の写真が残っていますが、次回になります。       (2013年11月7日撮影)


「そうだ!○○に行こう!」というキャッチフレーズが有名ですが、

私も紅葉を求めて、数日、こちらを、訪れてきます。

で、他の行事もあって、忙しく、しばしブログをお休みします。

また落ち着いたら、ブログの再開をしたいと思います。

では、しばしのお別れです。

お一人・お一人ご挨拶に伺えなくて、申し訳ないですが、

再開したら、またご訪問させて頂きたく思います。

では、我がブログを忘れないで下さいね。

ご訪問有り難うございました。          コメ覧を閉じさせて頂きますね。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2013.11.11

埼玉県


埼玉県秩父市大滝・中津川渓谷の紅葉です。

秩父地方の紅葉の名所です。

雲一つ無い快晴の秋晴れに、思い切って訪れました。

実は、偏光フルターで、紅葉を試し撮りの為です。

山下公園では、失敗に終わったので、再度挑戦です。

でも、偏光フィルターの威力に改めて、思い知らされました。

以下の写真は、偏光フィルターを使用しての写真です。

敢えて、細かい説明はしません。

平地とは、違った、グラデーションの紅葉をお楽しみ下さい。

DSC_6534変更済

 (1) オレンジ・黄色・常緑針葉樹とのグラデーションが美しい。 
    


中津川渓谷1(2)変更済

(2)  山奥の紅葉となるため、岩肌の上にある木々が紅葉。



中津川渓谷1(3)変更済

(3)



中津川渓谷1(4)変更済

(4)  白い岩肌と、色とりどりの紅葉の対比が綺麗です。



中津川渓谷1(5)変更済

(5)



中津川渓谷1(6)変更済

(6)                                「錦秋」



中津川渓谷1(7)変更済

(7)   時たま、真っ赤な紅葉もあって、目立っていました。



中津川渓谷1(8)変更済

(8)   荒川上流部の支流が中津川。峡谷的な岩壁にある木々の紅葉が素晴しい。



中津川渓谷1(9)変更済

(9)   中津川の流れ


中津川渓谷の紅葉の綺麗さは、以前より、耳にしていたけど、

目の前にした時は、息を飲む程でした。

でも、本当に遠いので、まさか、ここに紅葉を見に来られるとは思ってもいなかったです。

秩父市内に住む知人も、まだ訪れた事はないとの事です。

思い掛けずも、幸運でした。

ご訪問有り難うございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村