HOME   »  ロックハート城
RSSフィード
2014.09.24

ロックハート城


ロックハート城、第4段です。

今回は、「故ダイアナ元王妃の御料車」と「プジョー201(日本では一台だけ?)」を中心にご紹介致します。

◎そして、ロックハート城が、ここ、群馬県・高山村に移築されたことの説明。

津川雅彦氏が、私費で、ロックハート城を購入し、北海道・広尾町に、レジャーランドの中核施設とする事を計画。
 1988年、当時のソビエト・ゴルバチョフ元書記長の快諾を得て、30個のコンテナは、シベリア鐵道を経由し、
 同年12月、長旅を終え、無事日本に到着しました。
 しかし、北海道のレジャーランド計画の受け入れは、資金計画を巡って、町側から、拒否された。
 1992年、総合石材業を営む沼田市の株式会社サンポウが、宙に浮いていたロックハート城を買い取り、
 同社が高山村に建設していたテーマパーク「大理石村」内に、復元させました。
 15億円の費用と延べ15,000人の建設スタッフにより幾多の困難を克服し、1993年4月6日、遂に完了したのです。
 ヨーロッパの古城移築・復元は、我国では初めてのことですが、
 これは、俳優・津川雅彦氏と大理石村・平井良明氏の『夢』のリレーにより完成したものです。

津川雅彦氏は、ロックハート城の名誉城主に就任。
そして、長年かけて収集した1100体以上のサンタクロースが、
城内の3階「世界のサンタミュージアム」で年間を通して公開されています。(撮影禁止故、アップできませんでした)


ロックハート城4(1)変更済

   (1)                   「ロックハート城」1







ロックハート城4(4)変更済

   (2)                                         「プリンセスの笑顔」







ロックハート城4(2)変更済
ロックハート城4(2-1)変更済

   (3)                                    「故ダイアナ元王妃の御料車」
      
        故ダイアナ元王妃が来日された時に、使用されたロイアルブルーのロールス・ロイス。
        VIPの送迎車として、 ウエディング・カップルの送迎にも使用されています。
        ロイヤルブルーは、英国王室のカラー。




ロックハート城4(3)変更済
ロックハート城4(3-1)変更済

  (4)                                         「プジョー201」

     日本に現存するプジョー201で、実際にエンジンが始動し、走行出来るのは、この一台と思われています。





ロックハート城4(5)変更済

   (5)                                         「石畳」







ロックハート城4(6)変更済

   (6)                                          「ロックハート城」2

         プリンス・プリンセス登場





ロックハート城4(7)変更済
ロックハート城4(8)変更済

   (7)       「この辺りが良いかしら?」
   
    (8)       「にっこり寄り添って!」                             




ロックハート城4(9)変更済

(9)                                          「ベンチのある風景」







ロックハート城4(10)変更済

   (10)                   レストラン「ビッグ・ハート」

         暖簾の絵柄は、”ロックハート家の家紋”
        ヨーロッパの素朴な料理が味わえます。
        お城を眺めながら、食事が出来ます。



ロックハート城4(11)変更済

    (11)                               「ロックハート城」3

           レストランのテラスより、眺めて・・・。



城内から、出て、右側に進むと、2台の車が展示されていました。
それらを撮影してから、再度下に降りて、スナップ撮影と遅めの昼食。

次回が、最終章です。

ご訪問ありがとうございました. (予約投稿)

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
スポンサーサイト
2014.09.20

ロックハート城


ロックハート城 第三弾です。
城内に入りました。「ジュエリーミュージアム」です。 
素敵なジュエリーが沢山展示されていて、すっかり目の保養をさせてもらいました。
そして、イギリスとアメリカの、2つの愛の物語が、浮かんできました。

通称イギリス/英国は、イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つのカントリーから構成される
立憲君主制国家であり、連邦制で、ユナイテッド・キングダム(UK)が正式な名称ですね。

以前から、注目していた、スコットランドの独立の是非を問う住民投票は19日、独立反対派の勝利で幕を閉じました。
イングランドとスコットランドは、長い戦いの歴史がありますが、住民の投票で、決めるというのは、まさに現代的ですね。

でも、スコットランドとイングランドなど他地域との溝は埋まるのか。傷を抱えた英国の先行きに不安が漂いますね。


ロックハート城3(1)変更済

   (1) さぁ~、階段を登って、城内に入ってみましょう!!







ロックハート城3(2-2)変更済ロックハート城3(2-1)変更済
 
    (2-1)   「城内入り口」                                    (2-2)  「綺麗に写して!」






ロックハート城3(3)変更済

  (3)                                     「夢の世界へ・・・。」







ロックハート城3(4)変更済

   (4)                                    「光り輝くシャンデリア」








◎ 「王冠をかけた恋」
   イギリス国王エドワード8世と、アメリカ人既婚女性ウォリス・シンプソン夫人とのロマンス、

ロックハート城3(5)変更済
ロックハート城3(6)変更済
ロックハート城3(6-1)変更済ロックハート城3(6-2)変更済

   (5)   「王冠」                         (6)  英国皇太子ウィンザー公爵とシンプソン夫人
   (7-1)(7-2)  シンプソン夫人愛用のジュエリー         (イギリス国王エドワード8世)    

   離婚歴のある平民のアメリカ人女性ウォリス・シンプソンと結婚するために,
   グレートブリテン王国成立以降のイギリス 国王としては歴代最短の在任期間わずか325日で退位した。

ラジオで、国民に語りかけた。
    「王である前に一人の男性であり、自分の心のままに従いたく、ウォリスとの結婚のために退位するのに後悔はない、   
    私が次に述べることを信じてほしい。愛する女性の助けと支え無しには、
     自分が望むように重責を担い、国王としての義務を果たすことが出来ないということを・・・」

  月日が経過して・・・記者団に、"ウォリスとの結婚や退位について" たづねられた時に、
   「もし時計の針を元に戻せても、私は同じ道を選んだでしょう」  亡くなるまで一度も後悔しなかったとのことです。"

   まさに「王冠を掛けた世紀の恋」ですね。・

   その後は、弟のヨーク公が「ジョージ6世」として即位。   ジョージ6世は、現エリザベス女王の父君。


ロックハート城3(7)変更済
ロックハート城3(7-1)変更済ロックハート城3(7-2)変更済

  (8)                                    「CHANEL」

   (9-1) (9-2) 「シャネルのジュエリーコレクション」    銀座のブログでは、CHANELのお店をご紹介しました。
    
   マリリン・モンローが、新婚旅行で夫と、来日した際、
          「今日はなにを着て寝ますか?」 という記者の質問にたいし
          「シャネルの5番」と答えたのは、有名ですが、
    その後、CHANELの香水「シャネルの5番」がすっかり有名になりました。


ロックハート城3(8)変更済

   (10)                          「アメリカのジュエリー 1920年代から現代まで・・・」
        イギリス・フランスともちょっと違いますね・・・。







ロックハート城3(9)変更済

   (11)                             「マリリン・モンローの愛用品・・・手袋」

        1954年、世界が愛した、アメリカの女優・マリリン・モンローが、新婚旅行で、来日。
        お相手は、”ニューヨーク・ヤンキーズ"のスーパースター・ジョー・ディマジオ。
        でも、9ヶ月で離婚。その後、モンローは、36歳の若さにして、自宅で不審な死を遂げた。
        その時の葬儀をすべて、執り行ったのが、ジョー・ディマジオでした。

        彼はモンローの死後、20年間、週3回、赤い薔薇の花を彼女の墓所に送り続けた。
        彼は、84歳で死去するまで、独身で通した。
140725playback02_53d1d69bcadf7変更済
       「マリリン・モンローとジョー・ディマジオが、来日」・・・・ネットから、写真をお借りしました。



ロックハート城3(10)変更済

   (12)    階段を降りて、外の世界へ、戻りましょうか?








「マリリン・モンロー ナイヤガラ」

マリリン・モンローは、私は最初見た時は、好きではなかったけど、3年前頃に、TVで特集をした時に、7~8本見て、
なんて可愛い女性なのかしら?・・とファンに成りました。
女性から見ても、素敵ですね。

ご覧頂き、ありがとうございました。 まとめるのに、すっか時間が掛かってしまって・・。        続きます。

お彼岸でお墓参りなど、所要があり、コメ欄は綴じさて頂きますね。  
 もしご感想がありましたら、拍手コメにお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2014.09.16

ロックハート城


ロックハート城 第2弾です。
いよいよロックハート城が姿を表します。

では、その前に「ロックハート城の歴史」

 ロックハート家の歴史は、今から670年前に遡ることができ、
スコットランド独立の英雄、ロバート・ブルース王に仕えていた騎士として、その名をスコットランド史に留めています。
ロックハート城は、イギリスが産業革命に世界の富を蓄積し、
有史以来、最も華やかに繁栄した時代背景の1829年、エディンバラの南西約50kmに建設されました。(チラシより)

このテーマパークでは、内容も盛りだくさん。

◎今回は、「プリンセス体験」です。

英国の本物の古城で、優雅なドレスを纏って記念写真の撮影ができます。
250着のドレスの中から、好きなドレスを選んで、プリンセスに変身!
アクセサリーやウィッグなどの小物も選べます。  男性のタキシード・お子様用もあります。

私は最初全然このことを知らなかったので、変身された方たちに出会って、びっくりしました。
で、カメラのシャッターを押すのを頼まれた、ついでに、私も撮影。


ロックハート城2(1)変更済

   (1)     ハートバザールを後にして、いよいよ、お城を目指して、階段を登ります。








ロックハート城2(2-1)変更済ロックハート城2(2-2)変更済

   (2-1)    騎士にも沢山のハートの絵馬が掛けられていました。
            騎士もさぞ苦笑いしているのでは?
                                                    (2-2)   その騎士に興味津々!!






ロックハート城2(3-1)変更済ロックハート城2(3-2)変更済

    (3-1)       塔の最上階に、"ロックハート・スプリングベル"があります。
    (3-2)       この塔内にある、スプリングベルを、鳴らすと永遠の愛がもたらされるそうです。
                






ロックハート城2(4-1)変更済

    (4)               「ベンチのある風景」








ロックハート城2(5)変更済

   (5)                               「恋人の聖地をカップルで訪れて・・・」   
           
           右上に「恋人の聖地」というプレートが、あります。
           「恋人の聖地」は、NPO法人地域活性化支援センターが、地域活性化と少子化対策として、
           全国的に展開するプロジェクトです。
           ロックハート城は、北関東で、初めて2006年に認定されました。



ロックハート城2(6)変更済

   (6)    いよいよ「ロックハート城」が見えました。

          あ、プリンセスの登場!!







プリンセス体験」part 1・・・・・綺麗なドレスを身につけて、変身された方たちは、とっても魅力的でした。

ロックハート城2(7)変更済
ロックハート城2(8-1)変更済ロックハート城2(8-2)変更済
ロックハート城2(9)変更済

    (7)                                  「ママと一緒」
  
  (8-1)      「ママと一緒」
                                                   (8-2) 「ちっちゃなプリンセス」
  
  (9)      「ママ、こっちを向いて!」

       滅多に見ることが出来ない光景に、写欲が湧いて、私も楽しんで、撮らせて頂きました。

        (写真撮影とブログ掲載の許可を得ています)



プリンセス体験」part 2

ロックハート城2(10-2)変更済ロックハート城2(10-1)変更済
ロックハート城2(11)変更済

(10-1)  「 笑顔が爽やなカップル」
                                                   (10-2)    「恥じらい!!」
   
(11)     「charming な プリンセス」
           ドレスが良く似合っていて、とても綺麗でした。
          
         (写真撮影とブログ掲載許可を得ています)


スコットランドの古城・ロックハート城を背景に、優雅なドレスでの、記念撮影は、雰囲気抜群でした。
タイムスリップしたようでした。                                        (2014年9月6日)


以前、七五三や、成人式の写真撮影を、頼まれて、撮ってきたので、
昔とった杵柄で、撮影は、とても楽しかったです♪

続きます。次回はいよいよ城内に入ります。
ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2014.09.12

ロックハート城


今回から、新シリーズが始まります。数回に分けてアップします。

”ここは小さなヨーロッパ ロックハート城

大理石村ロックハート城(だいりせきむらロックハートじょう)は、日本の群馬県吾妻郡高山村にある、石のテーマパークでです。

約10万平方メートルの敷地内には、英国から移築された、ロックハート城や、石造りの教会などが、
中世ヨーロッパの街並みが再現してあります。

首都圏に近く、中世ヨーロッパの町並みが再現されていることから、ドラマのロケ地や、ライブ会場などとしても利用されています。
結婚式会場にもなっています。

さて、「ロックハート城」とは?          ワクワクしながら、出発しましょう~~!!


ロックハート城1(1)変更済

    (1)                                       「ロックハート城入り口」
         ライオン君が、お出迎えです。







ロックハート城1(1-2変更済

    (2)                                    「入る前に、記念の1枚!」







ロックハート城1(2)変更済

 (3)                  「家族で・・・」







ロックハート城1(3)変更済

   (4)                             「南欧茶房『パトリシア』」
          紅茶とケーキが人気のお店

         帰りに寄りましょうか? 横目で睨んで、先を急ぎましょう~~!




ロックハート城1(4)変更済

 (5)                                  「ヒポエステス」

           綺麗な葉もお出迎え。 葉の名前が分からなかったのですが、HAM1826さんに教えて頂きました。
                          ありがとうございました。m(_ _)m




ロックハート城1(5)変更済

  (6)      街灯も、雰囲気を醸し出していますね。







ロックハート城1(6)変更済

  (7)                                         「ちょっと一休み」







ロックハート城1(7)変更済

  (8)                                    「ギターの弾き語り」







ここから『ハートバザール』・・・・・・ヨーロッパの街並みを再現

ロックハート城1(8)変更済

  (9)                 「カップルの熊さんが、お出迎え」







ロックハート城1(9)変更済

  (10)   さぁ~、「ハートバザール」の中を歩いて行きましょう!!







ロックハート城1(10-1)変更済ロックハート城1(10-2)変更済

  (11-1)      「ハート・ハート・ハート」
 
                                                  (11-2) 二人の永遠の愛を誓う「ハートの絵馬」・・・デートの                                                          記念として・・・。

             なんだか、私は、場違いな所に来たみたいです(^^;


ロックハート城1(11)変更済

   (12)                            グッズは直輸入  「ファッション雑貨ショップ」
           店内は、可愛いグッズで、いっぱい。






ロックハート城1(12)変更済

   (13)    素敵なご婦人が、アンケートに書き込みをしていました。







ロックハート城1(13)変更済

   (14)           「クラシックな自転車もハートで、飾り付け」




あれ!ロックハート城を見ることできなかったですね・・・。
次回に姿を表します。      
乞うご期待!!

風邪で、ちょっとアップが遅れました。 ご訪問ありがとうございました。

昨夜(22日)は、画像が消えてしまったりして、すっかりご迷惑をお掛けしました。
午後22時過ぎより、正常運転になっています。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村