HOME   »  2012年11月
RSSフィード
2012.11.29

富士5湖


「もみじ回廊」を終わって、更に進だ所に、「久保田一竹美術館」がありました。
正門が変っていたので、入ってみたのです。

広大な敷地があり、新館・本館とあり本館には、一竹辻が花の展示場もあります。
飛龍の滝・龍門の滝もありましたが、この時は全然知らずに、新館の前で引き返しました。

久保田一竹氏は、20歳の時に室町時代の「辻が花染め」に出会い、魅了され、
生涯を独自の染め「一竹辻が花」にかけた方です。

国内外にて多数の展覧会を開催し、 1990年、フランス政府よりフランス文化勲章シュヴァリエ章を受章。

2003年、85歳で、永眠。

河口湖角田一竹美術館1

                                         「正門」
(1)

河口湖角田一竹美術館2

(2)                                 「滝と池のある日本庭園」


河口湖角田一竹美術館3

 (3)


河口湖角田一竹美術館4

(4)


河口湖角田一竹美術館5

(5)                                    「ちょっと一休み」


DSC_1487.jpg

(6)


河口湖角田一竹美術館7

(7)上を見上げて、外国の様な、面白い風景だと思っていたら、偶然、赤いコートを着た男性が、
   このようなポーズをとったので、面白い絵になったと思います。


この時は、「久保田一竹氏」については全然、知識がなく、帰ってから調べて、凄い方の美術館だったと、驚きました。
「辻が花」という言葉は知ってはいたけど、現代の「辻が花」の第一人者だったとは・・・。

もう一度、じっくり訪れてみたいと思いました。

河口湖シリーズを再開しました。後、3回あります。
最後までお付き合い宜しくお願い致します。

ご訪問ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
スポンサーサイト
2012.11.26

平林寺


平林寺大門通りをはさみ、平林寺の総門の斜め前にある「睡足軒の森」は、紅葉の名所でもあります。

「睡足軒」の敷地は、国指定天然記念物平林寺境内林の一部であり、9,379㎡を有し、
睡足軒自体は、古材復元部分92平方メートル(木造茅葺田舎家・茶室・大炉の板間)です。

近代の三茶人(益田鈍翁、原三渓、松永耳庵)と称される松永安左エ門氏は、昭和13年に飛騨高山付近の

田舎家を敷地内に移築させ、これを草庵として、親しい友人を招き、「田舎家の茶」を楽しみながら囲炉裏を囲んで団欒する日々を楽しんでいました。

 その後、昭和47年に茅葺の田舎家と敷地が、菩提寺である平林寺に譲られました。

そして、平林寺老大師・野々村玄龍氏から、「青少年の体験学習の場や市民などによる日本伝統文化の活動場所とし

て有効利用してもらえば幸です」との御厚意により、平成14年5月29日に新座市に無償貸与されたものです。

そして紅葉のベストシーズンに園内をライトアップし、「睡足軒の森文化の祭典」として、

呈茶や音楽会、作品展などの多彩な文化的催しが開催されます。

睡足軒の森1

                                           「睡足軒」
 (1) 中国の 蘇東坡の茶詩で「私の願いは日の高くなるまで熟睡出来て一杯の茶を飲めることだ」
    というような詩があって、そこから茶室の名前がつけられたそうです。
             
睡足軒の森2

                       「睡足軒室内」
 (2) 一歩室内に入ると、鉄瓶の湯気が出迎えてくれました。

睡足軒の森3

                                       「睡足軒室内」
 (3) この日は、某女子大茶道部の番でしたので、紅葉がライトアップするまで、お茶を頂きました。
   お茶を点ててくれたのは、茶道部の顧問かな?と思います。
   受付には、綺麗な女子大生がいたので、写真を撮らせて頂きましたが、アップ出来ません。

睡足軒の森4

                   「睡足軒室内」
 (4)和風な落ち着いた、造りでした。

睡足軒の森5
                                    
                                      「睡足軒室内」
  (5 )この小窓も外が見えるようになっていて、小粋でした。

DSC_0605.jpg
 
 (6) 睡足軒の森 遊歩道


睡足軒の森6

(7) 睡足軒の森 ライトアップされた紅葉


睡足軒の森7

 (8) 睡足軒の森 ライトアップされた紅葉
昼間の紅葉と違って、しっとりと落ち着いた、紅葉の綺麗さがあったように思えました。

平林寺の紅葉を撮った後に、こちらを訪れました。
平林寺境内と違って、人も少なく、ゆっくりと出来て、落ち着ける所でした。

今回で、平林寺は終了です。
次回はまた河口湖に戻ります。

ご訪問、ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.24

平林寺


埼玉県新座市野火止にある平林寺は、武蔵野の面影を残す広大な境内林とともに、

創建以来、実に約640年の永きにわたり、古い歴史を持つ、禅寺「関東の名刹」です。

平林寺紅葉1
                                          
                                          「山門」
(1) 山門は入母屋造茅葺の楼門で、左右には「電力王」と称された松永耳庵(1875~1971)寄進の
    金剛力士像を配しています。

平林寺紅葉2
                            
(2)                                        「落ち葉」


平林寺紅葉3

                「鐘楼ともみじ」1
(3) 裳風の石垣を高く組んだ鐘楼。銅板葺きの入母屋造。釣り下げられている梵鐘は、
    寛延3年(1750)東巌禅師により鋳造された古鐘です。

平林寺紅葉4

                                      「鐘楼ともみじ」2
  (4) 静寂の中、梵鐘の音は、永い歴史を刻む平林寺の伽藍に溶け込み、よく似合う。

平林寺紅葉5

  (5)                                   「平林寺納屋」


平林寺紅葉6

                  「木漏れ日」1
(6)

平林寺紅葉7

                  「木漏れ日」2
 〔7) 竹林やケヤキの屋敷林があり、クヌギやコナラの境内林は、国指定天然記念物に指定され、
     かつての武蔵野の面影を残しています。   

平林寺紅葉8

                  「紅葉を愛でて」
 
(8) 「知恵伊豆」とも呼ばれた、松平伊豆守信綱の墓が右際にあります。
松平信綱(1596~1662)は川越藩主で、三代将軍家光の老中を務め,幕府政治の確立に多くの功績を残しました。
    川越藩政においても、武蔵野新田開発や、野火用水の開削など見るべきものがあります。


富士5湖の写真が続いたので、気分を変えて、平林寺をアップしました。
まだ今年は、近隣の紅葉を撮りに行っていないので、蔵出しです。

まだまだ、富士山や、河口湖のライトアップの光景を、後にアップしますので、
宜しくお願い致します。

ご訪問、ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.22

富士5湖


河口湖は、富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にあります。

面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖と並び3番目の深さ。

富士五湖のうち、もっとも早く観光開発され、温泉は平成になってから掘削された。

湖畔にはオルゴールの森、天上山へのアクセスとなるカチカチ山ロープウェイ、河口湖遊覧船、

河口湖猿まわし劇場、キャンプ場、そして旅館、飲食店、物産店などがあります。


河口湖富士山1

                                    「雲に覆われて」
 (1) 土手には、沢山のお店が出て、多くの人達で、賑わっていました。

河口湖富士山2

(2)                                  「飛翔」


河口湖富士山3

(3)                                   「記念撮影」


河口湖富士山4

(4)                                    「母と娘」


河口湖富士山5

(5)                                     「光る穂」


河口湖富士山6

(6)                                     「シルエット」


河口湖富士山7

(7)                                      「鴨」


河口湖富士山8

(8)                                     「富士山と紅葉」


今度こそ、雲一つない、スッキリした富士山を願って、河口湖にやってきたけど、

やっぱり雲に覆われていました。快晴でしたが・・・。

でも、来たからには・・・と、その状態の富士山を色々と工夫して、撮ってみました。

ご訪問下さって、ありがとうございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.20

富士5湖


河口湖は、富士五湖の中で最も長い湖岸線を持ち、最も低い標高地点にあります。

面積は富士五湖では2番目の大きさで、最大水深は精進湖と並び3番目の深さ。

河口湖畔河口梨川周辺で、紅葉祭りが、もみじ回廊で行なわれました。

メイン会場のもみじ回廊には、巨木紅葉が約60本あり、夜はライトアップされます。

そして、18日までの紅葉ライトアップとの予定でしたが、11月25日(日)まで延長するそうです。

延長はライトアップのみで、物産市、クラフト市の延長はないそうです。

河口湖もみじ回廊1

                              「もみじ回廊出発点」
 (1) 左下に、カメラマンが一人います。

河口湖もみじ回廊2

                              「いざ、出発!」
 (2)沢山の人達で賑わっていました。東京の新宿?渋谷か?と・・・。
   驚きました。

河口湖もみじ回廊3

(3) この時間は富士山に雲が掛かって、残念でした。


河口湖もみじ回廊4

 (4)


河口湖もみじ回廊5

( 5 ) 右下に小さく紅葉を見上げる2人が写っています。


河口湖もみじ回廊6

( 6 )


河口湖もみじ回廊7

( 7 )


河口湖もみじ回廊8

( 8 )


山中湖の紅葉ライトアップが納得いくように撮れず、来年まで待つようかな?と落ち込んでいましたら、

河口湖では、一週間遅れの18日まで開催と、ネットで知って、来年まで待てなくて、河口湖を訪れました。

人の命って、若くても、年取っても、先はわからないですから・・ね。大げさ?

でも、ご訪問頂いた、方々に、山中湖の富士山を、褒めて頂き、とても嬉しかったです。

これなら、14日に、河口湖にリベンジしなくても良かったかしら?と複雑な気持ちです。

でも、河口湖で撮ってきましたので、数回にわたって、河口湖シリーズをアップします。

宜しくお願いいたします。ご訪問ありがとうございました。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.18

富士5湖


山中湖「夕焼けの渚・紅葉まつり」は、旭日丘湖畔緑地公園で、10月26日~11月11日まで開催されました。

点灯時間 16:30~21:00までした。

昼間は太陽の自然光で、紅葉を楽しみ、夜は、ライトアップされた、600mの紅葉回廊の幻想的な紅葉を

楽しむという、「一粒で2度の美味しさ」を求めて、山中湖に行きました。

DSC_1314.jpg
                                 
                                    「恥ずかしげな富士山」

紅葉回廊の最終地点の「見晴台」からの、富士山です。
行きの車の中からは、雲一つ無い、綺麗な富士山が、見られたのですが、ここでは、雲で、覆い隠されてしまいました。撮影時間(14;18分) 私が行ったので、富士山は恥ずかしがって、顔半分隠してしまったのでしょうか?

DSC_1322.jpg
                                     
                                     「悠々と飛ぶ鳥」
鳥が富士山をバックに、悠々と飛んでいました。鳥の飛ぶ様子は気持ちが晴れやかになります。


DSC_1281.jpg

                                     「湖畔のほとりにて」
誰に向かって手を挙げていたのでしょうか?


DSC_1358.jpg

                                      「夕暮れの山中湖」
カモたちが、静かに遊んでいました。


DSC_1360.jpg

                                       「夕暮れの富士山」
ダイヤモンド富士を10分の遅れで撮り逃がしたのです(^^;  撮影時間(16:30分)


DSC_13877.jpg
 
                                      「ライトアップされて紅葉と富士山」
一枚目と同じ「見晴台」からの撮影です。
紅葉の方を先に撮っていたら、遅くなってしまって、苦労しました。やっと撮れた1枚です。
空に白く光る点は、星です。

DSC_1395.jpg

                                     「オレンジとイエローのハーモニー」
下に点在するのは、向こう岸の灯りです。


DSC_1378.jpg

                                       「オレンジの幻想」

ライトアップの紅葉は、実に綺麗で、夢の中の出来事の様でした。
でも、数年ぶりに使った、三脚が、頭がぐらぐら。
私の頭も目もクラクラ・・・で、腕がともわなくて、ライトアップの紅葉に負けてしまいました。

今回で、山中湖は終わりです。〔撮影11月7日)


で、リベンジのために、11月14日に河口湖に行ってきました。
少しはマシな富士山が撮れたように思います。

最後まで、見て頂いて、ありがとうございましたm(_ _)m

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.16

富士5湖


富士五湖とは、山梨県側の富士山麓に位置する五つの湖の総称。

山中湖、河口湖、西湖、精進湖、本栖湖を総称して富士五湖といいます。

五湖はその昔、富士山の噴火で流出した溶岩流が川をせき止めて誕生したと言われています

山中湖は、富士五湖のうち最も東に位置し、一番大きな湖です。全国の湖の中でも三番目に海抜が高い。

毎年秋になると、旭日丘湖畔緑地公園にあるもみじが、真っ赤に色付き、とてもきれいです。

DSC_1279.jpg

                                       「遊歩道」    
600mの紅葉回廊を巡って、色々な色の紅葉を楽しめます。


DSC_1271.jpg

                                  「空を見上げると・・・。」


DSC_1300.jpg

                                   「ちょっと素敵な洋館」


DSC_1303.jpg

                     「 窓 」


DSC_1301.jpg

                               「お洒落なレストラン」 (生スパ・ピッザ・ケーキ)


DSC_1328.jpg

                                       「ゲート」


DSC_1268.jpg

                                         「燃える紅葉」


DSC_1312.jpg
  
                    「見上げてごらん!」

女性がカメラを向けて写真を撮っています。


公園内には遊歩道やテーブル付のベンチも整備されているので、紅葉を見ながら散歩が出来ます。
夜になると、木々がライトアップされますが、まず、昼間の紅葉でした。

山中湖と言えば、富士山ですが、次回にそのライトアップの紅葉と、富士山をこっそりと
アップしたいと思います。

ご訪問ありがとうございました。  ( 11月7日撮影)


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.12

昭和記念公園


花の丘にやってきました。

センセーションが、見事に咲き乱れていました。目を見張るほど、とても綺麗でした。

DSC_1152.jpg

                                      「幸せな時」



DSC_1159.jpgDSC_1213.jpg





DSC_1193.jpg

                                      「パークトレイン」



DSC_1166.jpg

                                      「輝きの一瞬」



DSC_1210.jpg

                                       「秋桜の里」



DSC_1206.jpgDSC_1164.jpg





DSC_1247.jpg

                                   「最後の花を咲かせて・・・」



DSC_1250.jpg

                                         「寂寥」


三回に分けて、アップしました、昭和記念公園のコスモスも今回で終了です。

もうコスモスは満腹だ・・・と思われた方もいらしゃるかとも思いますが、
コスモスも最後の花を咲かせて、秋も深まり、季節は、移り変わっていきます。

最後まで、お付き合い下さいまして、本当にありがとうございましたm(_ _)m

次回は山中湖の紅葉になります。また引き続き、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.10

昭和記念公園


黄色いコスモスが目的で、昭和記念公園を訪れたのでした。

種類は、「イエローキャンパス」と「サンセットイエロー」とあったけど、

その違いを比べたけど、違いは良く分らなかったです。原っぱ東花園にて。

DSC_1057.jpg

                                   「天まであがれ!」
(わんぱくゆうぐ広場にて)

DSC_1133.jpg

                                    「やさしく咲いて・・・」


DSC_1135.jpgDSC_1130.jpg

           「遠足1」                            「シンボルツリー」 涼を求めて、木陰に・・・。
写真をクリックすると、大きくなります。

DSC_1138.jpg

                                      「遠足2」
沢山の子供達が遠足で、訪れていました。

DSC_1134.jpg

                                      「清楚なコスモス」


DSC_1122.jpgDSC_1117.jpg

                  「私を見て!見て!」
写真をクリックすると大きくなります。

DSC_1148.jpgDSC_1151.jpg

                  「どれどれ!」                   「こっちかな?」
写真をクリックすると、大きくなります。

DSC_1143.jpg

                                 「おすまし はい、チーズ」

3人の女性が、ワンちゃんを連れて来ていました。
2人の女性がカメラを持って、ワンちゃん達を撮ろうとしていたので、
あまりにも可愛いので、声を掛けて、撮らせてもらったのです。


黄色いコスモスは、写真撮影が難しいですね。
どうのように撮って良いか?つかめなかったです。


ご訪問ありがとうございます。
コスモスシリーズは、後1回です。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.08

昭和記念公園


昨日(7日)は立冬。すぐに木枯しの吹く、冬がやってきます。

でも、我が家の周りは、完全な紅葉はまだまだです。

10月26日に黄色いコスモスを再度挑戦と、昭和記念公園に行ってきました。

川越祭りの余韻長く、コスモスをアップするのが、今になってしまいましたが、まずは「原っぱ西花畑」です。

DSC_1049.jpg

                                    「秋の語らい」


DSC_1059.jpg

                                   「コスモスを愛でて・・・」


DSC_1068.jpgDSC_1072.jpg

クリック頂けると、大きくなります。


DSC_1100.jpg

                                    「明るい日の光を浴びて」


DSC_1109.jpgDSC_1073.jpg

クリック頂けると、大きくなります。


DSC_1111.jpg

                                      「私を写して!」


DSC_1092.jpg

                                     「ありがとう!!」〔シーシェル)

DSC_1115.jpg

                                       「コスモスの妖精」

外人さんの若いお母さん達が、数名、小さなお子さん達を連れて、ピクニックを楽しんでいました。
その中の一人の女性の金髪が日の光で、輝いて、とても綺麗でした。


ブログを始める前は、コスモスは全てコスモスの認識でした。
でも、色々な種類があって、それぞれに名前がついている事を教えて頂き、
今回は、名前を一つ・一つ確認しながら、それぞれのコスモスを改めて、見てみました。
八重があったり。みんな素敵でした。


昭和記念公園のシリーズ3回に渡って、アップしたいと思います。
次回は黄色いコスモスです。

ご訪問ありがとうございました。次回もよろしくお願い致します。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.05

小江戸川越


今回は、川越祭りを担った人達を紹介したいと思います。特に手古舞の衣装を身につけた方々です。
それぞれの思い思いの衣装がとても素敵で、目が奪われました。

手古舞とは、祭りに於いて、山車や御輿を先導する舞。

手古舞衣装の一般的なスタイルは、下衣にたっつけ袴を穿き、上衣には無地や花柄のほか片肩脱ぎをイメー

ジした右半身/左半身色違いの袴下着物、 頭部や首/背にはカツラやリボン-手拭いを身に付け、

手には鉄棒(錫丈「しゃくじょう」)やバチ棒-扇子や提灯などを持ち、

 足には草鞋やわらじ掛け-足袋や雪駄を履くとの事です。

DSC_0828.jpg
 
                 「小江戸小町」


DSC_0860.jpg

                                  「3姉妹?」
写真を撮らせて下さいとお願いしたら、こんな素敵な笑顔をしてくれました。

DSC_0821.jpgDSC_0808.jpg

       「いなせなお姉さん」                               「囃子連」

焼き鳥や串カツを売っていたので、写真を撮らせてもらったお礼に、   踊り手ばかりアップしたので、
帰りに買いますと約束したけど、帰りにはもう、お店がなかった。    囃子連も・・・。 
来年こそ、買いますね!!

DSC_0893.jpg

                                 「そーれ!そーれ!そーれ!」
右上に、埼玉りそな銀行の建物が見えます。

DSC_0988.jpgDSC_0955.jpg
 
      「私達も踊りに行きたいなぁ~!!」                 「外人さんも参加」
                                         日本の着物が似合っています!(ピントが甘い。汗)

DSC_0944.jpg

                                  「ちびっ子手古舞衆」


DSC_0981.jpg

                                  「大人の手古舞衆トリオ」


DSC_0973.jpgDSC_0972.jpg

         「振りむいて、欲しいなぁ~~!」                  「よう!姉御!」


肖像権があるので、一般の見物客は撮りませんでした。
で、祭り人達の許可を得て取らせて頂いたものもあります。
人を撮るのが、最も好きなので、実に撮り甲斐がありました。
お祭りはスナップの宝庫ですね。

お祭りの楽しさが、彼らを通して、少しでも伝わる事を、願います。

今回はぶっつけ本番での撮影でしたので、反省点も多々あります。
来年は、「曳っかわせ」の四つ角など調べて、前もって、場所取りをしたり、
写真撮影の狙いを定めて撮りたいと思っています。撮影するもの沢山あることが分りました。


今回が、最終回です。
長かったですが、最後の最後まで、お付き合い下さって、本当に有り難うございましたm(_ _)m
アップがくじけそうになりましたが、訪問下さる皆様のおかげでした。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2012.11.02

小江戸川越


山車の前面に舞台が有り、5人囃子(笛1人、大太鼓1人、小太鼓2人、鉦1人)と

天狐、ひょっとこ、おかめ、もどきなどの面を付けた舞い手が、軽やかに舞います。

囃子は、まつりのムードを引き立て、見物客を魅了する、無くてはならない演出です。

先日は、ひょっとこを中心に舞い手をを紹介しましたが、今回は、他の舞い手の紹介です。

DSC_1001.jpg

                                  「川越祭りにようこそ!」
おかめが優しく、たおやかに舞う。「おかめの舞」は家内安全や子孫繁栄を祈願。

DSC_0997.jpg
                                  
                                   「ソレ!ソレ!ソレ!」  
獅子が粗々しく舞う。「獅子の舞」は悪魔退散 

DSC_0913.jpgDSC_0927.jpg

「よいやさぁ~!」 (居囃子)                           「ウォ~~~!」


DSC_0907.jpg
                                          「居囃子」

山車の出ない町内や囃子連が、道路に面して仮設舞台をかけて行うのが居囃子。

笛、太鼓、鉦のリズムにあわせ、天狐、おかめ、ひょっとこ、もどきなどの面を付けた踊り手が、
軽やかに舞います。

DSC_0835.jpg
                                          「居囃子」
天狐が荒々しく舞う。

白い狐のお面、白い髪ですが「白狐」ではなくて『天弧(てんこ)』と言い、「神獣」のひとつ。

狐が1000年生きると『天狐』になれる。 千里の先の事を見通す。「天孤の舞」は五穀豊穣。

DSC_0963.jpg
                                           「居囃子」
「ソ~レ!ウオ~!ワイ!ワイ!ワイ!」


DSC_0961.jpg

                             「笑う門には福が来る! ワハハハ!ワハハハ!」


DSC_0942.jpgDSC_1039.jpg

「それでは、みなさん!」                         「どうも!どうも!どうも!」

右側の褐色のお面の舞い手が、見ている見物客に向かって、何度も、何度も、挨拶をしながら、去っていきました。
思わず、私達、見物客は、拍手!拍手!拍手!

囃子連のリズムといい、本当に、素晴らしい舞い手たちでした。とても感動でした。

「有り難う!お疲れ様でした!」と労いたいです。


またまた、川越祭りに、付き合って、下さいまして、有り難うございました。

後1回で、最終会となります。
にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
10 | 2012/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村