HOME   »  2015年03月
RSSフィード
2015.03.31


昨年の秋には、「菊まつり」をご紹介しましたが、今回は見事な喜多院の"枝垂れ桜"をアップしました。

喜多院は、川越大師として知られ、ふだんは開放的な雰囲気の境内ですが、徳川家とゆかりの深いお寺で、

江戸城から移築された”家光誕生の間”や”春日の局化粧の間”を見ることができ、

客殿の前の、「紅葉山庭園」には、"三代将軍・家光,お手植えの枝垂れ桜(2代目)"が、見事な花を咲かせています。


◎ 庫裡前の枝垂れ桜

川越喜多院1変更済

   (1)   庫裏前の見事な枝垂れ桜には、目が釘付けになって、しばし、足も釘付けになりました。
        桜の色を出すのは、本当に難しいですね。
       







川越喜多院2変更済

   (2)                                   「枝垂れ桜と多宝塔」

        この日は、運良く、快晴だったので、青い空をバックに桜を撮ることが出来ました。







川越喜多院3変更済

(3)                                        「春爛漫」








◎ 客殿(紅葉山庭園)の枝垂れ桜と彼岸桜

川越喜多院4変更済

(4)                                      「枝垂れ桜と彼岸桜の共演」
      
       "三代将軍・家光お手植えの枝垂れ桜(2代目)" と彼岸桜が、春の陽光を浴びて、キラキラと輝いていました。








川越喜多院5-1変更済川越喜多院5-2変更済

(5-1)                                                 (5-2)    

       客殿の廊下から、しばらく離れられなかったです。








川越喜多院6変更済

  (6)                                          「慈恵堂を入れて・・・」

        慈恵堂には、初参り・七五三etc、沢山の人々が、お参りに訪れます。




昨日(30日)は、ニコン講座の撮影実習で、「葛西臨海公園」まで行ってきました。

桜もタイミングよく咲いていて、変化に飛んだ、被写体が、沢山ありました。

講師が丁寧に指導してくれたので、目から鱗でした。

浅草もアップ出来ず、何やら、バタバタしていますが、取り急ぎ、「喜多院の枝垂れ桜」をアップしました。

ご訪問有難うございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
スポンサーサイト
2015.03.28

展覧会


「山岸伸写真展 瞬間の顔v0l.7」を、先日、ニコン講座が終了した後に、見てきました。

「今を輝いている」男性達の笑顔や真剣さ・・・素晴らしい写真ばかりでした。
職種は、多岐に渡り、その方達の背景も、良く考慮されていると、唸りました。

山岸伸氏は「写真家ではなく、生涯一カメラマンの生き様を見てもらいたい」
2006年vol.1から始まって、今回vol.7で7年間撮影した人は439名を超える。

「男性を撮影していると、エネルギーを貰え、この力が今の僕の支えになっています」との事です。


山岸伸写真展1変更済

  (1) 会場の外に、贈られた沢山のスタンド花が,所狭しと飾られていました。






山岸伸写真展2変更済

  (2)  「会場入口」
        綺麗な沢山のスタンド花
       スタッフの方が、水やりをしていました。数が多いので、毎日、大変だと思いました。





山岸伸写真展3変更済



(3)   山岸伸氏は、この日は、会場に見える予定ではなかったけど、会場に突然、姿をみせられたので、
      思わず、心の中で「ラッキー」とツブヤキ、「1枚撮らせてください・・」と申し込んだ所、気さくにOKし、
      1枚どころか、5枚位、場所を移動して、撮影に応じてくれました。

      
       「ニコン講座の帰りです」と話すと、『どのようなことを勉強されていますか?』と質問されたので、
       思わず「現実の世界は、3次元だけど、写真は、2次元。技術を使って、自分の写真を作るように・・・」と
       答えたら、なんとなく、頷かれていたように思えました。
       しかし、プロの写真家に、大それたことを話した・・・と後で考えたら、顔から火が出る思いがしました。

       『どんな写真を撮られるのか?』と、    私は「人物写真が好きです」
       『珍しいですね!女性は、花とか風景を撮る人が多いけど・・・』 と、話された。
       「写真は、花撮影から、入りました。現在も撮っています。」と、答えました。

      
       スタッフの女性が、「人物撮影の時に、色々とお話しながら、撮影します」と、言われていました。
       で、モデルになりながらも、撮影している、私に話掛けられたのかも知れません。(緊張しないように?)

      
       約10分位ですが、会話は楽しかったです♪♪  でも、さすがの私も、ちょっとアガってしまいました(^^;



山岸伸写真展4変更済

(4)    「会場内」1






山岸伸写真展5変更済

(5)   「会場内」2




◎、撮影された方達  (77名)

○大村崑/俳優 一般社団法人日本喜劇人協会八代目会長
○小野寺五典/衆議院議員
○葛西紀明/スキージャンプ選手 2014ソチオリンピック男子 ラージヒル 個人銀メダリスト/ラージヒル団体 銅メダリスト
○桂歌丸/落語家
○竹内択/スキージャンプ選手2014 ソチオリンピック男子ラージヒル団体銅メダリスト
○武田鉄矢/歌手・俳優
○田沼武能/写真家 公益社団法人 日本写真家協会会長
○白鵬翔/第六十九代 横綱
○橋本大二郎/武蔵野大学客員教授 慶應義塾大学特別招聘教授
○細川たかし/歌手
○松尾貴史/俳優
○真中満/東京ヤクルトスワローズ 監督
○山田哲人/東京ヤクルトスワローズ 内野手
○茂木健一郎/脳科学者
  以上は、私が、微かに知っている方達です。

◎ 会場・スケジュールなど
・会場:オリンパスギャラリー東京(千代田区神田小川町1-3-1 NBF小川町ビル)
・会期:2015年3月19日(木)~2015年4月1日(水)
・時間:10時~18時(最終日15時まで)・休館:日曜日・祝日
◎・会場:オリンパスギャラリー大阪(西区阿波座1-6-1 MID西本町ビル)
・会期:2015年4月10日金曜日~2015年4月16日木曜日
・時間:10時~18時(最終日15時まで)・休館:日曜日・祝日
・何方も入場:無料

【作者略歴】
山岸伸(やまぎししん)    生年月日:1950年3月22日生(社) 日本写真家協会 会員
俳優・アイドル・スポーツ選手・政治家などのポートレート撮影が中心。
グラビア、雑誌、写真集、広告等幅広く活躍。写真集出版は350冊を超える。
現在、とかち観光大使
写真展『瞬間の顔』は、2006年よりスタートし、今回で 7回目を迎える。
また、2009年3月23日に慢性骨髄性白血病と診断されたが、
毎日、撮影していれば元気でいれると、現在も笑顔で治療中。

とても有意義な時間でした。

ご訪問有難うございました。  拍手コメは嬉しく読ませて頂いています。           (コメ欄を閉じます) (予約投稿)

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2015.03.25

映画


 sub01_large.jpg



邦画「風とライオン」を観てきました。
ケニアで、国際医療に貢献し、実在した日本人医師、柴田紘一郎さんをモデルに作られた、
さだまさしの「風に立つライオン」の名曲に感銘し、主演を務めた、大沢たかおの熱望により、映画化された。

アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツアーの自伝に感銘を受けて医師を目指した航一郎は、
大学病院からケニアの研究施設に派遣される。日本に恋人を残しながら・・。
そして、半月後、要請を受けて、現地の赤十字病院へ派遣された。

彼がそこで目にしたものは、銃や地雷で、次々と運ばれて、十分な治療も受けられずに、亡くなっていく人々や少年達。
ゲリラに拉致され、麻薬を注射され、戦場に立たされる、少年兵達。



sub02_large.jpg



その中の一人、ンドゥングは、目の前で、両親を殺され、麻薬をうたれ、9人もの人たちを殺し、
身体の傷と共に、心の傷がなかなか癒やされる事がない。

そのような彼に、航一郎は、彼の才能を見抜き、「医師になりたい」という彼に、
「お前は、9人の命を奪った、ならば、一生をかけて、10人の命を救うのなら出来る。未来はそのためにある」・・・と答えて、
彼を抱きしめるのでした。
このシーンは、涙なしに、スクリーンを見ることは出来ませんでした。

心に辛い傷を受けた、少年達が、勉強やスポーツを楽しみながら、航一郎を慕っていく、
彼らの明るい笑顔がとても可愛いい。
また、医師・大沢たかおの笑顔が清々しく、演技も最高でした。
石原さとみの、看護婦の笑顔も素敵で、アフリカに降り立った、まさに「天使」のようでした。
 


sub09_large.jpg



ケニアロケは、約一ヶ月、続き、大沢たかおが、ロケ中に砂嵐に巻き込まれたりと、かなり過酷だった様です。

「がんばれ!がんばれ!」とアフリカの広大な大地に向かって、自分を奮いたたせるために叫ぶ、
航一郎の姿は、凛としながらも、過酷な仕事を思わずにはいられませんでした。

最後に流れる、さだまさしの歌は、心に更に、感銘を受けて、また涙が、溢れ出るのでした。






(挿入写真は、ネットより、お借りしました)

さだまさしのこの歌に感動して、医師になられた、方々も、多いそうです。
私は、恥ずかしながら、この「風に立つライオン」の歌は、この映画見るまで、知らなかったです。

ご訪問、有難うございました。           コメ欄閉じます。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2015.03.21

彩の森入間公園


3月14日、「彩の森入間公園」をぶらっと訪れました。

2月11日に熱海梅園を訪れてから、約1ヶ月振りです。撮影にお出かけしたのは・・・。

埼玉県入間市にある、「彩の森入間公園」は、多目的広場や芝生広場、池、噴水などの施設がある県営公園です。

昭和48年に米軍から返還された基地跡地を整備した公園で、隣りには”航空自衛隊入間基地”があります。

避難地や防災活動拠点として、大型休憩舎や防災井戸などの防災施設が整備されています。




彩の森公園1変更済

  (1)                                         「父と娘の休日」








彩の森公園2変更済

(2)                                         「それぞれの道」
      この場所は、白梅・紅梅が綺麗に咲いていました。







彩の森公園3-1変更済彩の森公園3-2変更済

(3-1)                「お散歩」
                                                (3-2) 「日の光を受けて」







彩の森公園4変更済

  (4)                                          「一本の木」
        武蔵野の雑木林の面影がまだ残っています。







彩の森公園5変更済

  (5)                                            「静寂」
         武蔵野の雑木林の面影がまだ残っています。







彩の森公園6変更済

(6)                                       「着いておいでよ~~!!」








彩の森公園7変更済

(7)                                      「まっすぐ空へ!」








彩の森公園8-1変更済彩の森公園8-2変更済

  (8-1)         「優しい夕暮れ」                                  (8-2)    「夕景」

    冬枯れの木と、沈み行く夕日を入れて、夕景を撮ってみました。







彩の森公園9-1変更済彩の森公園9-2変更済

                       思い思いの休日を楽しんでいた人達も、家路を急ぐ頃となりました。

 (9-1)  「楽しかったねっ♪」 「うん!」                         (9-2) 「おばあちゃん!帰ろう!!」




梅はちょっと咲いてはいたけど、これはと言う被写体がなく、でも、せっかく来たのだから、何とか撮らねば・・・でした。

で、約1時間程撮って、引き上げ、近くの映画館へ行き、14日公開初日の『風に立つライオン』を観てきました。

"さだまさし"の歌「風に立つライオン」に感銘を受けた、主演の大沢たかおの熱意から生まれた映画です。

映画のことはいずれまた・・・・。        ご訪問有難うございました。

昨日(20日)は、お彼岸なので、お墓参りに行ってきました。祭日は、道路が混むので・・・。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2015.03.16

展覧会


先日、銀座で開催された、「エスプリ ディオール ディオールの世界」で、前回は、色々なファッションを載せました。

でも、まだ載せていない写真がありました。

ディオールの「ハンドバック」です。ご要望がありましたので、今回掲載しました。



ディオール1変更済

  (1)                                   「ハンドバックの展示場」

     ため息の出る、素敵なハンドバックが並んでいました。

     以下、ご覧ください。






ディオール2変更済

(2)   超豪華ですね!!
      観て楽しむバックでしょうか?

      






 ◎ ハンドバックの数々

ディオール3変更済ディオール5変更済
ディオール4変更済ディオール6変更済

  (3)                                                   (4)
  (5)   窓の中では、仕事をしている人々がいます。                                     (6) 一番実用的かしら?

      皆さんは、どのバックを気に入られました?         「クリックすると大きくなります」






デイオール7-1変更済ディオール7-2変更済

  (7-1)  ウワァ~、このバックは???
                                                   (7-2)  象牙色で、綺麗!!







◎ それぞれの後ろ姿

ディオール9-1変更済 (2)ディオール9-2変更済ディオール9-3変更済

  (8-1) 「とってもファショナブル?」
                                     (8-2) 「長い髪が綺麗ですね!!」
                                                              (8-3) 「日本の着物と帯?」(前回は半身でしたので・・・)




いかがでしたか?目の保養になりましたか?
私は、ブランド物バックは、残念ですが、持っていないです。
お金は、カメラやレンズに回ってしまいます。
ご訪問有難うございました。

今日(16日)は、ニコン講座の撮影実習で、浅草「浅草寺」近辺の撮影に出かけます。
で、皆様へのご訪問は、帰宅後or明日になります。よろしくお願い致します。    コメ欄閉じます

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2015.03.11

皇居東御苑


三寒四温・・・暖かくなったと思ったら、寒さがぶり返して、数日、冬に戻ったように寒いですが、

自然界は、着々と、春の訪れを感じさせてくれますね。

この時は、皇居東御苑から千鳥ヶ淵と回って、桜田門で、休み、ラストは、皇居正門石橋で記念撮影。

約10㎞、約1万歩、歩きました。さすが、疲れましたが・・・。


皇居1変更済

  (1)                                        「皇居正門石橋」  
        
        通常、”二重橋"と呼ばれているけど、この橋の奥の黒い鉄橋(正面鉄橋)が「二重橋」との事です。

        奥に三つ目の櫓の"伏見櫓”が見えますね。






皇居2変更済

(2)                                          「大手濠」

       「鵜」が、2羽休んでいました。








皇居3変更済

  (3)                                      「桃華楽堂(とうかがくどう)」
      
       陶器で壁画が描かれています。図柄は竪琴。
  
       桃華楽堂は、昭和41年2月に完成した、”音楽堂”で、
       音楽好きの香淳皇后(こうじゅんこうごう)陛下の還暦記念として建設されました。
      「桃華」の由来は、香淳皇后陛下のお誕生日が三月なので桃の節句にちなんで桃とし、
       華の字形は十が六個と一で構成されていることから還暦(数え年61歳)を意味するということで命名されました。



皇居4変更済

(4)                                             「水温む」
       








皇居5-1変更済皇居5-2変更済

(5-1)           「写すよっ!!」

                                                    (5-2) 「田安門の桜」
                                                         門の影の所をバックにて、
                                                         桜を浮きだたせて、
                                                         多くの見物客を取り入れました。
田安門は北の丸地区北側の靖国通りに面した位置にあります。
現在の門は寛永13年(1636)のもので、現存する旧江戸城建築遺構のうちで最古のものです。


皇居6変更済

  (6)                                        「早春の息吹」










皇居6変更済

  (7)                                         「千鳥ヶ淵」1

  皆さん、楽しそうに、ボートを漕いで、春を楽しんでいました。








皇居7変更済

(8)                                          「千鳥ヶ淵」2
     
     桜と言えば、「千鳥ヶ淵」と言われ、とても有名な所ですが、時期が早く、桜は、まだ一分咲き?で残念でした。
     今度は、桜が満開の時に、訪れたいものです!!








皇居8変更済

(9)    「桜田門濠」から、桜田門が見えます。

       「大手門」→東御苑→「田安門」→「靖国神社」→千鳥ヶ淵→「半蔵門」→「桜田門」→皇居正門石橋を通って、
       帰途に着いたのです。
       この時は、撮影会ではなく、「街歩き会」だったので、ゆっくり撮影する時間はなく、忙しかったです。



2月11日に「熱海梅園」に撮影に行ってから、リアル世界の事が忙しく、約1ヶ月、撮影に行っていません。
横浜「CP+」や「豊岡教会」などは、訪れたついでに撮ったものですから・・・。

蔵出し写真です。トホホ・   ◎◎年3月27日撮影

ご訪問有難うございました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2015.03.08

埼玉県


昨日(3月7日)、「生まれ変わった、教会を見てみませんか?」 というお誘いを受けて、
「武蔵豊岡教会」へ、行ってきました。埼玉県、入間市にあります。

また、従兄弟が「教会125周年の歴史を振り返って」と題して、お話をすると言うことで・・・。

室内には、この教会の建築家・1905(明治38年)にアメリカから来日された、W・M・ヴォーリスの諸々の写真の展示もありました。
氏は、日本各地に邸宅・教会・学校施設etc西洋建築の建築家でもあり、
近江兄弟社「メンソレータム」を日本に普及された、実業家でもあります。
http://modern-building.jp/William_Merrell_Vories.html

氏が設計した、軽井沢の教会で、挙式を挙げたという、知人もおります。

カメラ持参しなかったので、スマホ撮影です。ご理解ください。


豊岡教会1変更済

  (1)  国道16号線の河原町交差点のすぐ近くに建つ武蔵豊岡協会は、
     W.M.ヴォーリズ設計による埼玉県内で唯一の建築です。
     国道の拡幅工事に伴い、一昨年から耐震補強と増改築工事が行われていました。
      昨年9月28日には、献堂式が行われ、新たな教会堂として生まれ変わったのです。

     昨年で、この教会は、設立、125周年を迎えたとの事です。



豊岡教会2変更済

(2)                                    「礼拝堂」1

     この礼拝堂で、結婚式を挙げた、その従兄弟。
     そして、その父(叔父」の葬儀も、行われました。
     礼拝堂の中は、その当時の面影を残していたので、嬉しかったです♪




豊岡教会3変更済

(3)                                    「礼拝堂」2

     昔の面影を残していた、礼拝堂ですが、近代的に「床暖房」が備えてありました。
     「教会」は寒いという観念が、吹き飛びました。暖かったです。
     そして、礼拝堂の中は、声が響いて、聴きやすいようになっていました。
     



豊岡教会4変更済

(4)          「建設当時のデザインで、復元された礼拝堂の電灯」







豊岡教会5変更済

  (5)                        「10年くらいまえに造られたステンドグラス」







ss-toyooka-c-201.jpg

(6)                  「大正12年竣工直後の写真」・・・ネットからお借りしました。




なかなか訪れることもない、教会ですが、ちょっと厳粛な気持ちになって、偶には良いですね。

従兄弟のオルガン演奏に寄る、「賛美歌」を聴いて、教会を後にしました。

ご訪問,ありがとうございました。    コメ欄、閉じせて頂きました。

追、1枚目、ご覧できなかった方には、申し訳ありませんでした。m(_ _)m
私の手違いでした。早速、直しました。今度は見えますので、よろしくお願い致します。


にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2015.03.04


熱海では、250名余りの芸者(芸妓)さんが活躍しているとの事です。

全国に2,800人と言われる芸者さんの約1割強が熱海におり、熱海は「日本一の芸者街」。

そこで、ちょうど熱海梅園を訪れたら、梅まつりの催しものに、「熱海をどり・芸妓さんの舞」がありました。

案内を見て、そこそこに梅を撮って、急いで会場に着いたら、すで沢山の人達が、いました。
仕方なく、隅の方に回って、やっと撮りました。

「芸妓さんたちのをどり」は、映画やドラマでは見ていても、実際に見たのは初めてでした。とても素敵でした。


熱海梅をどり!変更済

   (1)                                              「勢揃い」
       「熱海をどり」を舞う、この日の芸妓さん達。







熱海梅をどり2変更済

   (2)  三人に絞って・・・。









熱海梅をどり3変更済

(3)                           「決めポーズ」

     お綺麗な芸妓さんなので、狙って撮りました。








熱海梅をどり4-1変更済熱海梅をどり4-2変更済

  (4-1))    着物の色合いや、柄も明るくて、赤い盆を持っての舞が、素敵でした。
   (4-2)









熱海梅をどり5-1変更済熱海梅をどり5-2変更済

                                    着物がシックで、渋く、ベテランの方達でしょうか?でも素敵でした。
 (5-1)   
                                                                (5-2)







熱海梅をどり6変更済

  (6)     このような感じに撮ってみました。








熱海梅をどり7-1変更済熱海梅をどり7-2変更済

                                 お二人の芸妓さんも、息がピタリと合っていました。
 
 (7-1)
  (7-2)







熱海梅をどり8変更済

  (8)    羽子板の絵柄にしたいですね!!









熱海梅をどり9変更済

  (9) 「三味線・唄」も年季が入っていました。









熱海梅をどり10変更済

  (10)                                     「全員、後ろを向いて」







熱海梅をどり11変更済

  (11)                                       「フィナーレ」

       後ろ姿から、一斉に前を向いて、フィナーレ。圧巻でした。お見事!!









2年前の「熱海をどり」です。ネットからお借りしました。
今年の、芸妓さんも、入っていますね。


初めての「芸妓さんたちのをどり」の撮影。気持ちが入りました。
でも、シャッターチャンスがとても難しかったです。

今回を持ちまして、「熱海梅園」からお別れです。
最後まで、お付き合い頂き、ありがとうござました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村