HOME   »  2016年10月
RSSフィード
2016.10.30

飛行機


羽田飛行場へ急遽飛行機を撮りに行く事が出来ました。
以前撮った飛行機の流し撮りは、
まえのかつみ先生の評は酷評で、
「全然流れていない・・・」と。
いつかリベンジしたいと思っていました。
旅客機は旅行の時に、乗るもの・・・と思っていたけど、
写真の被写体になり得るのですね。




まずは、第三ターミナルから、撮影開始。
初めてここには行きました。


羽田1変更済

(1) ゲートブリッジと貨物船と飛行機
羽田は海も見えるので、状況が変化に飛んでいて、良いですね!!










羽田2変更済

(2) 貨物船の上を飛ぶ光景をキャッチ。









次々と飛び立って行きます!!
 羽田3変更済

(3) 「スターフライヤー」
福岡県北九州市小倉南区の北九州空港に本拠を置く、日本の航空会社









 羽田4変更済

(4) 「スカイマーク」
日本の航空会社









 羽田5変更済

(5) 「日航機」
日航機を見ると、「山崎豊子」氏の「沈まぬ太陽」を思い出します。
映画は「渡辺謙」主演で、見ていたけど、
数ヶ月前に、WOWOWが25周年記念として、ドラマが放映されました。
とても見ごたえのありました。
 御巣鷹山での日航機墜落事故の裏に隠れた企業の闇の部分にメスを入れた作品。
原作者,山崎豊子氏の凄さを改めて感じました。





◎、次々と飛行から帰って来ます。
 羽田6変更済

(6) キリンさんと左の建物はフジテレビ。










 羽田7変更済

(7)  スカイツリーの上を飛ぶ










 羽田8変更済

(8) 着陸態勢に入ります。










 羽田9変更済

(9) 「決まった!!」
ゲートブリッジと貨物船と飛行機










◎ 第一ターミナルの展望台へ移動します  (すべて手持ち撮影)
 羽田10変更済

(10) ターミナルの夕景










 羽田11変更済

(11) 「Solaseed Air 」(ソラシドエア)
宮崎県宮崎市に本社を置く日本の航空会社









 羽田12変更済

(12) 「夜のエアポート」・・・すっかり暗くなって来ました。
第一ターミナルの展望台より・・・。









 羽田13変更済

(13) 夜のエアポートは雰囲気がありますね。









◎無謀にも、夜の流し撮りに挑戦。
 羽田14変更済

(14) 1/13秒 ISO 6400
ピント甘いけど、何とか撮れました??










 羽田15変更済

(15) 1/10 秒 ISO  6400
流し撮りがすっかり流されました?










 羽田16変更済

(16) 1/13 秒 ISO 5000
凄い写真になりました!!
でも、綺麗なので掲載





なかなか撮れないですね。
一にも、二にも練習あるのみ・・・ですね。
                     何の写真も奥が深い。     2016年10月12日撮影

次は、新幹線やお馬さんの流し撮りにも挑戦したいです。

                       最後までお付き合い頂き有難うございました(^-^)      (予約投稿)

 

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
スポンサーサイト
2016.10.24

ダリア園


「両神山麓花の郷 ダリア園」を訪ねました。
ダリア園は、 埼玉県秩父郡小鹿野町両神にあります。
ダリア園は、広さ約1,000平方m、ダリア約300種類、約5,000株と関東でも最大級の規模です。  
山に囲まれたダリア園、
まさかこのような山の中にダリアが咲いているとは、何となく信じられなかったです。
が、着いて見て、びっくり。
大きさも、色々、ダリアの色も色々。
目を見張りました。

9月は、雨・また雨。
リアル世界では、「作品展」・「法事」・「お墓参り」etc撮影に行けなかった。
9月4日にあの八重ひまわりを撮りに行って、約1ヶ月以上過ぎ、
10月7日に思い切って、腰を上げました。





ダリア園1変更済

(1) 「ダリアの園」

色々なダリアが咲き乱れています。










ダリア園2変更済

(2) 「ポンポンダリア」

ポンポンダリアはキク科の多年草でダリアの一種。
原産地はメキシコ。
花の色は赤、ピンク、黄、白、薄紅、紫など沢山あります。

四方山に囲まれ、その山麓に咲いています。





ダリア園3変更済 
(3) [ダリアに囲まれて・・・」

ダリアの花言葉
”華麗・淡麗・優雅”
ダリアから受ける印象は、正に花言葉の通りで、
気品が感じられますね。






 ダリア園4変更済

(4) 「後ろ姿美人」

逆光で、花びらのスケ感と影の美しさを表現しました。









  ダリア園5変更済

(5) 「生きなければ・・・」

羽がちょっと傷ついて見えますが、
一生懸命に花の蜜を吸っていました。








 ダリア園6変更済

(6)  「炎」











 ダリア園7変更済

(7)  「セセリちゃん兄弟」
”お兄ちゃん、遊ぼう!!”










 ダリア園8変更済

(8) 「お好みのダリアは、清楚な色」











 ダリア園9変更済

(9) 「華麗」











 ダリア園10変更済

(10) 「日差しを背にして・・・」











 ダリア園11変更済

(11) 「あ、危ない、落ちないで!」











 ダリア園12変更済

(12) 「秘密の花園」











 ダリア園13変更済

(13) 「ちょっと一休み」





ダリア撮影に行ってきてから、約2週間以上経って、
やっとアップ出来ました。

前回のブログでは、多くの方々に、お気遣いのコメントを頂き、
本当に有難うございましたm(_ _)m
やっと落ち着き、こうして、更新出来た事は、
とても嬉しいです。

多くの方々には、ご訪問頂きながら、
私の方からはなかなか訪問出来ず、申し訳有りませんでした。
今後、また皆様のブログに訪問させて頂きますね。
今回もお付き合い頂き、有難うございました(^-^)


 

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2016.10.17

神社


 前ブログの「写真の教室」への私の写真掲載には
沢山ご訪問頂き、また、拍手コメも頂き、本当に有難うございましたm(_ _)m
そして、沢山の方々が我が事のように、喜んでくださいました。
喜びを皆様と共有出来た事が、とても嬉しかったです(^-^)
「カメラ雑誌」に自分の写真が掲載することは、滅多にない事。
一生の「宝物」になりました。

でも、人生。
喜びもあれば、悲しみもあるのですね。
入院数ヶ月、知人が突然、亡くなりました。
15日でした。
とてもショックを受けました。受けています。
2週間前にお見舞いに伺った時は、痩せていたけど、
元気だったのです。
「頑張りましょうね!!」  「頑張る!!」
来年には復帰できるかも・・・と思っていました。

明日(19日)はお通夜に参列します。



そんな訳で、今日のブログは、蔵出しの写真で、
秩父の「三峰神社」に行ったとき撮ったものです。


三峰神社変更済 (2)

(1)  












 三峰神社変更済 (1)

(2)  ホワイトバランスを変えています。













三峰神社変更済 (3)

(3)  「三峰神社拝殿」

寛政12年(1800年)建立。昭和37年(1962年)改修。 
正面に掲げた大額は有栖川宮一品親王殿下の御染筆になります。
 内部の格天井には奥秩父の花木百数十種が画かれ、
左右脇障子に竹林七賢人の透彫があり重厚な雰囲気を感じさせます。
豪華ですね!!
                                         20◎◎年11月6日撮影






そのような訳で、今日のブログは簡単に・・・。
心も、落ち着かず、色々と用事もあって、
バタバタしています。
皆様のブログへのご訪問は、
また落ち着付きましたら、お伺いいたしたいと思います。
よろしくご理解お願い致します。

ご訪問有難うございました  (`▽´ゞ


 

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2016.10.11

雑誌掲載


「日本カメラyouyouフォトの未来教室」があります。
まえのかつみプロ写真家が講評しています。
撮影した写真をUSBメモリーに入れて、
上に発送。
「素晴らしい作品」「もうすこしの作品」に選んで、総評を添えて
返送してくれます。

「今回の紹介者」へ一言
作品がたまる度に応募して頂き有難うございます。
ある程度撮りためてはまとめて送付していただくという、理想的な応募のされかたです。
「素晴らしい作品」にセレクトした作品もたくさんたまって来たので、
特徴的な作品をご紹介させていただきます。




DSC_0300変更済 

(1) 私の写真が見開きで、4枚掲載されました。・・と
言うよりも、掲載していただきました。
プロ写真家でも見開きで掲載ということはなかなかないそうです。
一生の「宝物」になりました。
まぁ~、素晴らしい作品というよりも、
努力へのご褒美的要素が強い気がします。(笑)






DSC_0301変更済

(2) 「写真の教室」








◎掲載写真・・・まえのかつみ先生がポイントを解説されています。

巾着田の彼岸花変更済 

(3) 「巾着田の彼岸花」

◎”素晴らしいと感じるポイント

普通は、メインの彼岸花の色を見せることを考える人が、ほとんどだと思います。
この作品は全く逆なところが新鮮で素晴らしいです。
背景を赤くメインをシルエット調で見せて、
鮮烈な赤の印象を表現するなんて、と驚きました。






フラワーパーク変更済 

(4) 「足利フラワーパーク」

◎素晴らしいと感じるポイント

こんな撮り方もあるのですね。
ライトアップした花が水面に写り込んでいるところを、
上下で暗闇を使って分割して不思議な状態にしています。
しかもライトのシルエットがまたポツンと絵になっています。
こういうところを撮ろうとする発想が面白いです。






川越舟遊変更済

(4) 「小江戸川越・春の舟遊」

”素晴らしいと感じるポイント”

桜の枝ぶりとその映り込み、丁度真ん中に来た小舟。
すべてが絵に描いたような状況です。
このシャッターチャンスを、
見事にものにされているところがすごいです。
日差しも、ちょうど強すぎずよかったですね。






芝桜変更済み 

(5) 「みのわの里のきつねの輿入れ行列」

”素晴らしいと感じるポイント”

この作品の素晴らしいところは背景を空にし、
行列の美しい雰囲気を芝桜で演出しているところです。
傘がいいアクセントになっています。
芝桜と同じ色なのがとってもいいです。







◎ 贈呈カメラ・・・雑誌掲載の為に頂いた、CASIOのカメラ

DSC_0304変更済 

(6) 「CASIO EXILIM EX-ZR1600」

ZR1600は、一見すると高倍率ズームを搭載した一般的なコンパクトデジカメ。
レンズは35mm判換算25-450mmの光学18倍ズームレンズで、F値はF3.5-5.9。
18倍ズームレンズを搭載する割にはコンパクトで持ち運びはしやすい。  
  実勢価格は税込3万2,060円前後  

早くこのカメラで撮影したいです。



まえのかつみ氏は先日の「御岳山レンゲショウマ撮影会」でご一緒した方です。
氏は、「日本カメラyouyouフォトの未来教室」を運営されています。
どなたでも応募できます。
一度覗いてみてください~~。
Katsumi MAENO Photo Gallery(まえのかつみ氏のサイト)
フランスのパリでも個展を開催。

今回もおつきあい頂きまして、有難うございました(^-^)





にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2016.10.04

展覧会


先日開催された「作品展」に出展した、作品です。
A4サイズを3点。
A3サイズを2点。

稲門会のメンバーで水彩画を描いているI氏(前回の「作品展]で、ご紹介済み)が、
昨年私が出展した中の1枚,新宿御苑の「都会のオアシス」を
気に入られ、写真を元に水彩画を描いてくれました。




◎A4サイズ・・・以下3点

作品展3変更済 

(1) 「巾着田の曼珠沙華」1

この地区は白い曼珠沙華が沢山ありました。








巾着田の曼珠沙華2変更済 

(2) 「巾着田の曼珠沙華」2

写真は「光と影」の基本を活かして、
お花にスポットライトが当たっているように
撮りました。







巾着田の曼珠沙華3変更済 

(3) 「巾着田の曼珠沙華」3

シベにピントを合わせて、
前ボケ・後ろボケで画を作成。








◎ A3サイズ

狭山市入間川七夕まつり変更済 

(4) 「狭山市入間川たなばた祭り」

1/15のスローシャッターで、動感を
表現しました。
カメラを構えていたら、本当に運良く、一陣の風が吹き抜けました。
うふふ、運も実力?の内に入るのなら、嬉しいのですが ・・・





◎ A3サイズ

小江戸川越・春の舟遊変更済 

(5) 「小江戸川越・春の舟遊(しゅうゆう)」

正に満開の桜の下に、和舟が、
丁度良い位置に
入るのを狙って、シャターを切りました。






◎ 「写真と水彩画」のコラボ

作品展6変更済み 

(6) 「都会のオアシス」・・・新宿御苑




作品展7変更済 

(7) 「都会のオアシス」・・・I氏の水彩画
写真とはまた違った、柔らかな雰囲気があって、素敵ですよね!!

I氏のコメント「昨年の作品展で、梅サクラさんにいただいた新宿御苑の薔薇園の写真が原画です。
5月に写真を持って、現場に行き、梅サクラ写真の構図の素晴らしさに感動しました。」

氏は新宿御苑には、絵を描きに良く訪れていたけど、「この構図には気が付かなかった。」と言われ、
また「当日、写真を見ながら、絵を描いていると、
一緒の仲間に「なぜ実際の景色を見て描かないのか?」と言われたそうです。
「構図がとても気に入っているので」と答えたとの事。
なんだか嬉し、恥ずかし・・です(>=<)

絵の講師に、「手前から奥に入れるように」と・・アドバイスされて、
写真では薔薇になっているけど、絵に、入り口を入れたとの事。
また、写真にない、雲を入れていますね。
作者の意図に寄って、変えられるのが、写真と絵との違いでしょうか?




今年は、とうとう、残念ながら「巾着田の曼珠沙華」を撮りに行けなかったです(^^;
結局、9月4日に「八重ひまわり」を撮影に行ったきりで、約1ヶ月撮影に行っていません。
これから、頑張ろうと思います。

今回もおつきあい、頂き、有難うございました(^-^)



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村