HOME   »   鹿児島  »  鹿児島シリーズ NO14 知覧麓の武家屋敷群(2)
RSSフィード
2013.07.04

鹿児島


昨年の5月連休に鹿児島を訪れました。

それ以来、鹿児島シリーズを13回まで、アップしたけど、途中で、秋・冬と季節感もあり、休止していました。
で、まだ終了していないので、再開です。

「知覧武家屋敷」は江戸の雰囲気を今に伝える数少ない貴重な町並みの一つです。

母ヶ岳の優雅な姿を取り入れて,麓一帯を庭園化した美しい町並みで,「薩摩の小京都」とたたえられています。
生け垣と石垣が美しい武家屋敷です。

武家屋敷群の18.6haが、昭和56年に国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定され,
7庭園は国の「名勝」に指定されています。
前回、この7庭園の内、3庭園をご紹介しました。後4庭園残っていますが、

その前にこの武家屋敷群の中に、「知覧型二つ家」の家がありますので、今回、ご紹介します。


知覧麓の武家屋敷群2(1)変更済

 (1)                               知覧型二ツ家(休憩所)
   特に知覧に見られる二つ家は、二つの屋根の間に小棟をおいてつなぎとした造りです。
  その民家建築文化の上からも貴重なものとされています。

知覧麓の武家屋敷群2(2)変更済

(2)        「1セット 200円なり」
    ここは休憩所になっていて、知覧茶と、きなこをかけた”あくまき”を食べたけど、とても美味しかったです(^-^)   知覧茶は、新茶で、緑色の綺麗な色をしていて、美味しく、それ以後,時々購入しています。
    "あくまき"は、5月節句の”ちまき"です。桜島の火山灰にお米をつけるので、このような色になります。
      (参考に、写真はネットからお借りしました。)

知覧麓の武家屋敷群2(3)変更済

 (3)                              「居間」
    写真・向かって、右(二重橋) 中央(昭和天皇・皇后陛下) 左???

知覧麓の武家屋敷群2(4-1)変更済知覧麓の武家屋敷群2(4-2)変更済

(4-1)   市役所の職員が、休日返上して、ここに詰めていました。
(4-2)   引き戸の開け方を説明。角で、くるっと方向転換出来るように、機能的に考案されていました。

知覧麓の武家屋敷群2(5)変更済

(5)                          知覧型二ツ家(旧高城家住宅)
      旧高城家住宅は、明治以前に建てられた武家住宅であり、
     「男玄関」と「女玄関」の二つがある特徴を持っています。

知覧麓の武家屋敷群2(6)変更済

(6)                                 「男玄関」
このように玄関が別れているけど、男尊女卑という差別というよりも分をわきまえる、というか役割分担、身分制度のようなものだったそうです。ただ薩摩は他所に比べて士族の比率が異常に高かったとの事です。

知覧麓の武家屋敷群2(7)変更済

(7)                                   「女玄関」
士族の比率が異常に高かったというのは、だからこそ、優秀な武士も多く、維新での沢山の元勲たちを輩出し、武家のご婦人方の教育も薩摩では、しっかり教育されていたこその、子息の教育もしっかりされての、数多くの元勲の輩出につながったのかもしれません。

知覧麓の武家屋敷群2(8)変更済

(8)                                   「居間」


知覧麓の武家屋敷群2(9)変更済

(9)                                   「武家屋敷通り」
    正面に見えるのが、母が岳。新緑が目に眩しい、素晴らしい所でした。

知覧から、鹿児島市内に向かう、車窓から、知覧茶のお茶畑が、海岸沿いに、果てしなく続いていました。
凄い規模でした。
私は狹山茶の産地は見たことあるけど、その規模は雲泥の差ですね。

次回も鹿児島シリーズは続きます。                    (2012年5月5日撮影)

ご訪問有り難うございました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
NEXT Entry
鹿児島シリーズ NO15 知覧麓の武家屋敷群(3)
NEW Topics
「稲門会作品展・私の出展作品」
第3回「稲門会作品展」とお詫び
公園にて・・・・
「ダリア園」NO2
「金魚の昼寝」
「虹と夕焼け」
「戦艦大和 終焉の地」
「笠間のツツジ祭り」最終章
「ニコンミュージアム」・・・100周年を記念して!
九ちゃん(坂本九さん)の家と歌碑
Comment
4432
calmさん
こんにちは!
>知覧 私も行ったことあるんです 懐かしい風景
>ほんと藁ぶき屋根とか 田舎(私の住まいの近く)もありますが
>でも情緒があって和みます。
**知覧いかれた事ありましたか。茅葺きの屋根が、情緒を醸し出しますね。
日本の良き風景ですね!!

>空と緑 目に優しくて気持ちい空気感が 漂っていますね
**そうなのですよ!目に優しく、心地よい空間でした。
calmさん、応援共々、いつも有り難うございますv-365

4431
鍵コメさん
こんにちは!
旅行して、写真を撮る事によって、色々と調べるので、
勉強になっています。

今日も暑くなりました。夏ばてしないように気をつけて下さいね。
鍵コメさん、いつも有り難うございますv-365

4430
知覧 私も行ったことあるんです 懐かしい風景
ほんと藁ぶき屋根とか 田舎(私の住まいの近く)もありますが
でも情緒があって和みます。
ラストのお写真 空と緑 目に優しくて気持ちい空気感が
漂っていますね ★

4429
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

4427
加夢さん
こんにちは!
>同じわらぶきの屋根でも
>寒い地方のものと違うのが面白いですよね
**寒い地方で、雪など積もる所は、屋根の雪下ろしなどしなければならないから、
自然と違ってくるのでしょうね?

>男玄関、女玄関、、、これを 男尊女卑て言う方もいるのかなあ
>なんとなくイメージがわくのでいいんじゃない?って 思うのは僕だけかなあ 
**昔から、一般的に、薩摩は、男尊女卑のイメージが強かったから、
尚のこと、そう言うイメージで見るのでしょうね。
でも、鹿児島の方に真相を説明して頂いたのが、写真の下に書いてありますので・・・。
いわゆる、役割分担だったとの事。
加夢さん、いつも有り難うございますv-365
 

4426
語り部さん
こんにちは!
>色々な写真や説明があってその場所を観光してるみたいに
>ブログを読ませていただきました
**有り難うございます♪
報道写真が好きだし、好奇心旺盛なのでつい、細かく調べます。
語り部さんは、一度行かれていると、思い当たる事もあるでしょうね?

>天気の良い日に行かれたんですね
>梅雨時期の今 この青空がうらやましい
**昨年の5月2日(雨のち曇り)から鹿児島に行きましたが、
日を経ると共に、お天気が良くなり、この日は、快晴。暑いくらいでした。
はい、次回も是非ご覧下さいね。
語り部さん、応援共々、いつも有り難うございますv-365

4425
kanさん
こんにちは!
>知覧といえば、戦争の残した傷跡を展示した場所を思い浮かべ ますが、
>武家屋敷も有名のようですねぇ。
**鹿児島に行く前は、この武家屋敷を知らなかったけど、
調べたら、是非訪れたく思い、訪れて良かったデス!!

>女玄関・男玄関で思ったのですが、この時代のほうが
>私個人の考え方に近かったのかも・・なんて思います。
**昨今、ジェンダフリーなどと、叫ぶ人達もいますね。
「従来の固定的な性別による役割分担にとらわれず、男女が平等に、自らの能力を生かして自由に行動・生活できること。」と。
デモ、私も、思います。男女には、役割分担があると思います。
極端な事を言えば、女性は子供が産めるけど、男性には出来ないですよね・・・。男女差別の撤廃は出来ない相談です。
kanさん、貴重なお考えを有り難うございました v-365

4424
HAM1826さん
こんにちは!
>知覧の武家屋敷、南国の明るいたたずまいが伝わってくる写真ですね。
>同じ武家屋敷の街並みでも、秋田・角館とは、かなり印象が違うように思います。
**私はまだ、行きたいと思いつつ、秋田・角館に行ったことがないので、分りませんが、
やっぱり違いますか?日本は、縦に長いので、気候がかなり違うから、印象が違ってくるのでしょうか?

>父の郷里が鹿児島で、毎年、初夏になるとアクマキが小包で送られてくるのが楽しみでした。
>それにしてもお茶とセットで200円とは驚きです
**いいですね!!アクマキ、また食べたいです。
お土産に買って帰ろうと思いつつ、結構お値段が高かったので、諦めました(^^;
ですよね?200円と聞いて、その時にビックリしましたから・・・。
HAM1826さん、応援共々、いつも有り難うございますv-365

4423
makiraさん
こんにちは!
>行きましたよ~!私も♪
>角で、くるっと方向転換出来るような引き戸覚えてますよ!
**makiraも訪れた事あったのでよね。
やはり、引き戸のデモンストレーションをご覧になりましたか。面白かったデスね!!

>「城下士」と「郷士」の間には 厳しい差別があったようです。
>西郷や大久保は城下士だったと思いますが、
>それだけ表舞台に出やすかったのでしょうね!
>反面、郷士だった寺島宗則なんかは苦労したと思います。
**同じ武士なのに、差別があるというのは、土佐藩で、聞いたけど、薩摩でも、あったのですね。
寺島宗則、知らなかったので、調べてみました。やはり郷士の次男に生まれ、養子に行かれた様ですね。
で、「日本の電気通信の父と呼ばれる」,素晴らしい功績のある方ですね。一つ勉強になりました。

知覧のお茶畑は、鹿児島の知人が、私用の車で移動してくれたので、
一般道路を走ったから、見れたのだと思います。
makiraさん、いつも有り難うございますv-365

4422
とっしゃん@SHIMAさん
こんにちは!
>明治以前に建てられた旧高城家住宅は、昔の日本の住宅の雰囲気を良く伝えていますね。
>昔の人がここで生活をしていたと思うと、なんだか感慨深いですね。
>また、「男玄関」と「女玄関」という2つの玄関があるというのも、その時代を表しているのでしょうね。
**旧高城家の住宅、懐かしい、日本の昔の家屋ですね。
なんだか、タイムスリップしたみたいです。
その土地での、その時代での、風習だったのでしょうね。

とっしゃん、応援共々、いつも有り難うございます v-365

4421
土佐けんさん
こんにちは!
はい、まだ残っていました。最初から見ていただいて、有り難うございます♪

>茅葺屋根の建物が残っているんですか~
>男玄関と女玄関、そう言う風習があったんですね^^
>又一つ勉強になりました
>続きを楽しみにしております♪
**茅葺き屋根は、今ではとても貴重ですね。
そして、その土地の色々な風習があり、興味深いです。
有り難うございます。続き、後少しです。
土佐けんさん、応援共々、いつも有り難うございますv-365

4420
sapphireさん
こんにちは!
>懐かしい風景というか、もはや都会にはない住宅や調度が保存されていて、いいですね。
>私は鹿児島は奄美から帰るとき、市内をちょっぴり観光しただけで。今度ゆっくり行きたいです
**昔懐かしい日本の風景ですね。とても貴重ですね。
アレ、奄美の帰りに鹿児島市内に寄られましたか?
今度行かれた時は、ゆっくり散策して下さいね。見所満載でした。

>ニコンの撮影会や百合を拝見しました。
>みんなすばらしくため息をつきました。 
>それにしても百合は壮観です! いい香りにつつまれて!!
**色々と見て頂き、有り難うございます♪
私もゆりにはビックリしました。とても見事だったのです!!
sapphireさん、いつも有り難うございますv-365

4419
トマトの夢3さん
こんにちは!
>レトロな 佇まい で 落着き よいところですね。
**歴史を感じさせますよね。古き良き日本がそこにありますね。

>玄関が 男女 別 なところに 興味があります
>何故なのでしょう なんて・・
**私も最初は、驚いたけど、鹿児島の方に説明して頂きましたので、
写真の下に説明を書いておきました・・・。
役割分担のようなものだったそうです。
トマトの夢3さん、応援共々、いつも有り難うございますv-365

4418
同じわらぶきの屋根でも
寒い地方のものと違うのが面白いですよね
男玄関、女玄関、、、これを
男尊女卑て言う方もいるのかなあ
なんとなくイメージがわくのでいいんじゃない?って
思うのは僕だけかなあ  (*^▽^*) 

4417
こんにちは
この場所は訪れたことはあるのですが
こんなに詳しくはありません
色々な写真や説明があってその場所を観光してるみたいに
ブログを読ませていただきました(^^♪
天気の良い日に行かれたんですね
梅雨時期の今
この青空がうらやましい(^_^)
次回も鹿児島編楽しみにしときます(^^♪ポチポチ

4416
知覧といえば、戦争の残した傷跡を展示した場所を思い浮かべ
ますが、武家屋敷も有名のようですねぇ。
女玄関・男玄関で思ったのですが、この時代のほうが
私個人の考え方に近かったのかも・・なんて思います。
最近では全ての格差や差別を是正するかのような、男女差別の
撤廃をされてる人も居るようです。
女にしか出来ないこと、男この時代にはあるような気もしました。
何だか違う話になってすみません^^;

4415
おはようございます
知覧の武家屋敷、南国の明るいたたずまいが伝わってくる写真ですね。
同じ武家屋敷の街並みでも、秋田・角館とは、かなり印象が違うように思います。

父の郷里が鹿児島で、毎年、初夏になるとアクマキが小包で送られてくるのが楽しみでした。
それにしてもお茶とセットで200円とは驚きです^^
pp!

4413
こんばんは!
梅サクラさん、こんばんは!
行きましたよ~!私も♪
角で、くるっと方向転換出来るような引き戸覚えてますよ!
でも、細部は改めてここで見させていただきました 汗)
士族の比率が高かったとは言え、「城下士」と「郷士」の間には
厳しい差別があったようです。
西郷や大久保は城下士だったと思いますが、
それだけ表舞台に出やすかったのでしょうね!
反面、郷士だった寺島宗則なんかは苦労したと思います。
知覧のお茶畑?ごめんなさい!記憶に無いのですが・・・汗)
徐々に思い出させていただきます 笑)

4412
x都人xさん
こんばんは!
>鹿児島シリーズ!あ~懐かしいですね
>居間の画は子供の頃にあった様な感じがしてとても懐かしくて
**まだ鹿児島シリーズ、アップしています。やれやれ!?
やはり、居間は、都人さんの小さい頃の様子をでしたか?

>そして又新婚旅行の思い出も蘇って来て、、
**新婚旅行の思い出の地でしたか・・・。
まぁ~、どこの夫婦でも、新婚の頃と、年月が経った今とでは、変わりますね。
でも、今、写真撮影に奥様とお出かけされているではありませんか?
都人さん、いつも有り難うございます v-365

4411
ソレイユさん
こんばんは!
>鹿児島は、西郷隆盛 大久保利通 篤姫・・・と名前を良く知る所ですが・・・・
**歴史的に有名な人達が輩出されましたよね。
鹿児島はとても遠いから、なかなか行けませんが、私は3日にある目的があったので、
清水の舞台から飛び降りた気持ちで行ってきました。
>最後から2番目のお写真、こういうタンスとかちゃぶ台、私が育った家にもありました。
**そうでしたか。懐かしいでしょう?古き良き時代ですね。

>昭和天皇の写真が飾られていますが、実家では平成天皇ご夫妻でした。
>毎日現天皇と美智子様のお写真を拝んでいました
**ご実家は、素晴らしいですね!!日本の国を大切に思われているのでしょうね!!
天皇・皇后両陛下は、日本の宝ですから・・・。
ソレイユさん、応援共々いつも有り難うございます v-365

4410
yoreyoremanさん
こんばんは!
>戦時中は特攻隊の人が出撃したところでも有名ですね
**はい、有名な所ですね。
知覧平和記念館に行って、彼らの記念品や手紙などを見てきました。泣けました。
>大河ドラマ”篤姫”の放映していた時にいきたかったんですが・・・・
**鹿児島の市内見物もしましたよ。市内バスで、篤姫の実家の前を通りました。

>本州最南端 までいった記憶があります
**和歌山県の潮岬ですか?水平線が丸く見えたりしましたか?
yoreyoremanさん、いつも有り難うございますv-365

4409
yoshi2479さん
こんばんは!
>知覧武家屋敷 当方は真夏の暑い、暑い時期に家内の両親、家内、息子と
>指宿~鹿児島旅行で途中立ち寄りましたので、懐かしいところです。
**ご一家で、すでに行かれた事あるのですね。
暑かったのでは、かき氷がさぞ美味しかった事でしょうね!!

>この石積みの路、なかなか後ろの借景とあわせていい感じですよね。
**とても風情がありますよね!!素敵な所でした。
yoshiさん、いつも有り難うございますv-365

4408
 こんばんは。

 明治以前に建てられた旧高城家住宅は、昔の日本の住宅の雰囲気を良く伝えていますね。
 昔の人がここで生活をしていたと思うと、なんだか感慨深いですね。
 また、「男玄関」と「女玄関」という2つの玄関があるというのも、その時代を表しているのでしょうね。

 ポチ!!

4407
鍵コメさん
こんばんは!
いいえ、こちらこそ、いつも有り難うございますv-365
とても綺麗でしたね!!

4406
こんばんは
おお、鹿児島シリーズが残っていたんですね^^
以前勉強させて頂きましたね^^
茅葺屋根の建物が残っているんですか~
男玄関と女玄関、そう言う風習があったんですね^^
又一つ勉強になりました^^
続きを楽しみにしております♪

ポチッ全部!

4405
こんばんは

知覧へいらしたんですね。懐かしい風景というか、もはや都会にはない住宅や調度が保存されていて、いいですね。私は鹿児島は奄美から帰るとき、市内をちょっぴり観光しただけで。今度ゆっくり行きたいです。ご紹介ありがとうございます。

ニコンの撮影会や百合を拝見しました。みんなすばらしくため息をつきました。 それにしても百合は壮観です! いい香りにつつまれて!!

4404
こんばんは。
レトロな 佇まい で 落着き よいところですね。
玄関が 男女 別 なところに 興味があります
何故なのでしょう なんて・・
鹿児島 いい所ですよね。

pp

4403
今晩は

鹿児島シリーズ!あ~懐かしいですね^^
居間の画は子供の頃にあった様な感じがしてとても懐かしくて!

そして又新婚旅行の思い出も蘇って来て、、
変われ変わるモノだと、、、お互い会話も無く(笑
あの時は良かった!(失礼しました)

4402
こんばんは~
鹿児島は、西郷隆盛 大久保利通 篤姫・・・と名前を良く知る所ですが
私行ったことがありません。
とても興味深い梅サクラさんのブログです。
最後から2番目のお写真、こういうタンスとかちゃぶ台、私が育った家にもありました。
昭和天皇の写真が飾られていますが、実家では平成天皇ご夫妻でした。
毎日現天皇と美智子様のお写真を拝んでいました。
とても親しみを感じるお写真です☆☆

4401
好い所ですね
好い所のようですね 一度も行った事がありません
戦時中は特攻隊の人が出撃したところでも有名ですね
大河ドラマ”篤姫”の放映していた時にいきたかったんですがとうとう
行けませんでした 鹿児島には20代に行った事がありました 本州最南端
もでいった記憶があります 

4400
知覧武家屋敷 当方は真夏の暑い、暑い時期に家内の両親、家内、息子と
指宿~鹿児島旅行で途中立ち寄りましたので、懐かしいところです。
この写真のお家で当方も休み、確かかき氷を食したような・・・。
この石積みの路、なかなか後ろの借景とあわせていい感じですよね。

4399
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村