HOME   »   東京  »  歴史シリーズ No2 (新選組副長・土方歳三)
RSSフィード
2013.10.11

東京


東京都・日野(多摩地域)は新選組副長・土方歳三の故郷です。

そして、5月11日は、土方歳三の命日です。

そこで、今年の5月11日命日に、訪れてみました。

土方歳三は、幕末期の幕臣、新選組副長。会津藩から、京都の守護を命じられ、

新選組時代には、鬼の副長と称され隊士たちから恐れられた。

戊辰戦争では旧幕軍側指揮官の一人として武名を顕し、

またいわゆる「蝦夷共和国」では軍事部門の責任者に任ぜられて軍才を揮った。

しかし、明治2年5月11日、箱館五稜郭防衛戦にて戦死。享年35歳。(Wikiより)

激動の時代を駆け抜けた人でした。


土方歳三1変更済

(1)                                「高幡不動尊」(歳三菩提寺)
    年間200万参拝客のにぎわい
    関東三大不動尊の一つ高幡不動尊は古来より日本一と伝えられた丈六不動三尊(重文)をまつわる寺で、
    平安期からの文化財を数多く収蔵する古刹です。

    土方歳三の菩提寺であり、大日堂では毎年、5月11日の命日には法要が行われています。


土方歳三2変更済

(2)                                   「土方歳三像」
    
     平成7年、東京日野ロータリークラブが、郷土史家の協力のもと歳三の姿を現代に蘇らさせたものです。



土方歳三3-1変更済土方歳三3-2変更済

(3-1)    「高幡不動尊・五重の塔」
                              
                                   (3-2)「土方歳三等身大像」
                                    弁天池入口で高幡不動を訪れる人々を見下ろすように立っています。
                              
土方歳三4-1変更済土方歳三4-2変更済

(4-1)  「新撰組の”誠”」の絵馬が奉納されていました。
                             (4-2)ご両親とお参りに見えた、姉妹のお揃いの洋服が可愛らしかった


土方歳三5変更済

(5)                             「土方歳三資料館」(歳三の生家)

     平成17年春、リニューアルして開館!歳三生家に伝わる数々の資料と子孫との語らい。
     
     土方歳三の生家が建て替えを機に、平成2年から自宅の一室を開放して作られている資料館です。
     歳三の愛刀、「和泉守兼定」や鎖帷子などの武具、写真や手紙などが展示されております。

     開館日は、毎月第1・第3日曜日。

     命日には、沢山の人達が、訪れていました。女性が多かったです。室内撮影は禁。
        

土方歳三6変更済

(6)                    「資料館庭」
     ○石田製薬・・・・歳三は実家秘伝の「石田散薬」を行商しつつ、各地の剣術道場で他流試合を              重ね、修行を積んだ。
     
     ○歳三手植えの矢竹・・・・武士になって名を揚げんとの願いを込めて歳三自らが手植えした矢竹

土方歳三7変更済

  (7)                            「石田寺(せきでんじ)」  (歳三墓所)



土方歳三8-1変更済土方歳三8-2変更済

(8-1) 「土方歳三の墓」・・・命日以外の日でも、献花は堪えないとの事。
                                   (8-2)  「浅川に掛るふれあい橋」 歳三に思いを馳せながら、 浅川の土手を歩き、ふれあい橋を渡りました。




00049_l変更済

(9)            「土方歳三」(資料館HPよりお借りしました)
      
     色白で引き締まった顔立ちをしており(当時としては)長身であった為、京都副長時代、
     彼を慕う芸者・舞妓からの恋文が寄せられ、それらがびっしり詰められて、「報国の心ころわするゝ婦人哉」
    という和歌が手紙に添えられて、故郷の知り合いに、送られてきたそうです。  



Director変更済

(10)     「資料館館長・土方愛さん」(資料館HPよりお借りしました)

    土方歳三は妻子を持たなかったために直系の子孫はいないが、
    歳三の兄・喜六氏の血脈が続いており、彼から数えて6代目にあたる。
         歳三似の綺麗な方ですね・・・。

    私達が訪れた時は、愛さんのお母様の、土方陽子さんが館内を取り仕切っていました。



130512-takahata_01.jpg130512_01.jpg

5月12日は、「日野新撰組まつり」で、新撰組隊士パレードが開催されます。

(11-1)   当日・高幡不動尊で、土方歳三の供養が行なわれ、前日にコンテストで、選ばれた人達。
(11ー2)  「コンテストで選ばれた、2013年の土方歳三」
       (2枚の写真は、日野市観光協会HPよりお借りしました)


以上、幕末から、明治を駆け抜け、35歳という若さで壮絶な死を遂げた、土方歳三をご紹介しました。

土方歳三は、小説・TVドラマ・映画などになって、知ってはいたけど、

歴史上の人物として、改めて、色々と調べました。

調べて行くうちに、興味しんしんで、読みふけったりして、すっかり時間が掛ってしまいました。

纏めるのも大変でした。              コンデジ・フジX20を使用         「2013年5月11日撮影」

最後まで、お付き合い頂き、本当に有り難うございました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
NEXT Entry
浜松市楽器博物館
NEW Topics
伊勢・蔵造りの街・河崎
新宿御苑に春を訪ねて NO2
新宿御苑に春を訪ねて NO1
おはらい町・おかげ横丁を訪れて!!
築地 
伊勢神宮・内宮(ないくう) No2
伊勢神宮・内宮(ないくう) No1
丸の内イルミネーション
東京の三ヶ月
迎春
Comment
10441
琴乃さん
こんばんは♪ようこそ!

いいえ、興味ある内容だったので・・。
渋沢栄一と土方歳三だったものですから・・。

見入ってしまった・・・とコメント頂き、
ありがとうございます♪

荷物の関係を考えると、デジカメ・・・コンデジでも、
よく撮れると思います。

ご訪問・コメントありがとうございました。v-217
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。

10439
訪問有難うございます!
こんにちは!私の稚拙なブログにコメントありがとうございました!

梅さくら様のブログの写真がとても素敵なので、ついつい見入ってしまいます

わたしも次回日本に訪問した際は一眼レフに近いカメラを持って行こうかと考えているのですが、やはり荷物の関係でデジカメ止まりかなぁなんて考えていますが!

これからも夜露死苦お願い致します!

8481
ちびたさん
こんばんは♪ようこそ!

そうなのですよ。昨年の5月11日は、やんでいる時もあったけど、ほとんど雨でした。
でも、パレードが行われたのは、次の日だったので、晴れたと思いますが・・・。
かなり高幡不動に人がいましたね。子供連れで、子供のお祝いのお参りに来ている家族もありました。
そうそう、歳三の像を撮影にテレビクルーもいました。命日故だと思いますが・・・。

「ミズソバ」を調べて見ました。可愛いピンクの小さいお花ですよね?
このお花が石田製薬の元になったのですか?
辺り一面に咲いたら、さぞ綺麗でしょうね!!

ご訪問・コメントありがとうございましたv-217
また遊びにお越しくださいね。

8477
こんばんは

コメントありがとうございました。
昨年の5月11日は雨だったんですね。
雨の高幡不動尊にこれだけ人がいるのも土方歳三の命日だったからでしょうか。

土方歳三記念館に「石田散薬」ののぼりがあるんですね。
秋になると浅川の河川敷や近所の用水路に石田散薬の「ミゾソバ」が咲きます。
いつもこの小さなカワイイ花を見ながら、土方歳三が「石田散薬」を売り歩く
姿を思い浮かべています。


5818
とっしゃん@SHIMAさん
こんばんは!
>最後の2枚の写真を見ると、土方歳三の人気の高さが良くわかりますね。
>土方歳三の写真、じっくり見るたのは初めてのような気がしますが、
>なかなかの男前ですね。
**郷土の偉大な人物ですよね。
でも、土方歳三にとっては、無念さもあったかと思うけど、
こうして、地元で、法要、お祭りまで、開催されて、嬉しいかとも思います。
ほんと、なかなかの男前ですね。で、今でも女子達に人気があるのですね。
歴史シリーズ、なかなか進みませんが、お待ち下さい。

とっしゃんさん、応援共々いつも有り難うございます e-281

5817
鍵コメさん
こんばんは!
いくつも記事を見て頂き、嬉しいデス♪
了解しました。後ほど伺いますね。

鍵コメさん、ご覧頂き有り難うございますe-281

5815
x都人xさん
こんばんは!
>新鮮組といえば~京都とは切てっも切れない新撰組!
**新選組と言えば、京都と結びつきますよね。
会津藩から、京都の守護を命じられたので・・。
でも、いつの間にか、新選組も会津共々、賊軍にされ、
京都から、追い出されました。歴史の理不尽さを感じます。

>子供さんの愛愛傘~可愛いですね 孫の姿と、、、
**お孫さんの姿と被りますか?尚更可愛く覚えましょうね!!
都人さん、お帰りなさい。拍手共々、いつも有り難うございますe-281

5814
 こんばんは。

 最後の2枚の写真を見ると、土方歳三の人気の高さが良くわかりますね。
 土方歳三の写真、じっくり見るたのは初めてのような気がしますが、なかなかの男前ですね。

 歴史シリーズの続編を楽しみにしています!

 ポチ!

5813
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

5812
新撰組
こんにちは

新鮮組といえば~京都とは切てっも切れない新撰組!
あはは~でも歴史は良く知りません(笑

子供さんの愛愛傘~可愛いですね^^
孫の姿と、、、(笑

拍手!

5810
ekuさん
こんにちは!
>土方さんは35歳で亡くなったんですね!
>もっと長く生きていたかのような存在感ですよね。
**本当に若くして亡くなったけど、本当に存在感は大きいですね。
で、あの竜馬は31歳でした。こちらも存在感大ですよね。
だからこそ、二人とも、今でも、多くの人達の心に生き続けているのかも知れませんね。

>高幡不動なつかしいいい!
>私、あっちの方で生まれ育ったんです。
>近藤勇が生まれた調布市です
**そ、そ、そうなのですか?嬉しいデスね!!偶然にビックリです♪
近藤勇と土方は、今でこそ市は違うけど、同じ多摩地区生まれ、幼なじみでしたね。
同じ道場で剣を学ばれて・・・というよりも、近藤は道場を継がれましたね。近藤勇も波瀾万丈な生き様でしたね。
ekuさん、いつも有り難うございますe-281

5809
こんばんは♪
土方さんは35歳で亡くなったんですね!
若い!!!
もっと長く生きていたかのような存在感ですよね。

そして高幡不動なつかしいいい!
私、あっちの方で生まれ育ったんです。
近藤勇が生まれた調布市ですw

5808
鍵コメさん
こちらこそ、これからも宜しくお願いします。

5807
nana♡さん
こんにちは!
>時々こうして歴史物をやって下さるのでとても勉強になるし 興味も沸いてきます。
>土方歳三の等身大像を見てこんなにイケメンだったのかしらと疑ってたら
>写真を見て納得、素敵な方ですね。
** 歴史物、どうかな?と内心ビクビクしながらアップしていたけど、そう言って頂き、報われました!!
ほんとに、土方歳三、美形ですよね。
これでは、京都時代、多くの祇園の芸子さんや、舞妓さんから、手紙が届いたのもうなずけますよね。

>幕末を駆け抜けた若者たちは今の日本をどんな思いで見てるでしょうね。
**彼らは命を駆けて、戦ったのですから、今の政治家などについて、
歯がゆい思いをしているかも知れないですね。でも、平和には安心しているかも・・・。
>またいろいろと勉強されて頑張って書かれたんですね。本当にお疲れ様です。
**お気遣い有り難うございます。
ははは、のめり込むタチなので、困ったものです。

>傘をさした姉妹、かわいいですね、流石梅サクラさん撮るのが上手い!
**褒めて頂いて、とっても嬉しいデス(^-^) このような写真が一番すきなのです。
nanaさん、いつも有り難うございますe-281

5806
トマトの夢3さん
こんにちは!
>高幡不動の祭り 実際に観てみたいです。
>土方歳三、初めて拝見しましたが 凛々しい お顔立ちですね。
>調べるの 大変でしたでしょう お疲れ様でした。
**お気遣い有り難うございます。
歴史上の人物なので、うろ覚えではいけないと思い、
真面目に、色々と調べてみました。色々と知る事ができて、面白かったですが・・・。
土方歳三、凛々しい顔立ちですよね。で、今でも女性に人気があるのでしょうね。
お祭り、次の日、行きませんか?と声掛けられたけど、
連チャンは無理なので、行かなかったですが、実際見てみたいですよね!!

トマトの夢3さん、応援共々いつも有り難うございますe-281

5805
加夢さん
こんにちは!
>土方歳三かあ
>幕末の時代ってちょっとリアルなので
>あまり調べた事が無いのですが
>いろいろと調べたら面白いでしょうね
**私は幕末にとても興味があり、ドラマや映画など、時々見ていました。
で、「土方歳三ツァー」に参加して、現実味がまし、
今回色々調べて、更に興味が増しました。
加夢さんも、いつか、調べてみて下さい。面白いですよ!!

加夢さん、いつも有り難うございますe-281

5804
らすかるさん
こんにちは!
>最後まで新撰組として剣の道を、そして己の信念を貫き、
>幕末の激動の時代を駆け巡った人物ですね。
>土方は知れば知るほど、本当に興味深い方です☆
**まさにその通りの人物ですね。
私も、ここを訪れ、調べて知れば知るほど、魅力が益々、分りました。

>前に司馬遼太郎作『燃えよ剣』を読んだことを思い出しました
>また読み返したくなりましたよ♪
**この小説は、愛読者が、多いみたいですね。
私は、まだ読んだ事ないですが、面白いそうですね!!
2年前位に、NHKのBS時代劇で、「土方歳三」を放映していたのを、
見ましたが、とても面白かったデス♪
是非再読してみてはいかがでしょうか?
らすかるさん、応援共々いつも有り難うございますe-281

5803
鍵コメさん
こんにちは!
全然、おきずかいなく・・・。
函館も、土方歳三と繋がりがあるところですから・・・。
で、知らなかった事が知れて、却って嬉しかったです。

鍵コメさん、いつも有り難うございますe-281

5802
ソレイユのpapaさん
こんにちは!
> なかなかの力作 素晴らしいです ためになりました
**そう言って頂き、嬉しいデス♪
私は、すっかり、土方歳三にのめり込んでしまいました。

>この地は私の実家の近くです でも全然このような事は知りませんでした
>コラからも 宜しくお願い致します
**日野市は、そちらのお隣の市にあたりますね。
私も以前からのドラマなどでは、多摩地区とだけ、認識があり、
始めて日野市だと知った次第です。
ソレイユのpapaさん、こちらこそ、いつも有り難うございますe-281

5801
きみひと@さん
こんにちは!
>高幡不動尊で毎年土方歳三の法要が行われてるとは知りませんでした。
>ここにある土方歳三の像は、他にある像とは雰囲気が違いますね~。
**私もここを訪れ、土方歳三の事を調べて、知った次第です。
ここの像とは違いますか?写真を見ると、函館の五稜郭の像は、洋服のようですが・・・。
>北海道の函館に行った時に、土方歳三をはじめ幕軍の慰霊碑があるお寺に
>行ったことがあるんですが、・・・・
**そのような慰霊碑があるとは、初耳です。
でも、残念でしたね。今度訪れてた時は、是非見つけて下さいね。

>この土方歳三をはじめ、新選組のメンバーは今でも絶大な人気がありますね。
>地元京都では、今でも新選組関連のものがお土産としてあちこちで販売されております
**はい、人気があり、小説・ドラマ・映画などでも、繰り返し制作されますね。
え?京都でのお土産に販売されているのですか?それは驚きました。
でも、嬉しいデスよね♪♪
新選組は、最初は、京都の守護として、もてはやされたみたいだけど、
後は、賊軍として、退いたとおもうので・・・。

きみひとさん、いつも有り難うございますe-281


5800
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

5799
こんばんは。
時々こうして歴史物をやって下さるのでとても勉強になるし
興味も沸いてきます。
土方歳三の等身大像を見てこんなにイケメンだったのかしらと疑ってたら
写真を見て納得、素敵な方ですね。
幕末を駆け抜けた若者たちは今の日本をどんな思いで見てるでしょうね。
またいろいろと勉強されて頑張って書かれたんですね。
本当にお疲れ様です。
それから傘をさした姉妹、かわいいですね、流石梅サクラさん撮るのが上手い!

5798
こんばんは。

高幡不動の祭り 実際に観てみたいです。
土方歳三、初めて拝見しましたが 凛々しい お顔立ちですね。
調べるの 大変でしたでしょう
お疲れ様でした。

pp

5797
モカさん
こんばんは!
>今年の初詣は高幡不動でした
>とても歴史のある、立派なんですよね!
>お正月はものすごい人の数でしたが、
>今度はカメラを持ってゆっくりと訪れてみたいです!
**初詣が、高幡不動でしたか。
歴史のある、素晴しいお寺にお参り出来て、とても良かったデスね。
やはり、凄い人数でしたか・・・。
では、今度は、カメラを持って、ゆっくりと撮影に行かれてみて下さいね。

モカさん、応援共々いつも有り難うございます e-281

5796
土方歳三かあ
幕末の時代ってちょっとリアルなので
あまり調べた事が無いのですが
いろいろと調べたら面白いでしょうね  \(^▽^)/

5795
はちみつさん
こんばんは!
>八重のサクラに関する本を読みまして、すっきりしなかった
>幕末の様々な事が点ではなく、線で理解出来るようになりました。
>その中での新撰組の置かれていた状況も・・・。
**「八重の櫻」読まれたのですか?凄いですね!!
私はもっぱらNHKのドラマを見ています。
でも、点でなく、線で、理解出来るようになったとは、良かったデスね。
いつも幕末のものだと、薩長側から見る事が多いけど、
「八重の櫻」は珍しく、会津藩側から描かれていますね。
で、新撰組の事も考えると、理不尽な気持にもなりますね。

>立川から乗るとモノレールに「高幡不動」という駅があるのは知っていましたが・・・・
**すでにご存じでしたか。
その「高幡不動」から、歩くと「資料館」にも行けます。
「高幡不動」、秋の紅葉がとても綺麗だと聞いていますが・・・。
この不動尊の門を出てすぐ右側に、「開運そば」というお蕎麦屋さんもあります。是非、「高幡不動」訪れてみてくださいね。
はちみつさん、応援共々、いつも有り難うございますe-281

5794
こんばんは☆
今回は土方歳三ですかぁ♪
最後まで新撰組として剣の道を、そして己の信念を貫き、
幕末の激動の時代を駆け巡った人物ですね。

土方は知れば知るほど、本当に興味深い方です☆

前に司馬遼太郎作『燃えよ剣』を読んだことを思い出しました ^ ^
また読み返したくなりましたよ♪

5793
スーさん
こんばんは!
>土方歳三、こうしてお写真を見るとイケメンでカッコいいですね。
>今日でも彼を慕う人は大勢いるのですね。
**うふふ、カッコいいですよね!!現代でも通用しますね。
現代の人達も、彼に何かロマンを感じるのでしょうか?

>高幡不動、紫陽花でも有名な所ですが別の機会でもいってみたいと思います。
>今回も素敵なお写真を見せて頂き、ありがとうございます♪
**紫陽花でも、有名と、私も聞きました。でも、紅葉も見事だと聞きましたが。
是非、訪れてみて下さい。お写真、お待ちしています♪
スーさん、こちらこそ、応援共々、いつも有り難うございます e-281

5792
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

5791
Puffさん
こんばんは!
>土方歳三さんの故郷は日野なのですね!
>こんなに身近だとは知りませんでした。
**私も、東京でも、多摩の田舎の方だとイメージしていました。
でも、今は発展して、田舎ではなくなったですね。
>お姉ちゃんが妹を気遣うお写真がありますね。
>可愛らしい姉妹のお写真にほっと癒されました。
**有り難うございます♪良く気がついてくれましたね。
あまり重くならないように、差し挟みました。

>長い歴史の積み重ねとそれを受け継ぐ人々の頼もしい姿を見せて頂き
>日本の希望ある未来を感じました。
**そういて頂き、とても嬉しいデス♪
歴史は、脈々と繋がっていくのですよね。
日本もまんざら捨てたものではないですよね。
Puffさん、こちらこそ、いつも有り難うございます e-281

5790
梅サクラさんへ
こんばんは なかなかの力作 素晴らしいです
ためになりました
この地は私の実家の近くです でも全然このような事は知りませんでした
コラからも 宜しくお願い致します

5789
語り部さん
こんばんは!
>生き様がすごいので ブログにまとめるのも大変だったことでしょう
>読む私たちにはわかりやすくて読み応えありました
**そう言って頂けて、苦労が報われました。
歴史、特に幕末が、好きなので、色々調べていく内に、のめり込んでしまいました(^^;
でも、色々と知る事ができて、面白かったデス♪

>女性のファンも多いので 日野新撰組まつりなどもにぎわうのでしょうね
**写真を見ると、沿道沿いには、沢山の見物客がいました。私も行きたかったです。
>関東に行く機会があれば立ち寄りたいです(^^♪ポチポチ
**是非、立ち寄って、土方歳三の思いを共感してみて下さい。

>こちらの写真もEXIFが消えてますね
**そうですか。調べて、私もFc2に連絡してみますね。
語り部さん、応援共々いつも有り難うございますe-281

5788
yoshi2479 さん
こんばんは!
>薩長の明治をおこした下級武士同様ひとつの時代を作るために駆け抜けた一人ですね。
>朝敵ですから、悪く位置づけられたのでしょうが、
>規律ある軍隊的な近代組織が近藤、土方の新選組が最初だと思いますので、
**そうですね。あの激動の時代を駆け抜けた一人ですね。
政変があって、会津藩と共に、朝敵にさせられた、不条理さを感じますが。
でも、まさにyoshiさんが、コメントされている通りですね。
能力ある人物だったのでしょうね。惜しいですよね。

>ドキュメントタッチの記事、土方にとても興味をもちました。パチパチ。
>X20も、とてもいいカメラですね、リバーサルタッチがとても素晴らしいと思います。
**そう言って頂き、努力が報われた気がします。
こういう記事、纏めるのに大変ですが、好きなのです。
X20の写真も自信なかったけど、ほっとしました。
yoshi2479 さん、いつも有り難うございます e-281

5787
piyopapaさん
こんばんは!
>土方歳三と言えば、 燃えよ剣!! 小生の愛読書なり。
**そうだったのですか。司馬遼太郎著ですよね。
私は見ていないのですが、「燃えよ剣」が、かって、
TVドラマにもなったそうですね。本とドラマでは違うとは思うけど・・・。

>そして、一番好きな彼の言葉は
>「五十年連れ添おうとも、ただの二夜であろうとも、
>契りの深さにかわりはないとおもいたい」
>男の本当の優しさを知った素敵な男だったんだと思っています。
**この小説の中では、土方が、愛した女性が登場するそうですね。
で、彼の言葉から、本当の優しさを知った素敵な男だったと言われる、
piyopapaさんこそ、ロマンを持った、素敵な男性だと、推測出来ました。

>函館にある四稜郭に立った時、土方歳三の無念さを感じた
>思いが湧き上がったのを 思い出しました。
>明治2年5月11日には四稜郭でも戦闘があったそうです。
**五稜郭という名前は、聞いていましたが、
四稜郭と言う言葉は始めて聞きました。
函館に行ったときに、そこに行かれて、実際土嚢の周りを走ってみられて、
見るだけではわからない事が見えてきましたか・・・。良い体験をされましたね。
そして、改めて、土方歳三の無念さを感じ取ったのですね。
色々と詳しい説明を有り難うございました。
ネットで、写真を探して、見ながら、読ませて頂きました。
piyopapaさん、こちらこそ、いつも有り難うございますe-281

5786
こんばんは!
恥ずかしながら、高幡不動尊で毎年土方歳三の法要が行われてるとは知りませんでした。しかも、ここにある土方歳三の像は、他にある像とは雰囲気が違いますね~。

実は以前、北海道の函館に行った時に、土方歳三をはじめ幕軍の慰霊碑があるお寺に行ったことがあるんですが、その日は雨だったこともあり、残念ながらどこにあるのかわかりませんでした・・・。

この土方歳三をはじめ、新選組のメンバーは今でも絶大な人気がありますね。
地元京都では、今でも新選組関連のものがお土産としてあちこちで販売されております(笑)

5785
jskさん
こんばんは!
>高幡不動ですね。土方歳三はこの近くで生まれたとか
>この祭りも盛大なようですね。凄い人出のようですね。
**以前、jskさんに高幡不動の写真を見せて頂きましたね。
それで、始めてこのお寺の事を知りました。
彼の生家が、「資料館」になっていました。
次の日のお祭りに行きたかったですが、疲れてパスしました。
写真を見ると盛大の様ですね。

>高幡不動に行こうかと思っていたところに、この投稿 近いうちに行ってきます。
**是非訪れて、きっちり写真を撮ってきて下さい。
私は、街歩きで訪れたので、写真的には、不満足なので・・・。
jskさん、いつも有り難うございます e-281

5784
yoreyoremanさん
こんばんは!
>土方歳三 幕末一のイケメン男子ですよね 
>女性のファンが多いのは よく解りますね 
>その上剣や軍才にも優れていたんですよね 
>確かに函館五稜郭タワーの中に銅像がありました 
>日野市に菩提寺が、あったんですかこれは私 存じ上げなかったです
**土方歳三の写真を見ると、女性ファンが多いのは、納得しますね。
プラス只のイケメンだけでなく、実力も兼ね備えていたのですからね。
函館の五稜郭タワーの中に銅像がありましたか。彼方で、実際亡くなったのですものね。
日野市は、彼の生まれ故郷ですからね・・・。

>幕末に活躍された方が若くしてなくなりますね
>小松帯刀 坂本龍馬 土方歳三など数えきれません 
>もしこの人達が 生きていたら日本という国はどうかわっていったんでしょうね
**小松帯刀は、あの大河ドラマ「篤姫」で知りました。
薩摩藩の家老だったですね。実力があったのですね。
小松帯刀、享年36歳。坂本竜馬、享年31歳。土方歳三、35歳。
皆さん、若くして亡くなっているのですね。惜しい事をしました。
yoreyoremanさん、いつも有り難うございますe-281

5783
鍵コメさん
こんにちは!
>同じ五稜郭の戦いの登場人物でも、榎本武揚や大鳥圭介とは結末にあまりに差がありますね。
>その分、多くの人々の心に生き続けているような気がします。
**良くご存じですね。その通りですよね。

鍵コメさん、ご覧頂き有り難うございますe-281

5782
Mikaさん
こんにちは!
>土方歳三の顔なんて、まじまじと見たことがありませんでした。
>なかなかの美丈夫だったんですね。
>纏め方がお上手な上、お写真も見応えがあって
>歴史苦手な私でも興味深く拝見できました。
**そう言って頂き、とても嬉しいデス♪
以前から、ドラマなどを通じて、土方歳三の事は知っていても、
いざ、ブログに載せるとなると、どう纏めたら?良いか?色々考えました。
そうですよね。まじまじと顔を見ませんね。笑)
この写真は、大きくして、資料館にも飾ってあったのですよ。

>(4-2)の姉妹のお写真、かわいいですね。
>お姉ちゃんが妹に傘を差し出しているポーズの瞬間を捉えられたのはさすがです♪
**ご両親と、もう一人、妹がいたので、可愛くて、数枚とったうちの1枚です。
このような可愛い子供を見ると、撮りたくなります。

リンク有り難うございます。もうお付き合いさせて頂いて、約2ヶ月位になりますか?
リンク遅かった位ですね。改めて、これからもよろしくお願いします♪
Mikaさん、いつも有り難うございます e-281

5781
今年の初詣は高幡不動でした^^
とても歴史のある、立派なんですよね!
お正月はものすごい人の数でしたが、今度はカメラを持ってゆっくりと訪れてみたいです!

応援クリック、ポチ!!

5780
こんばんは
八重のサクラに関する本を読みまして、すっきりしなかった
幕末の様々な事が点ではなく、線で理解出来るようになりました。
その中での新撰組の置かれていた状況も・・・。
立川から乗るとモノレールに「高幡不動」という駅があるのは知っていましたが
そうだったのですね~☆☆
教えていただき、有り難うございます。
是非訪れて見たいと思います。

5779
土佐けんさん、助手さん!
こんにちは!
うわぁ~、助手さんは、土方歳三がお好きでしたか?それは、嬉しいデスね♪
土佐けんさんは、それはそうですよ。竜馬に決まっていますね。

>二人は考え方と立場が違っていましたが、
>同じ時代を駆け抜けた英雄ですよね
**今検索したら、
土方歳三、1835年、5月31日生 享年35歳
坂本竜馬 1836年、1月03日生 享年31歳
土方歳三が、竜馬よりも、1歳年上。4歳長生きした。
このように比較してみると、二人は、僅かしか違わないですね。
正に土佐けんさんが言われる通りですね。
そして、どちらも現代の人々からも、愛されていますね。

>助手は北海道の五稜郭にも行きたい!と騒ぎます
>その前に壬生寺に行っていないでしょ、と 助手に突っ込む僕でした
**新選組隊士を「壬生浪士」とも呼びますよね。
壬生寺とは、縁が深かったですね。
五稜郭は、遠いので、まず近場の「壬生寺」に行かれては?
前に、土佐けんさんは、「寺田屋」をアップしていましたね。
土佐けんさん、応援共々いつも有り難うございますe-281

5778
こんにちは。
土方歳三、こうしてお写真を見るとイケメンでカッコいいですね。
今日でも彼を慕う人は大勢いるのですね。
高幡不動、紫陽花でも有名な所ですが別の機会でもいってみたいと思います。
今回も素敵なお写真を見せて頂き、ありがとうございます♪
PP☆

5777
こんにちは~!
土方歳三さんの故郷は日野なのですね!
こんなに身近だとは知りませんでした。
てっきり地方出身の方なのかと思ってましたヨ。
またいろいろと勉強になりました、ありがとうございます。

彼の軌跡を辿った数々のお写真の中に
お姉ちゃんが妹を気遣うお写真がありますね。
可愛らしい姉妹のお写真にほっと癒されました。

最後は、彼の末裔の方や
エネルギッシュな新撰組のお祭りで締め括られてますね。
長い歴史の積み重ねとそれを受け継ぐ人々の頼もしい姿を見せて頂き
日本の希望ある未来を感じました。

5776
こんにちは
今回は土方歳三ですね
生き様がすごいので
ブログにまとめるのも大変だったことでしょう
読む私たちにはわかりやすくて読み応えありました(^_^)
女性のファンも多いので
日野新撰組まつりなどもにぎわうのでしょうね(^_^)
関東に行く機会があれば立ち寄りたいです(^^♪ポチポチ
あっ!こちらの写真もEXIFが消えてますね(^_^;)

5775
高幡不動が菩提寺なんですね。薩長の明治をおこした下級武士同様ひとつの時代を作るために駆け抜けた一人ですね。朝敵ですから、悪く位置づけられたのでしょうが、規律ある軍隊的な近代組織が近藤、土方の新選組が最初だと思いますので、能力ある人物なんでしょうね。ドキュメントタッチの記事、土方にとても興味をもちました。パチパチ。X20も、とてもいいカメラですね、リバーサルタッチがとても素晴らしいと思います。

5774
こんばんは♪

土方歳三と言えば、 燃えよ剣!!
小生の愛読書なり。。。

そして、一番好きな彼の言葉は

「五十年連れ添おうとも、ただの二夜であろうとも、
契りの深さにかわりはないとおもいたい」

こんな素敵な気持ちで、一人の女性を愛し続ける男になれる・・・か否か
男の本当の優しさを知った素敵な男だったんだと思っています。

函館にある四稜郭に立った時、土方歳三の無念さを感じた思いが湧き上がったのを
思い出しました。

明治2年5月11日には四稜郭でも戦闘があったそうです。四稜郭は土嚢を積み上げたような
急造です。公園のようになっているので、陣地内に立って、「新政府軍が攻めてきたら、
どうやって戦うか?」「守りに必要な人数はどのくらいか?」とか、五稜郭との連絡はど
うしたか?などを想像しながら、土嚢の周りを走ってみると面白いですよ。

体を動かして想像すると、見るだけじゃわからないことが見えてきますネ
土方歳三は陣構えでは戦っていませんが、観光地化された五稜郭よりは遥かに昔を想像で
きますよ。ただし被写体は多くないです(笑)

素敵な写真、ありがとうございました

5773
こんばんわ
高幡不動ですね。土方歳三はこの近くで生まれたとか
この祭りも盛大なようですね。凄い人出のようですね。
記念館もあるんですね、知りませんでした。
高幡不動に行こうかと思っていたところに、この投稿
近いうちに行ってきます。



5772
こんばんは
土方歳三 幕末一のイケメン男子ですよね 女性のファンが多いのは
よく解りますね その上剣や軍才にも優れていたんですよね 
確かに函館五稜郭タワーの中に銅像がありました 
日野市に菩提寺が、あったんですかこれは私 存じ上げなかったです
今、放送中の八重の桜にも関係してますね
私 思うのですが 幕末に活躍された方が若くしてなくなりますね
小松帯刀 坂本龍馬 土方歳三など数えきれません もしこの人達が
生きていたら日本という国はどうかわっていったんでしょうね
こればかりは、神のみぞ知るとかしかいえませんね

 

5771
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

5770
梅サクラさん、こんにちは♪

土方歳三の顔なんて、まじまじと見たことがありませんでした。
なかなかの美丈夫だったんですね。
纏め方がお上手な上、お写真も見応えがあって
歴史苦手な私でも興味深く拝見できました。

(4-2)の姉妹のお写真、かわいいですね。
お姉ちゃんが妹に傘を差し出しているポーズの瞬間を捉えられたのはさすがです♪

先ほど、リンクさせていただきました(^^)/
あれ?よろしかったでしょうか???(訊くの遅っ、笑)
これからもよろしくお願いします♪

5769
こんばんは
土方歳三ですか!
助手が大好きですわ~~~
僕も嫌いではないのですが、竜馬の方が好きなんですよ^^
二人は考え方と立場が違っていましたが、
同じ時代を駆け抜けた英雄ですよね^^
助手は北海道の五稜郭にも行きたい!と騒ぎます(^^;
その前に壬生寺に行っていないでしょ、と
助手に突っ込む僕でしたw

ポチッ全部!

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村