HOME   »   京都  »  京都の旅No13 (圓徳院のライトアップ)
RSSフィード
2014.01.24

京都


今回は、圓徳院(えんとくいん)のライトアップです。

京都市東山区にある、高台寺の塔頭のひとつ。

この圓徳院は、備中国足守藩主で北政所(高台院)の甥にあたる木下利房が、

伏見城の北政所化粧御殿をこの地に移築して自らの邸としたことに始まる。

利房の死後、その菩提をともらう寺となり、利房の院号「圓德院」をそのまま寺号として、高台寺の塔頭となる。

本尊は釈迦如来。開基は三江紹益。

豊臣秀吉の正室・北政所(高台院)が晩年の19年間に自身の本拠地としたことで知られるほか、

一説にはその終焉の地ともいう(wikiより)

高台寺を後にして、台所坂を下り、斜め前に位置する、圓徳院もライトアップしていると聞いて、訪れました。


京都13(1)変更済

(1)                                       「長屋門」

    (長屋門)・・・・ 正門が侍長屋に連結する武家屋敷の様式。木下家の屋敷だった頃の名残。




京都13(2変更済

(2) 「長屋門」を入ると、 真っ赤なもみじが目の前に・・・思わず、息を飲む。




   ○(南庭)

京都13(3)変更済

(3)                                         「南庭」1
    
      方丈の南西に位置する。方丈の縁側からの撮影。


京都13(4)変更済

(4)                                         「南庭」2




京都13(5)変更済

(5)                                         「南庭」3

      方丈の部屋では、ご住職が、大勢の観光客を前に、説法(せっぽう)をしていました。
      説法(せっぽう)とは仏教において使われている言葉であり、
      僧侶や住職が、聴衆に対して、仏教についての事柄を説き聞かすことを意味する。



   ○(北庭)

京都13(8)変更済

(6)                                        「北庭」1

      北書院の東に位置する。
      賢庭が作庭した、伏見城北政所化粧御殿前庭の、池泉回遊式庭園を移築したものだけど、
      その際に、敷地面積が縮小したことから、これを枯池泉座視式に改めている。


京都13(7)変更済

  (7)                                         「北庭」2

      その後、さらに小堀遠州によって整えられたのが、今日にまで伝わる姿です。
      庭東の築山から、枯滝を枯池に落とした、2島を配置して、これを3本の石橋で結ぶという、
      桃山時代の典型的な、枯山水の書院庭園の趣をもったもので、国の名勝に指定されています。


京都13(6変更済

(8)                                          「北庭」3

      全体に、巨岩を多数配置し、珍しい庭園としても知られています。

      この壮大な巨岩を配した、庭は、秀吉の好みと聞きます。
      でも、どのようにして、巨岩を運んだのか?謎ですね?




京都13(9)変更済

(9)  圓徳院の、素晴しいライトアップの、余韻を、残しながら、素敵なお店を横目で眺めながら、帰途についた。
     
     さすが、”ねねの道”に存在する建物やお店は、粋な雰囲気を持っていますね。(2013年11月20日撮影)

    
     で、最後に、ご住職は、「豊臣秀頼は、石田三成の子供という説もある・・・・」と言われました。

     そういう話は、以前から聞いた事もあったけど、え?それを言ってしまっていいの?と、思わずギョッとしました。  

      でも、考えてみると、秀吉に、あれだけ多くの側室がしたけど、懐妊したのは、淀殿お一人。

     現代なら、”DNA型鑑定”をしたら、すぐに分る事だけど、それではなんだかリアルになり過ぎ。

     歴史は、分からない部分もあって、良いのかも・・・。


     今回で、3日目が終了です。  最後4日目の”嵯峨野”方面を残すだけとなりました。

     今日も、ご訪問有り難うございました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
NEXT Entry
蝋梅(ロウバイ)を撮りにいって、狼狽
NEW Topics
羽田で飛行機を撮る
「所沢航空公園」 3 (鳥さん達と愉快な仲間たち)
初夏の祭り
所沢航空公園 2 (公園の花々を愛でて・・・)
所沢航空公園 1 (桜の木の下で・・・)
里の春 2
里の春 1
肥後細川庭園
神田川散策
「高麗神社境内の梅」
Comment
7185
語り部さん
こんにちは!
長屋門を入って、真っ赤なもみじを見ての感動が写真から伝わって、嬉しいデス♪

>今回も歴史と詳しい説明に観光している感じになりました
**ご覧になった方が、ブログで観光される感じになったとは、
本当に、アップした甲斐がありました。
>ライトアップの美しさもありますが わびさびの粋な雰囲気がありますね
**わびさびの粋な雰囲気を感じてくださるとは、
語り部さん、素晴しい感性をお持ちですね。

いつも有り難うございますe-418

7184
yoshi2479さん
こんにちは!
>大迫力の京都のナイト紅葉ですね~
**はい、素晴しい紅葉でしたよ~ん♪
>そういう厳しい条件にもかか 割らず、興奮と関心が
>ひたひたと画面から押し寄せる素敵な写真になっていま すね。
**褒めて頂き、光栄です!!
シャッター優先で撮ったと思います。難しかったです。
なにしろ手持ち撮影ですので・・。

週末ご出張が続いていて、大変でしたね。お疲れ様でした。
>2月からやっと今年のテーマに沿った「カラー」を出していけそうです。
**2月から一段落ですか?
「カラー」に拘った写真、楽しみにしています♪
いつも有り難うございますe-418

7183
加夢さん
こんにちは!
>秀吉の好み、、、、なるほど
>秀吉のイメージってそういうところありますもんね
**巨岩の庭園を目にしたときは、圧倒されました。
秀吉好みと聞いて、なるほどと思ったけど、イメージありますよね。

>過去の事は、いろいろな推理が出来るから楽しいですからね
**そうなのですね。歴史って、推測出来るのが楽しいですね♪
いつも有り難うございます e-418

7182
こんにちは
>「長屋門」を入ると、 真っ赤なもみじが目の前に・・・思わず、息を飲む。
写真でも伝わってきます(^_^)
すごいですね
今回も歴史と詳しい説明に観光している感じになりました
ライトアップの美しさもありますがわびさびの粋な雰囲気がありますね(^_^)

7181
はちみつさん
こんにちは!
>先日国立西洋美術館に行きモネの睡蓮の絵画を鑑賞しました。
**それは、それは、至福の時を過ごされましたね。
良かったですね♪素敵だったでしょうね。

トラックバックは、すみません。出来ないように設定しています。
以前、知らない人がトラックバックされて、ちょっと困ったので、設定しました。
すみません、はちみつさんのせいではないのです。
でも、削除しましたので、ご安心下さいね。

で、もし良かったら、アドレスを貼っておきます。
「浜松・花の美術館」
http://murasaki659.blog.fc2.com/category61-1.html

こちらは、上野の西洋美術館での、「松方コレクション」での、モネの絵が見れます。
http://murasaki659.blog.fc2.com/blog-entry-224.html
こちらから見る事出来ますが・・・。
お手数をおかけしましたe-418





7180
大迫力の京都のナイト紅葉ですね~。露出も含め、シャッタースピードやら
WBなど難しい設定になったのではないですか?そういう厳しい条件にもかか
割らず、興奮と関心がひたひたと画面から押し寄せる素敵な写真になっていま
すね。
※ここのところ週末出張が続き、パソコンに向かいあう時間が少なくなって
いて大変失礼しています。※
2月からやっと今年のテーマに沿った「カラー」を出していけそうです。

7179
確かに巨岩の庭園って
珍しいですね
秀吉の好み、、、、なるほど
秀吉のイメージってそういうところありますもんね
DNA鑑定かあ、、、、、笑
そういうことを抜きにしても
過去の事は、いろいろな推理が出来るから楽しいですからね (笑)

7178
おはようございます
梅さくらさん、おはようございます。
先日国立西洋美術館に行きモネの睡蓮の絵画を鑑賞しました。
梅サクラさんの浜名湖のブログの中に紹介されていて、素晴らしかったので
ご紹介させて頂きたかったのですが、トラックバックがうまくいかず
結局トラックバックの履歴だけを残してしまいました。
申し訳ありませんが、削除して頂けますか?未熟さを実感です。
よろしくお願い致します。

7177
はちみつさん
こんばんは!
>今こうして観光のためにライトアップされた美しい紅葉・・・。 感慨深いですね。
**ねねさんも観賞した美しい紅葉がライトアップ、時代は違うけど、感慨深いですよね。

>私の中では「ねねさん」と言った方が親しみを感じます。
>正室なのに子を生むことの出来なかったのですから、
>いろいろと 難しくたいへんな事もあったでしょうね?
**あら、私も同じく「ねねさん」と親しみを込めて言いたいです。
同じ女性同士、ねねさんの心の葛藤を推測すると、胸が痛みますね。

>真実を明らかにせず 人の情で生きる方がこの日本生きやすいかも知れませんね
**そうですね。日本には「生みの親より、育ての親」と言う言葉もありますから・・・。
いつも有り難うございますe-418

7176
こんばんは
豊臣秀吉の正室・北政所(高台院)が、50代後半でこちらを築かれ、
そこで77才まで過ごしたんですね~。
今こうして観光のためにライトアップされた美しい紅葉・・・。
感慨深いですね。
私の中では「ねねさん」と言った方が親しみを感じます。
正室なのに子を生むことの出来なかったのですから、いろいろと
難しくたいへんな事もあったでしょうね?
そうですね~、最近DNAが騒がれていますが、真実を明らかにせず
人の情で生きる方がこの日本生きやすいかも知れませんね~☆☆

7175
piyopapaさん
こんにちは!
>「ねねの道」の長屋門!これから始まる紅葉の庭を驚いたようにのぞき見る人達!
>2枚目を見ると「納得」。この美しい真っ赤な紅葉をみて、彼女は驚いていた・・・
**人物の表情まで、特にアベックの女性の事まで、良く観察してのコメント、嬉しいデス♪そして、納得と・・・
私も再度写真を見てみました。で、ストーリーを描いても下さって光栄です。
南庭は、あの龍安寺の石庭の様に、正に枯山水、ゆったりとして紅葉も愛でられる庭だと思います。

>北庭は 大きな石で橋を描いたり、この石の大きさ/厚さから感じる迫力がこの庭が特筆され・・・・
>闇に浮かび上がる石組の橋上に、真っ赤な紅葉を、
>あたかも秀吉 のへの愛情に見立てた様な「炎」を演出したのでしょうか???
**当時の有名な庭師、小堀園州の作だとのことですが、
ねねさんの要望もいれているのではないかとも、推察出来ますよね?
でも、このような巨岩を配した庭は他に類はないですね。秀吉の迫力を感じます。
真っ赤な紅葉が、秀吉への愛情に見立てたとも思うと、よりこの庭に愛着が感じられますね♪

そうそう、石田三成の他に、大野治長説もありますね。
この話をご住職がしたのは、皆さんが立ち上がって帰ろうとしたときだったので、
皆さん、私始めぎょっとされたかも、で思わず、
私は振り返って、ご住職の顔を見つめました。
でも、そう言う状況だったので、詳しく問うことは出来なかったです。
先日、ネットでこのエピソードを約1時間位読みました。面白かったデス♪

「嵯峨野」は4回位アップ予定です。まだまだ先は長いです。
丁寧なコメント有り難ございましたe-418

7174
こんにちは♪
亀コメですみません。。。(汗)

深秋!!とはこなんな色の風景を言うのでしょうか?
「ねねの道」の長屋門!これから始まる紅葉の庭を驚いたようにのぞき見る人達!
特にアベックの女性が垂直な身体に対して首を前に出している姿が、驚き?唖然?
の表情に見受けられました。
で、2枚目を見ると「納得」。この美しい真っ赤な紅葉をみて、彼女は驚いていた
んだ!と納得ですね。

南庭は砂の線引きがなされていますね・・・紅葉をゆったり見ることができるお庭な
んでしょうね。。。

北庭は伏見城からの移築なんですね!ねねさんのリクエストだったのでしょうか?
当時、流行の枯山水になってしまったわけですね。大きな石で橋を描いたり、
凄いです。この石の大きさ/厚さから感じる迫力がこの庭が特筆される謂われな
のでしょうね。。。闇に浮かび上がる石組の橋上に、真っ赤な紅葉を、あたかも秀吉
のへの愛情に見立てた様な「炎」を演出したのでしょうか???
お写真も非常に良く表現されていると感心しました。

→ 最後に、ご住職は、「豊臣秀頼は、石田三成の子供という説もある・・・・」と言われました。

だから?と聞き返したいです。石田三成以外にも大野なにがしさんとの話もありますし
うわさ話は多々あって・・・圓徳院さんは戦国の噂話にピリオドを打つにふさわしい
何かエビデンスをお持ちなのでしょうか?住職さんは何を人々に伝えたかったので
しょうかネ?秀頼の父親が誰であったのか?より、歴史的なエビデンスがどうやって
今に伝わったのか?の方に 興味津々です。。。

次回は最終日「嵯峨野」ですね!楽しみやら・・・寂しいやら・・・
期待しておりま~す

7173
土佐けんさん
こんばんは!
高台寺の塔頭、圓徳院の紅葉綺麗でしたよ!!
私も、知らなくて、高台寺でライトアップの事を知って、急遽訪れました。”儲け物”・・・と言ったら語弊があるかしら?

>北の政所、寧々さん、僕は大好きです
>戦国時代の歴史模様、助手と二人でよく語り合います
**うわぁ~、ねねさんの事、お好きとは、嬉しいデスね♪♪
で、助手さんと二人で、語りあえるとは、時間が経つのも忘れるのでは?
身近に共通の話題で、話あえる人がいて、素敵ですね!!羨ましいで~す。

そうなのですよ。京都は、「犬も歩けば、歴史に当たる」といった感じなので、
歴史好きには、たまりませんね。
いつも有り難うございますe-418

7172
yoreyoremanさん
こんばんは!
>私は、日帰りがおおいので ライトアップの風景は
>一度も 撮った事がありません
**圓徳院、いつか訪れてみて下さい。
私は、全然知らなかったのですが、高台寺で知りました・・。
でも、日帰りで、京都を訪れる事が出来るなんて、羨ましいです。

私も今まで、5回京都を訪れていますが、ライトアップの写真を撮ったのは始めてです。
今度、ライトアップの写真に挑戦してはいかがですか?
嵯峨野、有り難うございます。どうなることか?

いつも有り難うございますe-418

7171
fukuさん
こんばんは!
>しかし枯山水に緑のライトアップってのは意外ですね
>もう少し柔らかい照明でもいいと思ったりしますが…
**ブルーもありました。全体は、土に照明を当て、土の色だけでは、何の特色もなくなってしまうので、
思い切って、グリーンをポイントに持ってきたのかとも思います。
実際見てみると、なかなか良かったと思いました。

私は、冬と春は行ったことないですが、今回の秋の紅葉は素晴しかったです。
私の所より、ズーと京都に近いですから、是非、訪れてみてはいかがですか?
ご覧頂き、コメントまで有り難うございましたe-418

7170
plateauさん
こんばんは!
こちらこそ、ご無沙汰でした。
コメント出来る用になって、良かったです!!
>新しいブログでは 写真の見せ方にも工夫して行きたいと思います
>B級で行こう に比べると記事は少なくなりますが
**写真も大きくなって、なんだかスッキリした感じですね。
これからの、ブログを楽しみにしています!!頑張って下さいね。

早速リンクして頂き、有り難うございます。
御丁寧にも、コメントのお礼を有り難うございましたe-418
こちらこそ、宜しくお願い致します。

7169
モカさん
こんばんは!
>京都のライトアップは本当に素敵ですね!
>私は5枚目の庭のお写真が一番好きです
**ライトアップ、予想以上に素晴しかったです。
5枚目を気に入って頂き、光栄です。嬉しいデス。

息子さんが大きくなったら、ご一緒に、是非京都を訪れてみて下さいね。
いつも有り難うございますe-418

7168
夢旅人さん
こんばんは!
夢旅人さん、お久しぶりです。
>京都・・・言葉の響きもいいが、四季折々の表情も素敵な京都ですね。
>〇〇小路と言われる古い小路は、雰囲気最高で心惹かれる物があります。
**四季折々・・・私は、春と冬はまだ行ったことないです。
四季折々も、古い小路も、行かれているのですね?
で、私は、楽しむ余裕はなかったですよ。
撮影に追いかけられて・・・。また移動も大変で・・・。本当に疲れました。
まぁ~、観光に行ったのではないから仕方無いですね。

>紅葉ではなく、観光客の少ない時に・・・東寺と随心院と醍醐寺に。
**良く御存知ですね。
湯豆腐というと、南禅寺がぴん~と来るけど、嵯峨野でも、食べられるのですね?
是非、今年は泊まりがけで、行かれて、”湯豆腐”を食べてきてくださいね。
いつも有り難うございますe-418

7167
aunt carrot さん
こんばんは!
>観光客の多い中での撮影でありながら
>本当に見事に撮られていますね。 ステキです。
**そう言って頂き、嬉しいです♪
本当に沢山の方達が、訪れていました。きっと高台寺から廻られたのだと思います。
時間がないので、私は急いで、撮りました。

>お説法、、お盆などにご住職が来てくださると短い
>お説法を してくださるのが楽しみです。
**仏教徒でしたか。そうですね。心が洗われる気がしますよね。
若いお坊さんになって、残念ですね。
いつも有り難うございますe-418

7166
こんばんは
高台寺の塔頭、圓徳院には入ったことが無いのですが、
ここも紅葉が綺麗なんですね~~
北の政所、寧々さん、僕は大好きです^^
戦国時代の歴史模様、助手と二人でよく語り合います^^
京都は歴史が深く、どこに出かけても謂れがあって
面白いですね^^

ポチッ全部!

7165
こんばんは 
今回の圓徳院は、行ったことはないですね
私は、日帰りがおおいので ライトアップの風景は一度も
撮った事がありません 梅サクラさんのように上手く撮りたいですね
嵯峨野の写真も期待しています
 

7164
梅サクラさん、こんばんは

京都の秋はやはりいいものですねぇ
しかし枯山水に緑のライトアップってのは意外ですね
もう少し柔らかい照明でもいいと思ったりしますが…
う〜ん、やはり今年は京都行こう!…行けるかな?(^_^;)

7163
梅サクラさん こんばんは
ご無沙汰しております

さっそく NULLへのコメントありがとうございます
新しいブログでは 写真の見せ方にも工夫して行きたいと思います
B級で行こう に比べると記事は少なくなりますが
相変わらずのバタバタですみません

せめて最初のコメントのお礼にはと伺いました^^;

こちらからもリンクさせていただきました

これからもよろしくお願いたしますm(_ _)m



7162
こんばんは
京都のライトアップは本当に素敵ですね!
私は5枚目の庭のお写真が一番好きです^^
京都には行った事がありませんが一度は訪れてみたいです。

7161
”梅サクラ”さん、お久しぶりです

京都・・・言葉の響きもいいが、四季折々の表情も素敵な京都ですね。
〇〇小路と言われる古い小路は、雰囲気最高で心惹かれる物があります。
そんな京都を何拍もし、楽しむなんて贅沢此の上ないですよ~。

一昨年、日帰りで紅葉を観に行ったが、時間が制限されて堪能とまではいかなかった。
今年は一泊で良いから京都見物に行きたいと思っている。
紅葉ではなく、観光客の少ない時に・・・東寺と随心院と醍醐寺に。

最近の様に寒さが厳しい時には、”湯豆腐”が恋しくなる。
嵯峨野あたりで”湯豆腐”と洒落込みたいものです。

7160
こんばんわ!
観光客の多い中での撮影でありながら
本当に見事に撮られていますね。
ステキです。
お説法、、お盆などにご住職が来てくださると短いお説法を
してくださるのが楽しみです。
とっても分かりやすく身近な事を心に残るようにお話してくださって
心が表れる気がするのです。
でも近頃ご住職が高齢になられて若いお坊さんが見えます。
お説法が無くなったのですぅ、、、とほっ。

7159
yanmar(ヤンマー)さん
こんばんは!
初めまして。ようこそ!

>人が多い中での夜の撮影は難しそうですが、
>それでも綺麗にライトアップされている様子が
>写真から伝わってきます。
**伝わりましたか?それはとても嬉しいデス♪アップした甲斐がありました。

>過去記事も拝見しましたが・・・
**過去記事もご覧頂き、感謝・感謝です。
京都は、本当に寺院も多いし、なかなか回りきれないですよね?
こちらこそ、楽しんで頂き、コメントも有り難うございましたe-418
また、お遊びにお越し下さいね。

7158
gerugoonさん
こんにちは!
>美しいライトアップの日本庭園。
>「息を飲む」という感動がわかる気がしますね。
**私の感動をご理解して頂き、光栄です。本当に、目にした瞬間、感動でした。

秀頼伝説、良く聞きますか・・。
でも、そうですね。不明な歴史を空想するのは、面白いですよね♪

>実は僕のルーツも三成関係かもしれなくて、、、
**え?そうなのですか。それは、それは凄い事です!!!
石田性というのも、きっとルーツですね。
石田三成は、冷静な頭の良い、武将だったみたいですよね。
秀吉が、自分と似ているので、可愛がったと聞きます。
で、三成は、秀吉のため、豊臣のために、戦ったのでは?と思います。
歴史は、勝者が作ると言われているので、今まで流布してきた三成像は、
徳川方の造ったイメージでは?と思います。
とても、興味ある、お話を聞かせて頂き、有り難うございました。
いつも有り難うございますe-418

7157
初めまして、こんばんは。

人が多い中での夜の撮影は難しそうですが、
それでも綺麗にライトアップされている様子が
写真から伝わってきます。(^^)
過去記事も拝見しましたが
まだまだ知らない京都がありました。
楽しめましたよ。ありがとうございます。(^^)/


7156
こんばんは(*'▽')
美しいライトアップの日本庭園。
「息を飲む」という感動がわかる気がしますねぇ。

秀頼は三成の息子かもしれないというのはよく言われていますね。
不明な過去をあれこれ空想させてくれる歴史の面白さでもありますが、
DNAを調べてしまえば、思い巡らす楽しみもなくなりますね。

実は僕のルーツも三成関係かもしれなくて、、、
家系図はありませんが生前に父がそのような事を言ってたのです。
因みに祖母の性は石田でしたから、嘘だとしても何気に親しみがあるのですよ。

私事で失礼しました。

7155
かのぽんさん
こんにちは!
>ほんま悪条件の下、綺麗なシャッターワークですね
>いつも感心しながら拝見させてもらってます。
>お気に入りは7の写真でーす
**そう言って頂き、とても嬉しいデス♪
何とか、愛する京都を、綺麗に撮りたいと頑張りました。
7を気に入って頂けましたか。光栄です。
巨岩が、巧みに並んでいて、壮大ですよね。秀吉の豪快さを感じます。

そうですね。分からないのが花かも知れませんよね!!
はい、嵯峨野、期待しないで、楽しみにしていてくださいね。
こちらこそ、いつも有り難うございますe-418

7154
鍵コメさん
こんにちは!
こちらこそ、お気を使わせた様で、申し訳ありません。

でも、三連発は有り難うございますe-418

7153
今日も素敵な京都風景をおおきに。
ほんま悪条件の下、綺麗なシャッターワークですね
いつも感心しながら拝見させてもらってます。(^-^)
お気に入りは7の写真でーす!(*^^)v

歴史に限らず、どんなことでも
何もかもわかって知ってしまうと
魅力は無くなるかも・・・

嵯峨野の風景も楽しみにしていますねー!

7152
モカさん
こんにちは!
>紅葉だけでも美しいのに、
>ライトアップされることで、独特の雰囲気が出て 本当に素敵ですね
**そうなのですね。
昼間の太陽の元でみる、紅葉も綺麗で、素晴しいですが、
ライトアップされた紅葉は、より幻想的になって、
独特の雰囲気が一段と出て、素敵になるように思います。

いつも有り難うございますe-418

7151
jskさん
こんにちは!
>立派な庭園のライトアップ 紅葉と庭の趣と楽しませてくれますね。
>幻想的な風景が素晴らしいです。
**有り難うございます♪
ライトアップは、高台寺よりも、幾分地味目な感じでしたが、桃山式庭園は、豪快でした。

>京都は日本史の集大成のような所、興味は尽きませんね。
**はい、1000年の都だけあって、次から次と歴史があり、興味は尽きないです。
京都を歩くと、歴史に当たる・・・と以前から思っていました。
いつも有り難うございますe-418

7150
higemajinさん
こんにちは!
いえいえ、素敵な鳥の絵でした。
ビックリしたほどです。
>本当は写真に撮れれば宜しいのですが
>私の節穴にはさっぱり見えません。
**あれだけの素質のある方ですから、是非今度は、写真も見せて下さいね。
お待ちしています。

昨年、思い切って、京都を訪れました。
もう、時期はずれの紅葉ですが、まだ続いています。
ご訪問、コメント有り難うございましたe-418また、遊びにお越し下さいね。

7149
トマトの夢3さん
こんにちは!
>素晴らしい庭園の見応えのある
>ライトアップに見入ってしまいますね
**有り難うございます。素晴しいライトアップでした。
どこの寺院も色々と考えていますね。

>歴史は奥深いですね
>封印のままが 歴史の よいところかもしれませんね。
**奥深いところが、ロマンを感じて、興味が沸くのかも知れませんよね。
いつも有り難うございますe-418

7148
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

7147
makiraさん
こんにちは!
>ホントに目が覚めるような紅葉のライトアップですね♪
**正に目が覚める様な、ライトアップ紅葉でした。
でも、全体的には、高台寺に比べると、少し地味でもありましたが・・・。

>私は淀殿の乳母である大蔵卿局の子にあたる”大野治長”がくさいと
>睨んでいるのですが・・・
**makiraさん,さすがよく御存知ですね。そうかも知れませんよね。
wikiを見てみると一番可能性が高そうですね。
彼は、淀殿の身近にいられる状況がありましたよね?
>その当時は家名存続の為、現代とは違って意外と公にされていたとの 話もありますが・・・
**そうでしたか。当時は家名存続が第一でしたから・・・。
現代の考え方では、理解出来ない範疇にあるかも知れませんよね。。

はい、嵯峨野、過大な期待しないで、楽しみしていて下さいね。
いつも有り難うございますe-418

7146
YUMI さん
こんにちは!
>でも、趣があるし、紅葉も素晴らしいですね。
**高台寺を訪れて、私も始めて知ったのです。で、近くなので、寄ってみました。
でも、静かで趣があったので、得した気分です。

>そういうことは謎のままの方がいいような…
>現代でもそうかも。
**そうかも知れませんよね。
現代では、ハッキリ分かって、悲劇にもなっていますね。
産院でも、取り違えなどが発覚して・・・。
いつも有り難うございますe-418

7145
スーさん
こんにちは!
>本当に幻想的なライトアップですね。
>ライトアップのデザインもこだわりがあるようで見応えあります。
**良かったです♪
夜のイルミなどを沢山撮られている、スーさんにそのように言って頂くと、嬉しいデスね♪
私もすっかり魅入られてしまいました。

はい、嵯峨野どうなるか??ですが・・・。
いつも有り難うございますe-418

7144
鍵コメさん
こんにちは!
そうでしたか、私はコース的に、巡り会いました。
寒さを覚悟して行ったけど、防寒対策もしっかりしていったので、助かりました。
それぞれ、好みも違うので、その人の好む写真を撮られたら、良いと思いますが・・・。
これからも素敵な写真を撮られて下さいね。

ご覧頂き、有り難うざいました。e-418

7143
紅葉のライトアップも美しいですよね ♪
うっとりしてしまいます ^^

紅葉だけでも美しいのに、
ライトアップされることで、独特の雰囲気が出て本当に素敵ですね!!


応援クリック、ポチ!!!

7142
こんにちは
圓徳院ですか、立派な庭園のライトアップ
紅葉と庭の趣と楽しませてくれますね。幻想的な風景が素晴らしいです。
京都は日本史の集大成のような所、興味は尽きませんね。


7141
コメント有難うございます。
才能などは爪の垢ほどもなく
ただの模写でございます。

 本当は写真に撮れれば宜しいのですが
 私の節穴にはさっぱり見えません。(笑)

  それよりも憧れの京都
  宜しいですね。

7140
こんにちは。
素晴らしい庭園の見応えのある
ライトアップに見入ってしまいますね

歴史は奥深いですね
封印のままが 歴史の
よいところかもしれませんね。
☆☆




7139
おはようございます!
梅サクラさん、おはようございます!
ホントに目が覚めるような紅葉のライトアップですね♪
秀頼は、石田三成の子供という説を話していらっしゃいましたか!
私は淀殿の乳母である大蔵卿局の子にあたる”大野治長”がくさいと
睨んでいるのですが・・・笑)
その当時は家名存続の為、現代とは違って意外と公にされていたとの
話もありますが・・・どうでしょうか?笑)
嵯峨野も楽しみにしています。

7138
おはようございます。
こちらは知りませんでした。
でも、趣があるし、紅葉も素晴らしいですね。

ホントに、DNA鑑定をしたらエッという結果がでてくる親子関係あるかもしれないですね。
でもまあそれは無理だし、そういうことは謎のままの方がいいような…
現代でもそうかも。

7137
こんにちは。
本当に幻想的なライトアップですね。
ライトアップのデザインもこだわりがあるようで見応えあります。
嵯峨野のお写真も楽しみにしてます♪
PP☆

7136
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村