HOME   »   映画  »  映画「KANO」~1931年海の向こうの甲子園」
RSSフィード
2015.01.27

映画


main_large.jpg
                 
台湾映画「KANO」~1931年海の向こうの甲子園」を先日見てきました。 (画像はお借りしました)


「絶対諦めずに、一所懸命やる」「自信を取り戻す」・・・をモットーーに、
松山商業の野球を台湾に伝えた伝説の名将 近藤兵太郎監督の元に、
野球部員が一丸となって、一勝もしたことの無いチームが、1年で、甲子園に出場し、決勝まで進んだ、
1931年、日本統治時代、日本人・台湾人(漢人)・台湾原住民による「嘉義農林学校」(かぎのうりん)(KANO)野球部の実話です。

決勝の対戦相手は、強豪の”中京商業"   アクシデントがあって、"嘉農"は負けたけど、
選手たちが一生懸命に、野球に取り組むひたむきな姿勢が、球場内を包み、
すべての人々を感動の渦に巻き込んだのでした。

日本人も知らなかった事実を、良く映画にしてくれた・・・と 感謝の気持ちでいっぱいです。
昨年、この映画は、台湾で大ヒット。そして、遂に1月24日(土)日本に上陸したのです。
あの東日本大震災で、台湾が、「200億円」(世界一)もの大金を日本に寄付して下さった思いを、改めて感じました。
映画が”日本愛”にあふれているのです。

素晴らしい映画で、感動で、涙・涙でした。

監督役は、日本の永瀬正敏・奥さん役は坂井真紀・水利技術者、八田與一役は大沢たかおetc日本の俳優陣も多数出演しています。 映画の中の会話は、90%が日本語でした。
野球チームの俳優さん達は、演技は初経験、でも、少年時代から台湾ナショナルチームのメンバーばかりで、
野球映画としても、きちんと描かれていて、醍醐味を感じました。



sub1_large.jpg

準優勝ですから、立派ですよね!! (画像はお借りしました)

今、この映画の公開に辺り、大阪甲子園「甲子園歴史館」では、KANOに関する特別展示を行っていとのことで、
台湾からの旅行者が増えているそうです。(日本への旅行者増加にも一役買っていますね・・・)

1931年の大会で実際に試合に用いられたボールや、試合模様を記した当時の雑誌、当時使用されたものを再現したユニフォームや,野球道具などが展示されています。

このほか、台湾の嘉義市から贈られた嘉農のエース・呉明捷選手の銅像「翼伸びの鷹」(蒲浩明・作)や、「嘉義農林 第17回大会準優勝盾」(複製)などが展示されています。

また、同館の甲子園人物録コーナーでは、嘉農から日本のプロ野球入りし、阪神タイガースの前身である阪神軍・大阪タイガースや巨人で、活躍した呉昌征選手の功績を称える野球殿堂入りレリーフ(複製)も展示されているとのことです。
http://www.roc-taiwan.org/content.asp?mp=202&CuItem=578545  (甲子園歴史館・特別展示)






今日は、写真でなく、急遽映画をアップしました。是非、日本の方達にもご覧になって頂きたいと思って・・・。

ご訪問有難うございました。  コメ欄は閉じさせて頂きます。 コメントいただける時は、拍手コメにお願い致します。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
NEXT Entry
六義園 3 (ライトアップ)
NEW Topics
「戦艦大和 終焉の地」
「笠間のツツジ祭り」最終章
「ニコンミュージアム」・・・100周年を記念して!
九ちゃん(坂本九さん)の家と歌碑
明治神宮御苑2 「しょうぶ園」
明治神宮御苑 1
笠間つつじ祭り 2
笠間つつじ祭り 1
豊島園のチューリップ
所沢航空記念公園 4 (航空発祥記念館)
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村