HOME   »   映画  »  『風に立つライオン』
RSSフィード
2015.03.25

映画


 sub01_large.jpg



邦画「風とライオン」を観てきました。
ケニアで、国際医療に貢献し、実在した日本人医師、柴田紘一郎さんをモデルに作られた、
さだまさしの「風に立つライオン」の名曲に感銘し、主演を務めた、大沢たかおの熱望により、映画化された。

アフリカ医療に生涯を捧げたシュバイツアーの自伝に感銘を受けて医師を目指した航一郎は、
大学病院からケニアの研究施設に派遣される。日本に恋人を残しながら・・。
そして、半月後、要請を受けて、現地の赤十字病院へ派遣された。

彼がそこで目にしたものは、銃や地雷で、次々と運ばれて、十分な治療も受けられずに、亡くなっていく人々や少年達。
ゲリラに拉致され、麻薬を注射され、戦場に立たされる、少年兵達。



sub02_large.jpg



その中の一人、ンドゥングは、目の前で、両親を殺され、麻薬をうたれ、9人もの人たちを殺し、
身体の傷と共に、心の傷がなかなか癒やされる事がない。

そのような彼に、航一郎は、彼の才能を見抜き、「医師になりたい」という彼に、
「お前は、9人の命を奪った、ならば、一生をかけて、10人の命を救うのなら出来る。未来はそのためにある」・・・と答えて、
彼を抱きしめるのでした。
このシーンは、涙なしに、スクリーンを見ることは出来ませんでした。

心に辛い傷を受けた、少年達が、勉強やスポーツを楽しみながら、航一郎を慕っていく、
彼らの明るい笑顔がとても可愛いい。
また、医師・大沢たかおの笑顔が清々しく、演技も最高でした。
石原さとみの、看護婦の笑顔も素敵で、アフリカに降り立った、まさに「天使」のようでした。
 


sub09_large.jpg



ケニアロケは、約一ヶ月、続き、大沢たかおが、ロケ中に砂嵐に巻き込まれたりと、かなり過酷だった様です。

「がんばれ!がんばれ!」とアフリカの広大な大地に向かって、自分を奮いたたせるために叫ぶ、
航一郎の姿は、凛としながらも、過酷な仕事を思わずにはいられませんでした。

最後に流れる、さだまさしの歌は、心に更に、感銘を受けて、また涙が、溢れ出るのでした。






(挿入写真は、ネットより、お借りしました)

さだまさしのこの歌に感動して、医師になられた、方々も、多いそうです。
私は、恥ずかしながら、この「風に立つライオン」の歌は、この映画見るまで、知らなかったです。

ご訪問、有難うございました。           コメ欄閉じます。

関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
NEXT Entry
山岸伸 写真展 「瞬間の顔」vol.7
NEW Topics
里の春 2
里の春 1
肥後細川庭園
神田川散策
「高麗神社境内の梅」
リニューアルした、映画館「レッツシネパーク」
伊勢志摩巡り 【夫婦岩】
早春の公園散策
伊勢志摩巡り 【国府白浜(こうしらはま)】
伊勢・蔵造りの街・河崎
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村