HOME   »   神社  »  8月15日 終戦記念日 靖国神社参拝
RSSフィード
2012.08.15

神社


今日は、67回目の終戦記念日です。

私は、今まで靖国神社は昇殿参拝3回を含めて、6回位参拝に行っていますが、
8月15日に参拝したのは、1回だけです。

今年・昨年と参拝出来なかったので、一昨年になりますが、無事に参拝出来ました。
その時に撮影した写真です。


DSC00809.jpg

参拝に向かう人々。

若い方達が目立ち、低年齢化が進んでいることは確実です。

小泉元総理参拝以来、8月15日の靖国神社の光景は、劇的に変わりました。


DSC00811.jpg

                     正面は大村益次郎銅像。

近代日本陸軍の創設者で靖国神社の創建に尽力した大村益次郎の銅像です。

明治26年(1893)、日本最初の西洋式銅像として建てられました。


DSC00812.jpg


境内で、パフォーマンスをしている人たちもいました。  


DSC00813.jpg
                          
                             神門

神門は昭和9年(1934)に建てられたもので、

中央の二つの扉には、直径1.5メートルの菊花の紋章が取り付けられています。


DSC00815.jpg


参拝の列に並んだのが、4時頃で、参拝が終わるのに、25分位かかりました。

お昼前後では、もっと沢山の人たちが並び、もっと時間が掛かったと思います。

でも、この時も、大勢の人達が、暑い中、6~7列に黙々と並んでいました。

お年寄りから、若い人までいました。

でも、参拝出来て、本当に良かったです♪

一昨年・昨年は、民主党の全閣僚が靖国参拝しませんでしたが、

今年は、羽田雄一郎国交相と松原仁拉致問題担当相が参拝しました。

が、野田総理は参拝しませんでした。

近隣諸国に配慮して、国を護って亡くなった、英霊の方々が奉られている、

この靖国神社を一国の総理が参拝しなくて、良いのでしょうか?


DSC00820.jpg

暑かった日中も暮れ、日本武道館を三日月が照らしていました。

手持ち、コンデジでの撮影で、ブレブレですが、雰囲気を感じてください・・・。



●8月15日の参拝者数、2000年以降。

 2000年8月15日: 55,000人
 2001年8月15日:125,000人
 2002年8月15日: 85,000人
 2003年8月15日: 50,000人
 2004年8月15日: 60,000人
 2005年8月15日:205,000人
 2006年8月15日:258,000人・・・・・小泉元総理参拝
 2007年8月15日:165,000人
 2008年8月15日:152,000人
 2009年8月15日:156,000人
 2010年8月15日:166,000人



最後までお付き合い下さいまして、
有り難うございましたm(_ _)m


関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
NEXT Entry
明野ひまわり畑 NO2
NEW Topics
伊勢志摩巡り 【夫婦岩】
早春の公園散策
伊勢志摩巡り 【国府白浜(こうしらはま)】
伊勢・蔵造りの街・河崎
新宿御苑に春を訪ねて NO2
新宿御苑に春を訪ねて NO1
おはらい町・おかげ横丁を訪れて!!
築地 
伊勢神宮・内宮(ないくう) No2
伊勢神宮・内宮(ないくう) No1
Comment
988
光央121011さん
こんばんは!
>あなたの歴史観には頭が下がります。
>正しい教育をすべきですよね。
>卑屈にならないで

うわぁ~、恥ずかしいです。でも、そう言って頂いて、本当に嬉しいです(^-^)
私の友達、知り合いには、自虐史観の人が多くて、私は過激だと言われるときもありますから・・・。
本当に学校教育で、日本の正しい歴史を教えるべきだと思います。
で、安倍自民党総裁が、総理の時に、「教育基本法」の改正をしました。
でも、民主党政権になってしまったから、勿体なかったですね。
日本の子供達が、自国を誇れるように、なって欲しいと思います。

光央さん、こちらにも嬉しいコメント、有り難うございましたv-280

980
あなたの歴史観には頭が下がります。
正しい教育をすべきですよね。
卑屈にならないで

485
makiraさん
こんにちは!

>物事の「正」と「誤」はその時代時代のおかれた環境によって左右されると言うことです。
>ですから、戦争を行った時代の戦争はまさに「正」であり、あの戦争は「聖戦」だったと思います。
>だからこそ、国家のために多くの人たちが身を捧げたのです。

そうですよね。
やむにやまれぬ大和魂!

>今の私たちがそれを裁くとしたら、当時の時代背景を深く検証する必要があると思います。

今の考えで、あの時の事を批判は出来ないですよねっ。
戦後、日本国民は、正しい歴史を教えられてきませんでした。
自虐史観がまかり通ってきました。
私も歴史を良く知らなかったのですが、
あの6.7年前の「中国の反日デモ」を見て、
おかしい?と思って、歴史を勉強しだしました。
NHKなどの報道する「戦前の日本兵は悪だった」が如何に間違っているか?知るようになりました。

>戦勝国主催の裁判であったことと、少なからず欧米人の東洋人に対する人種差別が根底にあったような気がしてなりません。

あの東京裁判は、戦勝国による敗戦国に対しての、報復ですよね?
全て事後法で裁いていますよね?
原爆投下も人種差別が根底にあったと思います。
アメリカはヨーロッパには、絶対落としませんから・・・。

>欧米の植民地政策による侵略と第2次大戦はどこがどう違うのでしょうか?

日本は大東亜戦争と言っていますが、
朝鮮・台湾に対しては、欧米の植民地政策ではなく、
統治ですよね。
西洋の侵略・剥奪とは違って、
インフラ整備、学校をつくって原地の人たちの教育、
生活の向上を目指しました。
略奪するどころか、日本のお金をつぎ込みました。
で、日本の東北地方の発展が遅れたとも言われています。

>これからの日本は自国の立場、考えをきちんと表に出し、
>「内政干渉!」と切り捨てる力ももつべきですね!

まさにその通りですよねっ!
何時までも、他国のいいなりになり、謝罪ばかりしていないで、
毅然とした態度で臨むべきだと思います。
それから、他国の間違った歴史にはNOと言うべきだと思います。
本当の自立した国家になるべきですね・・・。

makiraさん、今回は深いお話が出来て、とても充実感を覚えました。
いつも有り難うございますv-280

484
こんばんは、梅サクラさん!
議論百出ですね♪
物事の「正」と「誤」はその時代時代のおかれた環境によって左右されると言うことです。
ですから、戦争を行った時代の戦争はまさに「正」であり、あの戦争は「聖戦」だったと思います。
だからこそ、国家のために多くの人たちが身を捧げたのです。
今の私たちがそれを裁くとしたら、当時の時代背景を深く検証する必要があると思います。
それと、私の心に消えずに残っていることは
戦勝国主催の裁判であったことと、少なからず欧米人の東洋人に対する人種差別が根底にあったような気がしてなりません。
欧米の植民地政策による侵略と第2次大戦はどこがどう違うのでしょうか?
こんなことを考えると、終戦記念日はいつも眠れません 笑)
これからの日本は自国の立場、考えをきちんと表に出し、「内政干渉!」と切り捨てる力ももつべきですね!

483
クメゼミ塾長さん
こんばんは!

>8月15日だけでこれだけの参拝客が…凄い人数ですね。
>英霊を供養するm(_ _)m

知人が今年、参拝しましたが、例年よりも多かったそうです。
氏の撮った写真をみると、凄い人・人でした。

で、松原仁国家公安委員長が参拝したことに対するヤフーのアンケートでは、
自粛すべきだった・・・13%。
自粛しなくて良い・・・86%
分らない・・・3%     だったそうです。
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/quiz/quizresults.php?poll_id=8081&wv=1&typeFlag=1

>戦犯まで合祀しているから、色々物議を醸すのですね。

これは二通りの考え方があるようですね。
難しいですね?
「A級戦犯について」とブログで説明している人がいるので、参考までに
http://banmakoto.air-nifty.com/blues/2005/10/a_1240.html

>でも私が近くなら、やはり参拝しますね。
>純粋に国の為に散って逝った人たちの為に
>合掌いたしますm(_ _)m

有り難うございます。
やはり、私と同じ考えですね。良かったです!!

クミゼミ塾長さん、いつも有り難うございますv-280

482
8月15日だけでこれだけの参拝客が…凄い人数ですね。
英霊を供養するm(_ _)m
戦犯まで合祀しているから、色々物議を醸すのですね。
でも私が近くなら、やはり参拝しますね。
純粋に国の為に散って逝った人たちの為に
合掌いたしますm(_ _)m

481
安底羅さん
こんばんは!
初めましてですよね?

>靖国神社に祭られているのは戦死した軍人だけで、民間人は祭ら>れていないのです。大勢の方が亡くなられて、片や手を合わせてくれて片や見向きもされないのは腑に落ちません。

靖国神社は、西南戦争で亡くなった軍人さんから奉られています。
なぜ軍人さんがまつられているのか?
それは、命をかけて国民を、国を護ろうとしたからです。
民間人も亡くなったけど、それは分けるべきだと思います。
日本は負けたけど、そういう軍人さん達がいなかったら、
日本民族は撲滅させられていたかもしれませんね。
あのアメリカのインデアン撲滅の歴史を見ても分るのではないでしょうか?
日本はやりたくてやった戦争ではありません。
誰でも,戦争はやりたくないと思います。
で、どうしたら、戦争をしないですむか?
それは考えるべきですよね?

2/3【討論!】現代戦争論Part2 大東亜戦争は終わっていない(参考までに)
http://www.youtube.com/watch?v=P5jhKSSgHKw&feature=BFa&list=UU_39VhpzPZyOVrXUeWv04Zg


安底羅さん、訪問・コメント有り難うございますv-280

480
今晩は。
photoletterrainさんのところからきました。
靖国神社に祭られているのは戦死した軍人だけで、民間人は祭られていないのです。大勢の方が亡くなられて、片や手を合わせてくれて片や見向きもされないのは腑に落ちません。
戦争をやらないためには、戦争は何か各々考える必要があると思います。

479
土佐けんさん
こんばんは!

>靖国神社には行った事が無かったんです。
>今となっては東京を訪れたら詣でてみたい場所です。

若い頃、東京に住まわれていたんですか。
学生の頃でしたか?どの辺だったのでしょうか?
その頃は、まだまだ今と違って、
若い方が靖国神社を訪れる事はなかったでしょうね。
今度上京の折には、是非詣でて下さいね。
気持ちが引き締まりますよっ。

明日から、故郷に帰省されるのですね。
いいですねっ!!
気をつけてお帰り下さいね。
でも、ゆっくりと英気を養ってきてください。
記事の方、了解です!

土佐けんさん、いつも有り難うございますv-280

478
モカさん
こんばんは!

>戦争を知らない世代へと移り変わる中で、
>せめて、この終戦記念日の日だけでも過去を思い出し、
>戦争の恐ろしさというものを考えることのできる一日としたいですね

学生の中には、日本がアメリカと戦争をしたことさえ知らない人もいるそうです。
そして、戦争を体験された方たちがどんどんいなくなってしまって、
本当の真実が、歪んでしまいます。
今の平和な日本では、戦争は身近ではないので、つい忘れがちになりますが、
こういう日には、しっかり今の危険度を自覚したいですねっ。

モカさん、いつも有り難うございますv-280

477
俊樹さん
こんばんは!
初めまして・・・ですよね?

>戦争を通じて平和の尊さを訴え続けて行かなくてはいけませんね

そうですね。
デモ、今は、平和になれきって、
平和ボケしている日本人が多いですよねっ。
ここが日本の一番の問題だとおもいますが・・・。

俊樹さん、訪問、コメントを有り難うございますv-280

476
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

475
こんばんは
若い頃僕は東京に住んでいたことがあるんですが
靖国神社には行った事が無かったんです。
今となっては東京を訪れたら詣でてみたい場所です。
8月15日、戦争のことを考える日でありたいものです。

明日から高知に帰省します。
なお、記事の方は予約アップであげますので
宜しくです^^

474
終戦記念日。。
色々なことを考えさせられる日ですよね。

決して風化させては行けない記憶。
戦争を知らない世代へと移り変わる中で、

せめて、この終戦記念日の日だけでも過去を思い出し、
戦争の恐ろしさというものを考えることのできる一日としたいですね

473
戦争を通じて平和の尊さを訴え続けて行かなくてはいけませんね。

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター
にほんブログ村