FC2ブログ
HOME   »  伊勢志摩
RSSフィード
--.--.--

スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2018.02.12

伊勢志摩


伊勢志摩めぐりの旅も4日目。最後の日になりました。
旅館を辞した後、”鳥羽駅”から、近鉄志摩線に乗り、”緒方駅”で下車。
ロッカーに荷物を預けて、駅前に停まっていた、タクシーの運転手さんと交渉。
1万円で、タクシーをチャッターしました。
運転手さんは、色々とよくご存知で、道すがら、観光案内をしてくださって、とても楽しかったです♪♪

安乗崎灯台1変更済

(1)「安乗岬灯台」1
映画【喜びも悲しみも幾年月】のロケ地「安乗崎灯台(あのりさきとうだい)は
全然知らなかったけど、
タクシーの運転手さんに、案内していただいて、初めて知りました。








 安乗埼灯台2変更済

(2)「安乗埼灯台」2
白い灯台がスクッと建っていました。










安乗埼灯台3変更済

(3)「安乗岬灯台」3

安乗崎は志摩半島の的矢湾入り口にある岬で、周辺には暗礁が多く、
古くから海の難所として知られていたところだそうです。







◎灯台の階段の歩幅が広くて、登るのは大変でしたが、登ってみました。
 安乗埼灯台4変更済 
(4)灯台から、下を見るのは怖いながら、その時に撮ったものです。1










安乗埼灯台5変更済 
(5)灯台から、下を見るのは怖いながら、その時に撮ったものです。2










安乗埼灯台6変更済 
(6)灯台から、下を見るのは怖いながら、その時に撮ったものです。3











安乗埼灯台7変更済 
(7)キラキラ輝く海がとても綺麗で、逆光で撮ってみました。1
灯台を降りてから・・・。









安乗埼灯台8変更済 
(8)キラキラ輝く海がとても綺麗で、逆光で撮ってみました。2
水平線が真っ直ぐになるように、気をつけて撮りました。









安乗埼灯台9変更済 
(9)紺色の海に、白い灯台と白い船。素敵ですね!!










 安乗埼灯台10変更済

(10)「今日の後ろ姿」
突然、2人の男性が、犬を連れて現れました。










 安乗埼灯台11変更済 
(11)「看板」





【喜びも悲しみも幾歳月』は、1957年に松竹が制作・公開した、木下惠介監督の映画作品で、
”高峰秀子””佐田啓二”が出演した映画です。

ストーリーは、海の安全を守るため、日本各地の辺地に点在する灯台を転々としながら
厳しい駐在生活を送る灯台守夫婦の、戦前から戦後に至る25年間を描いた長編ドラマです。
観音崎、御前崎、など全国ロケし、安乗崎もロケされていました。





映画の公開と共に、若山彰さんの主題歌も大ヒット。
追、現在は灯台の運転も自動で、灯台守はいないそうです。



前回アップした、「竜宮城」は数名の方々が、乗ったことがあるとの事でした。
私は、「海女の実演の最終回」が迫っていたので、乗れませんでした。

10日、羽田に夜の飛行機を撮りに行きましたが、
風が強く、とても寒くて・寒くて、大変な3時間の撮影でした。
今日(12日)は疲れが出て、ダウンです。
16日に講評会があるので、3枚持参せねばなりません。
削除の山を築き、困惑気味です。
飛行機のブログは、次回になります。
休み中、沢山の方々にお越し頂き、またコメントも頂き、
有難うございました(^-^)
順次ご訪問させて頂きますね。



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
スポンサーサイト
2018.02.04

伊勢志摩




立春になりました。
昨日は”節分”でしたが、豆まきはされましたか?
昨年、節分を忘れてしまって、豆まきをしなかったら、
怪我ばかりしていて、辛い思いをしたので、
今年は、しっかりと豆まきをしました。


伊勢湾観光船1 (2) 
(1) 「竜宮城」
浦島太郎と乙姫様がしっかりいますね。










伊勢湾観光船2 (2) 
(2)「みつしま」












伊勢湾観光船3変更済 
(3)「ISEWAN FERRY」





伊勢志摩めぐりの写真です。
観光船が次から次へと通るので、すっかり嬉しくなって思わずシャッターを切りました。

◎ブログお休みのお知らせ
2日は以前講習を受けてお世話になった、ニコン講師の方の写真展が東京原宿で開催されたので,訪れました。
その後、夜の7時より新宿”ニコンプラザ”で「ニコン講座」を受講してきました。
10日はその受講講座の撮影実習「Night Flight 夜の飛行機撮影」があります。
新しいカメラ、ニコンD7500も購入したので、練習して、
10日の予習もせねばなりません。
夜の飛行機の流し撮りが出来るか?否か?
10日は昨年の「夜の飛行機撮影」のリベンジです。
で、すみません。11日頃まで、ブログをお休みします。
落ち着いたら、またブログを再開し、皆様のブログを訪問させて頂きます。

今日もご訪問頂き、有難うございました(^-^)



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2018.01.27

伊勢志摩



3日目は、「鳥羽グランドホテル」に泊まりました。
前回の「真珠島」から、鳥羽の駅まで歩いて、
このホテルの送迎のバスに乗って、ホテルに着きました。
一泊しての、朝の光景です。
ホテルが高台にあるので、眺めは最高でした。



◎以下、ホテルからの朝の眺めです。

鳥羽2変更済 
(1) 「鳥羽湾の真珠養殖いかだ」
沢山のいかだがありました。











鳥羽1 (2)変更済

(2) 「ホテルの向かい側の光景」












鳥羽3変更済 
(3)「鳥羽グランドホテル」・・・ホテルのHPよりお借りしました。
海の幸のお料理も美味しく、部屋も綺麗で、なかなか素敵なホテルでした。













 鳥羽3変更済

(4)「鳥羽湾の朝」
以前に掲載し写真よりも、太陽が上に登っています。
ココから、朝日が登ることが事前に分かっていたら、
朝日が撮れたと思うと、とても残念です。










◎以下、鳥羽湾を逆光で撮影

鳥羽4変更済 
(5)もう、人々が働いていますね。
海がキラキラ光ってとても綺麗でした。












鳥羽5変更済 
(6)「あ、「ボート」がやってきました。」












鳥羽6変更済

(7)まえのかつみ先生に見ていただいたときに、
「下に人が入ることによって、ドラマが出来、
生活感が出てきて、良かった」・・と講評していただきました。




先日は、関東各地に大雪が降り、まだ日陰は雪が残っています。
毎日寒い日が続きますね。
きっと雪の写真を撮られた方も、いたのでは?と思いますが、
私は寒さに負けました(^^;
そんな訳で、伊勢志摩めぐりの続きです。
今回もご訪問頂き、有難うございました(^-^)



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2018.01.17

伊勢志摩



海女さんたちの実演を見た後に、真珠島の敷地内にある、「真珠博物館」を訪れました。
「真珠博物館」は天然真珠の時代の様々なアンティークジュエリーをはじめ、
養殖真珠の時代を切り開いた先駆者たちの紹介など、
美術品の展示だけではなく、
自然科学・人文科学・産業の各分野から、
人と真珠の関わりを実物・標本・映像などを駆使して視覚に訴える方法で展示しています。(HPより)


真珠博物館1変更済

(1)真珠博物館の入り口に、「海女さんの銅像」がありました。








◎第一展示室

真珠博物館2変更済

(2)


真珠博物館3変更済 
(3)


真珠博物館4変更済 
(4)「天然真珠と半円真珠」


真珠博物館5変更済 
(5)真珠の照りが綺麗ですね!!



真珠博物館6変更済 
(6)「真珠のネックレス」に心惹かれますよね。
女性なら、真珠のネックレスは1本は持っているのではないでしょうか?









◎第一展示室  養殖真珠発明以前の天然真珠を用いたアンティークジュエリーが展示されています。
およそ2000年前につくられた帝政ローマ時代の装身具にはじまり、
宝飾文化がもっとも華やかだった19世紀ヨーロッパの作品など、
真珠の島ならではの貴重なコレクションを展示(HPより)

真珠博物館7変更済 
(7)


真珠博物館8変更済 
(8)


真珠博物館9変更済 
(9)


真珠博物館10変更済 
(10)
それぞれがとても素敵で、目の保養になりました。











◎「英国の宝物コレクション」・・・・英国宝物はこの世にひとつしかなく、
イギリスはロンドン塔の博物館に収蔵されているので、
博物館にあるのはそのレプリカですが、
そうはいっても宝物はなかなか見ごたえがありました。

真珠博物館11変更済 
(11)「聖エドワードのクラウン」



真珠博物館12変更済 

                                                    (12)「ジョージ5世妃メアリーのクラウン」


◎日本の王冠

真珠博物館12変更済 
(13)日本さくらの女王ミキモトパールクラウン」
(14金、アコヤ真珠、シロチョウ真珠778個)


 
真珠博物館13変更済 
(14)「ミス・インターナショナルのミキモトパールクラウン」
(14金、アコヤ真珠、シロチョウ真珠真珠778個)




真珠博物館14変更済 
(15)「ミキモトパールクラウンⅡ」




真珠博物館15変更済 
(16)「ミス・インターナショナル日本代表のミキモトパールクラウン」
(14金・アコヤ真珠、シロチョウ真珠367個)



真珠博物館16変更済

(17)「ミキモトパールクラウン」1972年製



王冠の見事さ、真珠の美しさにため息でした。
御木本幸吉氏が「真珠で世界の女性を美しく飾ること」の願いは叶っていますよね!!
そして真珠の魅力とともに伊勢志摩の美しい景観を広く紹介しました。
日本中を公園にしたい、というその願いは戦後「伊勢志摩国立公園」として実現されています。(HPより)

お待たせしました。やっとブログが更新出来ました。
今回もご訪問いただき、有難うございました(^-^)



にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
2018.01.08

伊勢志摩


新年を迎えたと思ったら、はや7日、皆様はお正月はいかがお過ごしだったでしょうか?
1昨年に「伊勢神宮」3泊4日で、伊勢志摩巡りをしてきましたが、
その時の写真のアップがまだ終了していません。
昨年の秋は、撮影に訪れていないので、在庫がありません。
そこで伊勢志摩めぐりを続けたいと思いますが、
ご理解いただければと思います。


真珠島1(1)変更済

(1)「御木本幸吉銅像」

ミキモト真珠島 (みきもとしんじゅしま) は、三重県鳥羽市の鳥羽湾内に浮かぶ小島。
全島が株式会社御木本真珠島 (みきもとしんじゅしま) が経営するレジャー施設となっています。
年間観光客数は25 - 26万人で、約1割が日本国外からの来客とのこと。







◎海女さん達の実演・・・時間が間に合いました。幸運でした。
 真珠島1(2)変更済

(2)「あ、海女さんたちが~~~!!」

鳥羽のうどん屋「阿波幸」の長男として誕生した幸吉は、
さまざまな商売を経験するなかで志摩の名産だった真珠の魅力に着目しました。
当初は真珠貝の増殖、やがて真珠そのものの養殖へと試行錯誤や失敗を繰り返しながら彼は夢の実現に邁進します。
それは自分の作った真珠で世界中の女性を美しく飾ることでした。(HPより)








 真珠島1(3)変更済

(3)実演してくださるのは、3人の海女さんたちです。
ワクワクしますね!!










 真珠島1(4)変更済

(4)さあ~準備です。










 真珠島1(5)変更済

(5)海に飛び込みました。









◎海女さん達の実演
 真珠島1(6)変更済

(6)「足が綺麗ですね・・・。」











 真珠島1(7)変更済

(7)「ほら、アコヤ貝ですよ~ん!!」

かつて、海女は真珠の養殖にとってなくてはならない存在でした。
海底に潜ってアコヤ貝を採取し、核入れした貝を再び海底へ。











 真珠島1(8)変更済

(8)「アコヤ貝を持ってニッコリ♪」1

また、赤潮の襲来や台風の時には、貝をいち早く安全な場所に移すなど、
海女の活躍がなければ養殖真珠の成功はありえなかったことでしょう。











 真珠島1(9)変更済

(9)「アコヤ貝を持ってニッコリ♪」2
私の隣にいた、沢山の外国人の観光客は、拍手喝采、とても賑やかで、
とても喜んでいました!!

今は養殖技術が発達し、海女の必要性はなくなりましたが、
真珠養殖を支えた海女の活躍を記念するために、真珠島では海女の実演を行っています。






 真珠島1(10)変更済

(10)「では、帰ります」

昔ながらの白い磯着の海女がみられるのはここ真珠島だけになりました。(以上HPより)











 真珠島1(11)変更済

(11)「帰ります」











 真珠島1(12)変更済

(12)「皆さん、楽しんでいただけましたか?」













真珠島1(13-1)変更済真珠島1(13-2)変更済
 
「お見送り」
(13-1)                                                                           (13-2)





一人前の海女になるには、約7年位かかり、とても大変なので、
近年は、高校を卒業すると、一般の会社に勤める女性が、多く、
海女になり手がいないと、観光案内のタクシーの運転手さんが話してくれました。

今日もご訪問いただき、有難うございました(^-^)

追 今日はやっと、都内まで初参りに出かけますので、
皆様のブログは、申し訳ありませんが,
9日以降になりますのでよろしくお願いいたします。




にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。