HOME   »   浜松市  »  歴史シリーズ No1 (浜松城)
RSSフィード
2013.10.07

浜松市


歴史シリーズを何回にわたって、アップしたいと思います。

時代は、別々ですが、撮り貯めていたものの中から選んでいます。

まず、最初は、静岡県、浜松市にある「浜松城」です。

徳川家康が築いた浜松城は、天下統一への足がかりとなった「出世城」です。

そして、若き日の家康の野望とロマンが薫る浜松城です。(HPより)


浜松城1変更済

(1)   徳川家康は29歳~45歳までの17年間を浜松城で過ごしました。
   有名な姉川、長篠、小牧・長久手の戦いもこの期間中の出来事で、
   特に元亀3年(1572)の三方ヶ原の合戦は、関ヶ原の合戦以上の激闘であったと伝えられています。
    家康にとって、浜松在城17年間は、徳川300年の歴史を築くための試練の時代だった。(HPより)

浜松城2変更済

(2)                    「天守閣への階段」



浜松城3変更済

(3)                                   「浜松城の石垣1」

     自然石を上下に組み合わせて積む堅固な野面積みは、400年の風雪に耐え、今なお当時の面影を残しています。

浜松城4変更済

(4)                                   「浜松城の石垣2」

     浜松城と言わず、日本の城の石垣は、驚嘆しますね。
     今みたいに、機械があったわけではないのに・・・。

浜松城5変更済

(5)            「往時の石垣の上に、再建された新天守閣」
     
     3階の展望台からは浜松市街を一望出来ます。
     北に三方ヶ原古戦場、南に遠州灘、西に浜名湖、晴れた日には、東に富士山もくっきり見るとの事です。

浜松城7変更済

  (6)                              「家康お手植えの、密柑の木」

      家康が駿府城に隠居したおり、紀州から献上されたみかんの木から接木したものが植えられています。
      (注)現在は、工事中のため、撤去されています。

浜松城8変更済

(7)                                        「庭園」
      (注) 現在は、 工事中のために撤去されています。



浜松城6変更済

(8)    「お稲荷さん」ですが、今、浜松城管理事務所に、問い合わせたところ、
       この浜松城とは、関係なく、個人所有のものだとの事ですが、
     隣接地に建ててあり、あまりにも、朱色が綺麗だったので、写真を撮ってきたので、載せました。

歴史が好きなので、撮ってきた写真から、更に詳しく、歴史が学べます。

実は、なかなか撮影に行くことが出来ないので、困った時は、蔵出しです(^^;    (20xx年8月5日撮影)

ご訪問有り難うございました。
関連記事
スポンサーサイト

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ ←応援クリックありがとうございます♪
拍手コメもありがとうございます。
コメントを嬉しく読ませて頂いております。
NEXT Entry
歴史シリーズ No2 (新選組副長・土方歳三)
NEW Topics
入間航空祭 (ブルーインパルス)
昭和記念公園散策
羽田空港で、飛行機撮影
「稲門会作品展・私の出展作品」
第3回「稲門会作品展」とお詫び
公園にて・・・・
「ダリア園」NO2
「金魚の昼寝」
「虹と夕焼け」
「戦艦大和 終焉の地」
Comment
5816
☆のりっぺ☆さん
こんばんは!
>梅サクラさんの一生懸命作った記事を
>姿勢を正して拝見し、歴史に触れてみました
**そう言って頂き、とても光栄です。
人それぞれ、好き嫌いがありますからね・・・。
反対に、私は、日本の歴史が大好きでした。
しかし、世界史は好きではなかったです。名前が覚えられないので・・・。

>石垣の技術、ほんとにすばらしいですね。
>城を見るたびに思います。
**石垣の技術は、観るたびに、素晴らしさを思いますよね。
なんだか謎ですね?
のりっぺさん、いつも有り難うございます e-496

5811
こんにちは!
歴史シリーズですね。
梅サクラさんの一生懸命作った記事を
姿勢を正して拝見し、歴史に触れてみました。(ちなみに学業の歴史は苦手でした…)
それにしても石垣の技術、ほんとにすばらしいですね。
城を見るたびに思います。

5768
加夢さん
こんにちは!
>この地震の多い日本でも 数百年にわたって壊れない石垣って
>ほんとに素晴らしいんですよね
>戦争だったり火災だったり 建物は残ってませんが
>石垣だけはそれでも残ってますしね
**この天守閣も復元したものの様ですが、
石垣は、400年間経っても、壊れないとは、驚きですよね。
凄い物だと思います。先人の知恵と労力には、頭が下がりますね。

加夢さん、いつも有り難うございますe-496

5767
らすかるさん
こんにちは!
>この城をはじめ、愛知から静岡、神奈川へと続く
>東海道沿いの城をゆっくりまわってみたいです
**それは良い案ですね。きっと新たな発見があるのでは?
>この城にいた頃の家康は、武田・北条の強国に囲まれ、
>時に信長からの無理とも思える要請を受ける中で・・・・
**信長から、今川義元の姪の正室・築山殿と嫡男・松平信康の件がありましたね。
苦渋の決断をされたと思います。

>歴史の風を感じながら、その場に立ち、想いを感じる。
>歴史好きの私にとっては最高の時間です☆
**やはり、歴史がお好きでしたか。私も同じくです。
>梅サクラさんの素敵な写真と想いで綴られる歴史シリーズを
>これからも楽しみにしています
歴史シリーズ。それほど大げさなものではないですが・・・。
また次回もご覧頂ける嬉しいデス♪
らすかるさん、応援共々、ご覧頂き、有り難うございますe-496

5766
この地震の多い日本でも
数百年にわたって壊れない石垣って
ほんとに素晴らしいんですよね
戦争だったり火災だったり
建物は残ってませんが
石垣だけはそれでも残ってますしね

5765
Mikaさん
こんばんは!
>やはり、そこにあれば行ってみたくなります
>そこはかとなくロマンを感じるのでしょうか・・・
**お城大好きな人はむろん、そうでなくても、
そこにあると知れば、訪れたくなりますね。
本当に、お城って、ロマンを感じますよね。

>浜松城は何度か行ったことがあるので
>こうしてまた見られてとても嬉しいです。
>ここの石垣は本当に素晴らしいですよね。
>お城の記憶より石垣の記憶の方が強いぐらいです
**やはり何度も行かれていましたか。いいなぁ~!
でも、今は無理そうですが、私の写真で、懐かしさを感じて頂いたとは、とても嬉しいデス!!
ほんと、この石垣の見事さ、私も圧倒されました。先人達は、凄いですよね!!
次回のシリーズ、あまり期待しないで(^^;
Mikaさん、いつも有り難うございますe-496

5764
はつみつさん
こんばんは!
>浜松城には行きました
**行ってきましたか。日帰りで行けるのは何よりです。
>徳川家康と言いますと、あまりに偉大な歴史上の人物ですが
>このお城と梅サクラさんのblogを拝見しますと、とても親近感がわきますね~☆☆
**そうですね。家康と言えば、歴史上偉大な人物のイメージですが、
でも、この浜松城時代は、相当苦労もしたみたいですね。
今川家の人質同様の時期もあったし・・・。

>武田騎馬隊も三方ヶ原の合戦では活躍したようですね。
**武田騎馬隊は、強かったことで、有名ですよね。敵なしだったと聞いています
三方ヶ原の合戦では、家康が、散々、やられて、負けて逃げ帰ったと聞きますね。
で、「家康はこの戦で人生初の恐怖と大きなトラウマをもらったのは有名だが、同時に武田信玄及び武田軍の武将達に尊敬の念を抱くようになったという説もある。武田氏滅亡後、家康が武田の残党を抱えたのも、敬意の表れだ」との事だそうです。(wikiより)

>こちらでは400年以上経つ今でも、至る所に信玄公のなごりがあります。
**山梨を訪れると、信玄公に対しての、尊敬の念を感じますよっ。
歴史・伝統は、何時の世になっても、大切にしたいですね。
はちみつさん、応援共々、いつも有り難うございますe-496

5763
こんばんは☆
浜松城ですかぁ☆
この城をはじめ、愛知から静岡、神奈川へと続く
東海道沿いの城をゆっくりまわってみたいです☆彡

この城にいた頃の家康は、武田・北条の強国に囲まれ、
時に信長からの無理とも思える要請を受ける中で、
辛抱強く過ごした雌伏の時ですね。

歴史の風を感じながら、その場に立ち、想いを感じる。
歴史好きの私にとっては最高の時間です☆

梅サクラさんの素敵な写真と想いで綴られる歴史シリーズを
これからも楽しみにしています ^ ^♪

5762
梅サクラさん、こんにちは♪

特別に城好きというわけではないですが
やはり、そこにあれば行ってみたくなります(^^)
そこはかとなくロマンを感じるのでしょうか・・・

浜松城は何度か行ったことがあるので
こうしてまた見られてとても嬉しいです。
ここの石垣は本当に素晴らしいですよね。
お城の記憶より石垣の記憶の方が強いぐらいです(笑)

次回は何処が見られるのかな、歴史シリーズ楽しみです♪

5761
こんばんは
こんばんは。
私達も最近浜松に行くチャンスがありました。
日帰りでしたからあまり多くを見る事は出来ませんでしたが、
浜松城には行きました。
徳川家康と言いますと、あまりに偉大な歴史上の人物ですが
このお城と梅サクラさんのblogを拝見しますと、とても親近感がわきますね~☆☆
武田騎馬隊も三方ヶ原の合戦では活躍したようですね。
こちらでは400年以上経つ今でも、至る所に信玄公のなごりがあります。

5760
モカさん
こんにちは!
>浜松城ですか!? 立派で素敵ですね!!
>日本のお城を見ていると、なぜかワクワクしてしまいます
>この石垣が立派なんですよね ♪
**日本のお城って、ほんとワクワクしますね。とても魅力を感じますね。
モカさんは、お城沢山撮られていますよね!!

>最後の朱い鳥居、色鮮やかで素晴らしいですね。
>思わず撮ってしまうのもうなずけます!
**有り難うございます♪やはりそう思いますよね?
共感者がいて、嬉しいデス♪やれやれ・・・。
モカさん、応援共々いつも有り難うございますe-496

5759
nana♡さん
こんにちは!
>今度は歴史シリーズですね。
>お城や歴史的建造物を見るといつも昔の人の知恵と行動力というものに 驚かされますね。
**はい、そうのように銘打っていますが、在庫処分でございます(^^;
ほんとですね、今では考えられない、知恵と行動力がありましたね。
そちら方面は歴史史跡が沢山ありますよね。

>梅サクラさんの画像はいつもとても綺麗で鮮明なのですが
>やはり三脚は必ず使って撮影されるんでしょうね。
**そう言って頂き、有り難うございます。
私は殆ど、三脚は使っていません。私もずぼらです。
三脚を使ったのは、花火ぐらいです。後、昨年撮った、紅葉のライトアップ位ですよっ。
殆ど手持ち撮影です。三脚は面倒ですよね?
nanaさん、いつも有り難うございますe-496

5758
語り部さん
こんにちは!
>浜松城には行ったことがないのですが
>「出世城」で有名なので 男としては一度は行って 験を担ぎたいものです
**「出世城」とは面白いですね。家康の後の城主達が、次々と出世したとは・・・。
でも、語り部さんなら、こちらを訪れなくても、大丈夫だと思いますが・。

>D40の写真を堪能させていただきました
>次はどこの歴史なのでしょう? 楽しみです
**良くカメラの機種が分りましたよね?
確か、語り部さんも同じカメラをお持ちでしたね?
でも、今は、ないです。ネットオクションで、売って、D5100の資金にしました。
語り部さん、次回あまり期待しないでください。応援共々いつも有り難うございますe-496

5757
コロさん
こんにちは!
いえいえ、お互い様です。お気になさらずに・・・。
>梅サクラさんは色々なところに行かれていますね。
>自分は腰が重くてダメです。
**今回の写真は、ブログを始める前に行った所ですよ。
今は、なかなか行けなくて、いらいらしています。

>お城にはあまり行くことはないのですが、石垣には歴史を感じます。
>特にアップの写真から、遠い遠い時間の積み重ねを感じます
**ほんと、石垣には、遙か彼方に思いを馳せますね。
私も同じく歴史を感じますね。
私のアップの写真から、そのように感じて下さって、光栄です。
コロさん、ご覧頂き有り難うございますe-496

5756
鍵コメさん
こんにちは!
有り難うございます。
こちらこそ、宜しくお願いしますe-496

5755
ekuさん
こんにちは!
>お城好きなんです~~~ 嬉しい!
>格好いいですねー
**うわぁ~、お城大好きでしたか!!
私も同じくですが・・・。
本当は、躊躇しながら、浜松城をアップしたのだけど、
喜んで頂けて、アップした甲斐がありました。ホッとしました。

>日本らしい景色ってホントに素晴らしい。
>歴史シリーズ、次回も楽しみにしてます!
**やはり、大和撫子なのですね。
私は出来れば、日本の景色をこれからも撮っていきたいと思っています。
次回、あわわ、大変です。どうしよう??

ekuさん、いつも有り難うございますe-496

5754
Sapphireさん
こんにちは!
>浜松城の雄姿、すばらしいです。赤い鳥居もステキです。
**そう言って頂き、嬉しいデス♪
日本人なら、惹きつけられる光景ですよね。

>曼珠沙華のシリーズ、拝見しましたよ。
>あんなすごい群生に私はであったことがありません。燃えるようですね。
>白い彼岸花も清純な感じでステキでした。
**こちらも見て頂いたのですね。感謝!感謝です。
この巾着田は、日本一の群生地だそうです。圧巻ですね。
赤い彼岸花が圧倒的な中に混じって、白い彼岸花はとても清純でした。

Sapphireさん、いつも有り難うございますe-496

5752
Puffさん
こんにちは!
>浜名湖ばかり見ていないで、きちんと訪れてみたいと思います。
**まぁ~、浜松と言えば浜名湖をすぐに思いつきますね。
私は時代劇が好きなので、信長・秀吉・家康が出る映画を良く見てきたので・・・。
今度、浜松へ行ったら、訪れて観て下さい。
>形の不揃いの石積みが“本物”を感じさせてくれますね。
>現代では再現できない、荒々しさと強硬さがあります。
**本当ですね。現代では、再現出来ないですね。

>(2)のお写真が特にお気に入りです。
>お城と手前の木々の被り具合が良い感じで、
>階段を一歩一歩昇る親子かな?
>二人のワクワク感が伝わって来ますね
**有り難うございます♪
丁度、たぶん親子だと思うけど、階段を上り初めたので、
思わず、シャッターを切りました。
階段を上る人がいるといないでは、絵柄が、全く違ってきますね。
Puffさん、いつも有り難うございますe-496

5751
とっしゃん@SHIMAさん
こんにちは!
>私もお城は大好きです。
>数百年前に巨大なお城を建てた人物の英知とロマンと歴史に惹かれますね。
**やはり、お好きでしたか。日本人なら、お城、大好きですよね。
正に、言われる通りですね。
お城を通して、そのお城の主に憧れに似た気持を持ちますね。
続編、あまり期待しないで下さい。困りました(^^;

とっしゃんさん、応援共々いつも有り難うございますe-496
 

5750
jskさん
こんにちは!
家康は、今川家に人質で入っていたりしたので、
独り立ちしたのが遅かったのでしょうね。
>この城の意義も大きいですね。
**徳川300年の歴史の元になったお城ですものね・・・。

>日本の石垣の技術には驚かされます。自然石を組む技術、
>外見は相当ラフに積み上げた石垣が、100年、200年経っても 崩れない・・・・
>3,4 はまさにそんな石垣ですね。いつみても感心します。
**本当に、凄い技術ですよね。この時代にこのような技術があったとは、
感心しかり、驚かされますね。謎です?
>お稲荷さんも絵になりますね。
**そうですよね。思わず写真を撮りたくなったほどですから・・・。
jskさん、いつも有り難うございます e-496

5749
トマトの夢3さん
こんにちは!
>浜松城 何度か 訪れていますので
>なつかしく 拝見させております。
>石垣が印象に残りますね。
>どのくらいの 月日がかかり 完成したのか興味があります。
**何度もここに訪れていますか?いいですねぇ~。羨ましいです。
きっと昔の建設だから、石垣を積むだけでも、相当の年月が掛ったのでしょうね。想像出来ないですね。

>私も 久々に 石垣の上の城を撮影して来ました。
**それは、それは、後ほど拝見させて頂きますね。
トマトの夢3さん、応援共々いつも有り難うございます e-496

5748
スーさん
こんにちは!
>浜松城、家康が過ごしたお城として有名ですよね。
>石垣や階段の景色だけを見ると、
>まるでタイムスリップしたかのような錯覚を感じます。
**はい、良くご存じですね。ほんと、400年前に、戻った感じになりますね。

>このロケーションならモノクロで撮っても面白そうですね。
>続編のお写真も楽しみにしてます♪
**そうでしたね、モノクロだとまた違った感じになったかも・・・。
更に歴史を感じられたかもですね。今度機会があったら、モノクロで撮ってみます。
いやいや、あまり期待しないでください。どうしよう???
スーさん、応援共々、またのご訪問・コメント有り難うございますe-496

5747
やきものがかりさん
こんにちは!
>400年の風雪に耐えた石垣、この前でいろんなドラマが繰り広げられてきたのでしょうね。
**これらの石垣は、この前で繰り広げられた色々なドラマも、
風雪に耐えながら、見守り続けたのですね。

>石垣だけ撮るって発想なかったのですが、勉強になりました。
>歴史の重さを感じさせられますね!
**うわぁ~、勉強になられとは、光栄です。
本当に、歴史の重さを感じさせてくれますね。
やきものがかりさん、またのご訪問・コメント有り難うございますe-496

5746
yoreyoremanさん
こんにちは!
>梅サクラさんもお城を撮影するんですね 私も城が好きなほうです
**はい、yoreyoremanさんのお城の写真、何度も拝見していました。
私も、お城は大好きで、旅行先で、お城に出会うと写真撮っていたけど、
フイルムで、撮ったものが多くて、アップ出来ないです。

>ここ浜松城は、行った事がないですね 
>わが町の丸亀城とは、格式が違いますね 
>でも石垣に高さと綺麗さでは 勝ってるかな 
>しかし天守閣は完全に負けです
**え?格式の違いがありますか?私には分らないけど・・・。
以前、拝見した丸亀城の石垣は高くて、綺麗でしたね。
そのお城によって、違いはあるのですね・
>本当にどうやって石垣を積んだんでしょうね ほんと凄いです
**ほんと、昔の人は驚きますよね。
yoreyoremanさん、いつも有り難うございますe-496

5745
土佐けんさん
こんにちは!
はい、土佐けんさんの大好きなお城ですよ~ん!
>最近お城に出かけていないので、こうして見せて頂けて とても嬉しいです
**こちらこそ、ご覧頂いて、とても嬉しいデス♪
>お城と言えば、石垣ですよね~~
>あの時代にこんな大きな石を、しかも崩れないように 積み上げていった技術
**不思議ですよね。映画などでも、お城を造っている・石垣を積み上げているシーンなど観ますが、手作業ですものねっ。凄いですよね。

>お城はやはり、良いですね~~~
>僕もどこかのお城に行きたくなってしまいました
**日本人は、何方も、お城は好きですよね。ロマンを感じるのかしら?
これから、よい季節です。是非お出かけ下さい。
土佐けんさん、応援共々いつも有り難うございますe-496

5744
x都人xさん
こんにちは!
>さすがに家康が作っただけあって
>小さいながらも風格がある出城ですね~
**そうですね。家康が天下人になる前なので、
あまり大きくはないけど、風格はありますよね。

>俺も出かけると城は必ず行きますね~
>そうですか~此処から富士も望めますか!
**都人さんの撮られたお城、素晴しいですね。いつも感心しています!!
この日は、曇り空だったので、残念でしたが、晴れていると見る事出来るようです。

>ネタには本当に困りますよね~俺もそろそろ~かな
**本当に困りますね。お互いに頑張りましょう!!
都人さん、いつも有り難うございますe-496

5743
piyopapa さん
こんにちは!
ブログを始める前に、撮っておいた写真が、沢山あったので、
以前も困った時は、蔵出しをしていました。

>お城を見に行くのは大好きです。
>最近は行田市の 忍城に行ってきました。
**私も、同じくお城見るのが、大好きです!!
忍城行かれましたか・・・。是非、写真を見せて下さい。
私も昨年の12月に、行田巡りをして、「忍城」行ってきました。
後、石田堤とか、古墳etc。
その前に、映画「のぼうの城」を見て・・・。

>野面積みと言う石垣は地震にも強いようですね。
>数学も十分に研究されていない 時代に、
>現代でも十分に通用する技術を確立されていた方々みは頭が下がります。
**野面積みの石垣は、地震にも強いのですか。
で、地震国の日本にあっても、何百年ももっているのですね・・・。
本当に、凄い技術ですね。
結構、江戸時代には、素晴しい人材が輩出されていたのでしょうね。
piyopapa さん、タイムスリップして下さって、有り難うございましたe-496

5742
浜松城ですか!?
立派で素敵ですね!!

日本のお城を見ていると、なぜかワクワクしてしまいます ^^
この石垣が立派なんですよね ♪

最後の朱い鳥居、色鮮やかで素晴らしいですね。
思わず撮ってしまうのもうなずけます!


応援クリック、ポチ!!

5741
おはようございます。
今度は歴史シリーズですね。
お城や歴史的建造物を見るといつも昔の人の知恵と行動力というものに
驚かされますね。

梅サクラさんの画像はいつもとても綺麗で鮮明なのですが
やはり三脚は必ず使って撮影されるんでしょうね。
私はずぼらなせいか、三脚を使うのが苦手で殆どが手持ち
綺麗な画像を見ると、やはり三脚を使わないといけないなって思うんですけどね・・・

5740
こんにちは
浜松城には行ったことがないのですが
「出世城」で有名なので
男としては一度は行って
験を担ぎたいものです(^_^)
前から写真は撮っていたのですね
D40の写真を堪能させていただきました(^_^)
次はどこの歴史なのでしょう?
楽しみです(^^♪ポチポチ

5739
ご無沙汰です!
梅サクラさん
いつも見せていただくだけでコメントせずにごめんなさい!
梅サクラさんは色々なところに行かれていますね。自分は腰が重くてダメです。
お城にはあまり行くことはないのですが、石垣には歴史を感じます。
特にアップの写真から、遠い遠い時間の積み重ねを感じます。

5738
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

5737
こんばんは♪
お城好きなんです~~~
嬉しい!
格好いいですねー

日本らしい景色ってホントに素晴らしい。
歴史シリーズ、次回も楽しみにしてます!

5736
こんばんは

浜松城の雄姿、すばらしいです。赤い鳥居もステキです。
曼珠沙華のシリーズ、拝見しましたよ。あんなすごい群生に私はであったことがありません。燃えるようですね。白い彼岸花も清純な感じでステキでした。

5734
こんばんは~☆
浜松城ですか!
はて、浜松は何度か行っているのに、このお城の存在は知りませんでした。e-330
浜名湖ばかり見ていないで、きちんと訪れてみたいと思います。

形の不揃いの石積みが“本物”を感じさせてくれますね。
現代では再現できない、荒々しさと強硬さがあります。

どのお写真も素晴らしいですが、
(2)のお写真が特にお気に入りです。
お城と手前の木々の被り具合が良い感じで、
階段を一歩一歩昇る親子かな?
二人のワクワク感が伝わって来ますね!

5733
 こんばんは。

 今回は「歴史」シリーズですか!
 私もお城は大好きです。
 数百年前に巨大なお城を建てた人物の英知とロマンと歴史に惹かれますね。
 続編、楽しみにしています! 

 ポチ!!

5732
こんばんわ
家康、45歳までここにいたんですか・・
この城の意義も大きいですね。
また日本の石垣の技術には驚かされます。自然石を組む技術、
外見は相当ラフに積み上げた石垣が、100年、200年経っても
崩れない・・・・いつも不思議でなりません。
3,4 はまさにそんな石垣ですね。いつみても感心します。
お稲荷さんも絵になりますね。


5731
こんばんは。

浜松城 何度か 訪れていますので
なつかしく 拝見させております。
石垣が印象に残りますね。
どのくらいの 月日がかかり
完成したのか興味があります。

私も 久々に
石垣の上の城を撮影して来ました。

pp

5730
こんばんは。
浜松城、家康が過ごしたお城として有名ですよね。
石垣や階段の景色だけを見ると、まるでタイムスリップしたかのような錯覚を感じます。
このロケーションならモノクロで撮っても面白そうですね。
続編のお写真も楽しみにしてます♪
P☆

5729
400年の風雪に耐えた石垣、この前でいろんなドラマが繰り広げられてきたのでしょうね。
石垣だけ撮るって発想なかったのですが、勉強になりました。歴史の重さを感じさせられますね!

5728
こんばんは お邪魔します
梅サクラさんもお城を撮影するんですね 私も城が好きなほうです
ここ浜松城は、行った事がないですね 
わが町の丸亀城とは、格式が違いますね でも石垣に高さと綺麗さでは
勝ってるかな しかし天守閣は完全に負けです
本当にどうやって石垣を積んだんでしょうね ほんと凄いです

5727
こんばんは
僕の大好きなお城じゃないですか~~
最近お城に出かけていないので、こうして見せて頂けて
とても嬉しいです^^
お城と言えば、石垣ですよね~~
あの時代にこんな大きな石を、しかも崩れないように
積み上げていった技術!
素晴らしいですよね^^
お城はやはり、良いですね~~~
僕もどこかのお城に行きたくなってしまいました^^

ポチッ全部!

5726
出世城
今晩は

さすがに家康が作っただけあって
小さいながらも風格がある出城ですね~

俺も出かけると城は必ず行きますね~^^
そうですか~此処から富士も望めますか!(メモ)

ネタには本当に困りますよね~俺もそろそろ~かな?

5725
こんにちは♪

引き出しの多い方は、撮影に行かれなくてもたくさんの財産をお持ちなんですね。
流石です。。。

私は歴史は良く分かりませんが、お城を見に行くのは大好きです。最近は行田市の
忍城に行ってきました。ブログにアップ出来るような写真は無いです。。。トホホ

野面積みと言う石垣は地震にも強いようですね。数学も十分に研究されていない
時代に、現代でも十分に通用する技術を確立されていた方々みは頭が下がります。
高い技術を実践できる技術者は大好きです。徳川家康が薄くなってしまいました。

計算機のない時代まで戻れた様な気になって来ました。
次のアップも楽しみにしていますね

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

梅サクラ

Author:梅サクラ
写真で、日本の季節を捉えて、表現。
人物写真も好きです。
報道写真は、以前ある新聞社のクラブに入って勉強。
映画も良く観ます。映画は心の糧。
宜しくお願い致します。

リンクフリーです。
でも、相互リンクをしたいので、一言お声がけくださいね。

「ブログ内の写真・文章の無断転載は、固くお断り致します」

FC2ブログランキング

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
カウンター